2016年7月24日 (日)

城福監督解任

1-0でしか勝てない、2点取ると必ず3点以上取られる、選手交代で流れを変えられない、出ればちゃんと仕事している秀人をなかなか先発で使わない不思議など、今のチーム状況を見ると解任は仕方がないと思う。

しかし、このような状況を招いた真の原因は社長だと思うね。最新の青赤通信に載ってた社長のコラム読んで、「なに他人事みたいに書いてんだ! リスクを冒したのはあんただろ!!」と思った人はたくさんいるんじゃないかな?



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年7月18日 (月)

どうしたものか (J1後期第4節 対柏戦)

20160718

久々の現地観戦。

内容は悪くなかった。ムリキの配球から裏を取る狙いが徹底されていて、決定機の数も三、四回はあっただろう。ムリキは、周りの選手に要求したり指示を出したりして積極的にコミュニケーションを図って攻撃の中心として機能しており、いよいよ本領発揮だろう。

橋本の右サイドハーフ起用も正解。彼の能力が一番活きるのはこのポジションだと思う。センターハーフのふたり、ヨネと秀人の役割は、秀人が前に出てボールを奪いに行きヨネは後ろで構える分担で、これもうまく行っていた。秀人はボールに激しく行くという新しいスタイルを確立していて、これがなかなかいい。今後も先発で使うべきだろう。他の守備陣のミスらしいミスも、失点のあの場面一つだけ。

でも勝てなかった。失点1よりも得点ゼロが大きな問題だ。あれだけ決定機を作ったのに...。



» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«東君と岩下と主審は反省しなさい (J1前期第14節 対ガンバ戦)