2022年8月 7日 (日)

試合内容が... (J1第24節 対清水戦)

20220807

0-2で負けたけど「清水が強かった」という印象はないんだよなあ。東京の試合内容が、今季現地観戦した中では一番良くなかった印象でした。なので、試合後ゴール裏からはブーイングの大きな声が聞こえたけど、それは仕方ないなとの感想でした。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年7月18日 (月)

ラッキーな勝利 (J1第22節 対磐田戦)

20220718_01
今シーズン、磐田との3戦いずれも勝ててなかったので、このホーム試合で勝てたのは嬉しかった。最初の2得点は幸運だった印象。1点目はセットプレーだったし、2点目は相手GKのパスミス。つまり相手を崩しきって取った得点ではないので「幸運」ということ。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年7月 6日 (水)

久々の勝利 (J1第20節 対札幌戦)

20220706_01

先週土曜日の福岡戦の時より気温が低いのは明らかだったけど、今回は飲水タイムが設けられてた。気温以外にもいくつもパラメーターがあってそれの分析で飲水タイムの有無が決まるのだが、なんで前節ではなかったんだろうな...。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年7月 3日 (日)

課題継続 (J1第19節 対福岡戦)

20220703_01

東京の試合内容は決して良くなかったけど、審判の方がさらに良くなかった印象。スタンドから直視だと選手接触時のファウル判定が少なく見えたのと、VAR時に自ら映像確認を全然しなかったこと。無駄時間を大量に積み上げた感じ。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年5月29日 (日)

素晴らしい勝利 (J1第16節 対鹿島戦)

20220529_01

前半の前半は東京が鹿島にボールを強制的に持たされてる感じで、自陣ばっかりでプレーさせられる状態だった。強い風の影響だったのかな、スウォヴィクのCB宛てパスが鹿島にカットされそうな場面もありヒヤヒヤしていた。ところがこの飲水タイム(飲水は今季初めてかな)のあとで流れが急に変わった。

20220529_02

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年5月21日 (土)

また無得点 (J1第14節 対柏戦)

20220521_01
味スタでのゴールだと、4月6日の神戸戦が最後。今回、枠内シュートあったかなあ。相手GKにはじかれた永井のシュートはオフサイド判定になったし、アダイウトンは枠に当てたし...。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年5月19日 (木)

お疲れ様でした (ルヴァン第6節 対福岡戦)

今日、京王線芦花公園駅で人身事故が起きたせいで、電車で味スタに到着するのには少々時間かかったね...。

20220519_01

この日モリゲが先発として見られたのは嬉しかった。前半だけで交代したけど、それは体調不良じゃなくて、土曜日のリーグ戦に先発するためのリハーサルという位置づけだったと思います。相変わらずロングフィードはちゃんとやってました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年5月 8日 (日)

今季ホームでの初の敗戦 (J1第12節 対鳥栖戦)

20220508_01
もらったマッチデープログラム見たら、リーグ戦で鳥栖に5連敗中と書かれててびっくりした。鳥栖は決して強豪クラブじゃないし、リッチでもないから主力選手をしょっちゅう取られちゃうんだけど、その対応としての若手育成が上出来だとの感じを持ってるクラブ。そのためか、選手間の連係レベルは東京より上だった。あと運動量もね。決定力はあまり差がなかったけど。

今日の東京メンバーで意外だったのは、先発ワントップが山下だったこと(長友がベンチからも外れていたのも)。前節と中四日なのでディエゴ等に疲労は残ってないはず。ということは、山下は去年鳥栖の選手だったから相手選手の特徴が分かってて隙を突きやすい、との期待だったのかな。しかし彼を活かせる場面は少なかったね。

あと東京はバックパス多すぎだよなあ。ボール保持を優先するためだと思うけど、相手のスペースを突けるような時でも後ろにパスしちゃう場面多くて、相手の守備ブロックを整えさせちゃう。結果的に、パス回しで相手を崩すことがまだできていない。あと帆高のパスミスでペナルティエリア内でのFK与えてしまったし...。失点してからは東京のプレスが強くなって相手を押し込むことになったけど、試合序盤から前向きワンツーパスなどで相手を揺さぶってほしいなあ。

あ、もひとつ感想。東京も鳥栖も滑って倒れる選手けっこう多かったな。あれなんでだろう?

20220508_02
20220508_03
20220508_04
20220508_05

 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (1)

2022年4月30日 (土)

8年ぶりの国立競技場 (J1第10節 対ガンバ戦)

20220430_01
この国立競技場って、「国立競技場」が正式名称なんだ...。「国立霞ヶ丘競技場」じゃないんだね。霞ヶ丘競技場で最後にサッカーの試合を見てたのは、2014年J1第10節の対名古屋戦。日付は今回と同じ4月29日だった。

場所としてに最後に来てたのはその年の5月18日、ポール・マッカートニーの東京公演。直前に公演中止が発表されてたが、公式グッズ売店は開けているとの情報だったので、幻のプログラムを買いに行ってたのです。

今回初めて行った新国立競技場の印象は...椅子が狭い! 味スタより明らかに小さい席でした。私が座ってたのは2階バックスタンドで、もっと高価な席だと違うかもしれないけど。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年4月20日 (水)

3試合連続0対0 (J1第2節 対名古屋戦)

20220420
リーグ戦だと3試合連続で0対0。勝ち点1は、またスウォヴィクのおかげで取れた感じだった。

今までスウォヴィクのゴールキックのほとんどはCBへの短いパスで、ロングボール蹴ることは試合終盤くらいにしかなかった。しかし今回の相手、名古屋はゴールキック時に3人が前に張ってきてたので、前半からロングボール蹴らざるを得なかった感じ。

ロングボールだと相手に取られる確率がどうしても高くなるので、そこから反撃される場面が多かった。とは言っても東京守備陣がうまく固まっていて、シュート打たれたとしてもGK正面の場面も多かった。今のところ、失点はJ1で一番少ないね。去年より守備ははるかに良い。モリゲに疲れが溜まってるようなシーンはちょっと心配だけど。

攻撃決定力はまだまだ宿題だね。後半頭はそれこそファストブレイク風でチャンス作れたけれど、東京のシュートはGK正面じゃなくて枠に当ててた...。あと、ワンタッチパスなどパス回しをもっと速く出来るように頑張ってくれ!

 

 ↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年4月10日 (日)

まあいいか (J1第8節 対浦和戦)

20220410_01
一番気温の高い時刻にキックオフで、選手にとってはキツかっただろうね。それに水曜に試合したばかりなので、この試合の特徴である東京のハイプレスを見てたら、「試合後半は足が止まって危ないかも...」と心配していた。

東京のハイプレス自体は悪くなかったけど、ボールを奪えた後のパス回しはあまり速くなかった。なので相手を崩しきることが出来ず、試合全体としては決定機はあまり作れなかった。なのでセットプレーでゴールして欲しかったなあ。あと、足が滑ってこけちゃう選手はなぜか東京の方が多かった...。

戦術の完成度だと浦和の方が高いので危ない場面は結構あったし、特に試合終盤はピンチが多かった。相手のオフサイドとかシュート枠外れなど幸運に救われたのもあったけど、今年の東京の守備は安定傾向にあるね。あと、キーパーのスウォヴィクの落ち着いたセーヴも良かった。なので、引き分けでも悪くない結果だと個人的には思ってます。というかね、試合前に「0対0」と予想してたのよ。まさか当たるとは(笑)。

20220410_02
20220410_03
20220410_04

 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年4月 6日 (水)

幻の4点目、惜しかった (J1第7節 対神戸戦)

20220406_00

序盤はイニエスタ→汰木の流れで東京の右サイドを何度も突かれ、11分にあっさり失点してしまった。相手には他にも大迫、ボージャン、高徳などワールドクラスの選手がいるわけで、「あらら、リーグ戦初勝利を与えちゃうのかな...」と心配していた。

ところが20分過ぎた頃から何度もチャンスを作れるようになり、明らかに流れが変わったことが分かった。特に永井がいい動きをしていたね。でも最終的に決められない惜しい場面が多く、前半は0-1で終了。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年3月27日 (日)

ラッキーな勝利 (ルヴァン第3節 対湘南戦)

20220327_01
試合内容では湘南の方が上だったけれど、東京が2点を取れたのは幸運だった。特に柊斗君、お疲れ様でした!! フォーメーションはエルゴラ予測だと4-3-3だったけど、実際は柊斗がトップ下の4-2-3-1に見えた。トップ下と言ってもは運動量多かったし、ボールに関わる回数も非常に多かった。

試合としてきつかったのは、東京が自陣でボールを持つと、湘南が3人掛けてハイプレスに来る場面が多く、東京はサイドにしかボールを回せなかっところ。ボール持ててもバックパス多かったな。1トップの山下にボールが届く場面も少なかったし、2週間前の広島戦に似た印象だった。ただし湘南がボールを奪っても最終場面での決定力がイマイチで、それで東京が助かったと思う。でも、湘南アンカーのヨネは相変わらず良かったよ。

東京にとってラッキーだったのは、まさにゴール直前の場面。どちらも湘南のミスとまでは言えないが、クリアボールが柊斗にこぼれてきて、1点目は自身が確実に決め、2点目はタマの個人技を活かすことができた。

20220327_02
20220327_03
20220327_04

次試合はマリノス相手なので、さらにキツそう。監督はどういう戦術行うかなあ...。

 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年3月13日 (日)

今季ホーム最初の試合 (J1第4節 対広島戦)

今回びっくりしたのが二つ。一つ目はキックオフ前の花火。

20220313_01

この写真はバックスタンド前の花火だけど、ゴール裏の方の花火爆音は非常にヘビーだった。2回も鳴ったし、ゴール裏サポの鼓膜、大丈夫かなあ...。個人的にはこの手の障害受けたことあるので、ちょっと心配......。

二つ目は、スウォヴィクのボトル投げ。ポンポン投げてたね(笑)。

20220313_02

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年2月23日 (水)

Discover Queen!

今日のFC東京の試合は中止になっちゃった。なので代わりにしたのは、NHK FMの番組"Discover Queen"を「らじるらじる」で聴くこと。日曜9時に放送されてる番組だけど、個人の都合でリアルタイムでは聴けないのよ。なのでいつも「らじるらじる」の聴き逃し配信を利用してるんだ。

2/20の出演ゲストはオペラ歌手、錦織健さん。これは凄かったです!! 特に、シマネ健バンドの"Flash"を完奏したのが最高だった。この曲については、私から番組に出した葉書で「2011年のシマネ健バンドのライヴで聴いて、とても素晴らしかった」と推奨してたので、それが効いたかも...。

その他に、"Bohemian Rhapsody"の錦織さんバージョンを生演奏しててこれも非常に貴重な音源。出来ればここで聴いてみてください。

https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=6821_01

| | コメント (0)

2022年2月 7日 (月)

クイーン50周年展

デイヴィッド・ボウイー、ローリング・ストーンズの展覧会以来、久々に訪れたのが渋谷でやってるクイーンの展覧会。この展覧会の内容説明はこちらにあります。

リンク先に書かれている「伝説の来日ライヴを前進で浴びる」は、1982/11/3に西武球場で行ったライヴの映像です。このコンサートは日本でのみVHSテープで発売されてました(個人的には、しっかりキープしてます)。

このライヴの重要ポイントは、「ボヘミアン・ラプソディ」最初のギターソロのエンディング部分で、ブライアンが引き間違えてること(笑)。当時ライヴに行った人はちゃんと覚えてるんじゃないかな(笑々)。私も、初めて行った外タレのコンサートだったから、しっかり覚えてる。もちろん弦にトラブルが発生したのかもしれないが、後のブライアンのソロ公演(1993/11/8、大阪)で、「ラヴ・オブ・マイ・ライフ」で引き間違いしちゃって"Sorry!"と言ってたのも覚えてるからなぁwwww

20220207

写真は、展示されてた西武球場でのチケット。これ、個人的には捨てちゃってるので、懐かしいなあという印象。パンフレットは残してるけどね。

 

渋谷での展覧会は2/13まで。ご興味のある方は鑑賞をおすすめします。

| | コメント (0)

2021年12月31日 (金)

2021年

今年は結局スタジアムに行かなかった。年間チケットは継続していたけど、観客制限の関係でいちいち買わないといけないのが正直めんどくさかったし、非常に多忙な仕事の影響もあった。

その結果テレビでしか試合を見てないけど、今年の東京の出来は良くなかったね。選手間のイメージ共有が不十分でパスミスが多かったし、選手個人だと田川の決定力の低さが気になったなあwwww 田川君、2020年には4点しか取れなかった前田大然君と会話お願いしますね。

あとサッカー関連でストレスになったのが、NHKのサービスレベルの低下。A代表公式戦を放送しなくなったし、オリンピックの時にサッカー順位表をこんな形で書いていた。

20211231_capture

これって野球じゃん。ニュース9だと野球の偏重報道してるし、NHKウェブにJリーグタイムのページ作ってないしな。

2022年はFC東京の経営主体が変わるので、マリノスのように、チーム戦術方針を大変化させることを期待します。

| | コメント (0)

2021年2月23日 (火)

巨大なチャーハン(笑)

ずいぶん暖かくなってきたので、この休日は武蔵国分寺跡地まで往復のサイクリングを楽しんでた。風は思ったより弱くて助かったな。で、その帰りに昼飯を食おうとお店を探してた。結果的に東八道路沿いの中華料理店「祥龍房」という店に入り、注文して出てきのがこれ。
2021022301

このチャーハン、物凄い量!! ご飯の量は茶碗5杯分くらいある。一応言っとくけど、大盛り注文したんじゃないよ。偶然初めて入った店なので、こんなの全然予想してなかった。さらにサラダ、麻婆豆腐、スープ、杏仁豆腐もセットで、たったの820円(*)というのには...。数え年だともう60超えてるからな、こんな年だと食い切るのも大変wwww
2021022302
チャーハンの味は濃いめの味で、そこは好み次第と思うけど、個人的には満足だったな。ご飯だけでなく具も十分あったし。大将も店員さんも別の客と中国語をペラペラしゃべってたので、たぶんネイティブだからあの味なんだろうな。


隣に座ってた客も初来店でチャーハン注文してたようで、感動を表現すると共にこんなこと言ってた。

「休みの日に来て、良かったなあ」

つまり、平日仕事中の昼休み時間だとこのチャーハン食い切れないってことだな(笑)。


* ランチタイムのオプション。チャーハン単品でも820円。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年1月 4日 (月)

ルヴァンカップ優勝おめでとう!

今回はチケットが取れなかったのでテレビ観戦。これで国内3大タイトルのうちのカップ戦決勝進出4回目だったが、そのすべてで優勝を獲得。監督が誰になっても硬いサッカーを行う、東京を象徴する結果になった。カップ戦は勝ちゃいいんだもんな。とにかくいい気分で2021年を始められたことに感謝!!

'19シーズン、'20シーズン共に東京はきつい日程を迫られ、今年もきつくなりそうだけど、まずはしっかり体を休めて、次シーズンに備えてください。

 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年12月31日 (木)

2020年

今年は本当にいやな年でした。

"Black Lives Matter"活動を認めないトランプ政権、中国政府/香港政府による三権分立否定の公式発言、日本政府の経済偏重"Go To xxxx"政策など、独裁力を強める各国政府に「こんな国に暮らしていても意味ないのでは」と正直本気で思った。

同時に、COVID-19感染者への偏見、差別が少なからずあることも見えてしまった。これは原爆被爆者、公害病患者、ハンセン病患者への差別と同じような、日本人の悪い特徴だと思う。

あと地元の話だと、外環道の工事による調布市東つつじケ丘町での道路陥没事故が心配。我が家にはこの工事の直接影響は出てはいないが、歩いて10分くらいの場所なので非常に気になっている。横浜でも道路陥没事故が複数回起きていたし、かつて博多駅前でもあった。今後他の地理的場所でも外環道のような大規模地下工事事業が増えていく可能性があり、不安が増している。

安全、健康、自由な暮らしが実現できるよう、今よりもっと意志を強めていきたいと思います。

 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2020年12月26日 (土)

ウイルスの表現は正確に...

「Emotet」「IcedID」の被害増加 年末年始前に対策を (NHK)

20201226


コンピューターウイルスとCOVID-19の区別が出来ないみたいなキーワード表記だな...

 

 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年12月20日 (日)

ディエゴ歩いてた!! (J1最終節 対神戸戦)

2020122001

試合の前半は先週の広島戦と同じような内容。ポゼッション率は相手が圧倒的に上回り、広島よりもパス回しの早い神戸に対して、東京は4-5-1でブロックを組んでまた守りに徹する。守備は硬く、前半での失点ピンチは2回くらいだったけど、ボールを奪ったあとの持ち上げ方はかなり質が低く、カウンターの精度も低かった。アンカーに入ったモリゲとインサイドハーフの東の出来もイマイチだったしね。一方、神戸もイニエスタが負傷離脱したのと、古橋、藤本を控えに回した影響のせいか、フィニッシュの迫力は欠けていた。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年12月13日 (日)

U-23で相手トップチームに勝った! (J1第31節 対広島戦)

リーグ再開後、初めて行った味スタ。先発メンバーはエルゴラの予想とまったく異なる面々。
2020121301

表題に書いたように先発メンバー中、年齢がU-23なのは8人。もちろんJ3だったU-23チームとは違い波多野や内田、帆高などトップチームに定着してる選手もたくさん含まれてるが、控えには宮崎、平川、そしてU-18の大森を備えるなどレギュラークラスによるバックアップはまったくなかった。ACLに勝ち残っていれば今節は当然こうなると予測はしていたが、前日のエルゴラ予想スタメンは「担当記者はちゃんと取材してるのだろうから、こうなるんだな」という認識だったので、実際の試合メンバー見たときはかなり驚いた。

そしてこの試合メンバーを把握した段階で、「このメンバーでJ1を見られるのは貴重な試合で嬉しいけれど、中身はきつそう。受けに回るまくる試合だろうな」と覚悟してた。やはり序盤はその予想通りの試合展開で、通常メンバーで先発を組んだ広島が一方的にボールを支配し、東京は自陣にずーっと押し込まれていた。「こりゃ失点してもしょうがないな」と見ていたが、そこは波多野の頑張りと、幸運(広島からすると不運)な場面に助けられてた。特に枠に当たった青山のシュートと、37分のヘディングシュートは失点してもおかしくなかったね。
2020121302

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年5月19日 (火)

リモート応援ツール

先週、FC東京から年間チケットの払い戻しの知らせが届きましたね。それ以前の週に、今季からJ3参入のFC今治でも同様の発表があったので、他クラブも払い戻しを次々に始めたのかと思ってた。しかしJ1では東京が最初の発表だったそうだ。

(最初だったのについて)ちょっと驚いたけど、まあ仕方ない。再開するとしても最初は無観客試合が確実だし、入場可能になっても観客の間を空けざるを得ず、チケット持ってても入れないなんてことが発生しうるからね。

その無観客試合の応援について。無観客で再開したKリーグでは、事前録音しておいたサポーターの声をスタンドのスピーカーから流してるなんて記事をどこかで見たけど、できれば生で声を届けられないか....と考えてたときに見つけたのがこの記事。

スタジアムの選手に自宅から声援を届ける“リモート応援”技術、ヤマハが実験 ジュビロ磐田、清水エスパルスが協力 (IT Media)

これって磐田と清水が練習試合したってこと?

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年4月30日 (木)

夏秋春秋制で再開を

これはJリーグ自身およびクラブと、スポンサー、選手、スタッフとの間の契約詳細は横に置いて、見る側からの希望だ。

6月上旬再開も困難になった現在、年内にJ1の全節完了させるとすると...、6/13以降11/7まで必ず週2回の開催が必要になる。しかもこれはACL、ルヴァン・カップ、代表戦をまったく考慮してない計算だし、地球温暖化のため大雨、台風での延期もありがちになっているので、実際はもっともっときつくなるのが確実。J2だと更にきついはず。

すると選手が体力的に辛いだけでなく、監督にとっても戦術の修正や熟成をしたくても時間が取れなくなる。その結果行われる試合内容ってどうなるのだろう。低いレベルの試合が続きかねないし、けが人も増えるよ。それってやる方も、見る方も、どちらにとってもメリットない。

であれば、COVID-19対策がまとまることを前提として、今年8月ごろから再開し、来年11月半ばくらいに最終節を迎えるような余裕を持った日程にしてほしい。試合の間が空きすぎると、それはそれであまり良くないので、ルヴァン・カップにJ2、J3全クラブ参加させてノックダウン制にするとか(だって公式名称は「Jリーグカップ」だろ)、海外クラブとの親善試合を増やすとかも考えて欲しい。もちろんウィンターブレイクは3ヶ月以上取って、ついでに来年の天皇杯決勝は12月頭くらいにしてくれ。

 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年4月25日 (土)

左側が「開く」ボタン

日本国内のエレベーターの開閉ボタンって絶対に、左側が「開く」、右側が「閉じる」なんだけど、皆さんそれ知ってる???

これ、今朝の朝日新聞の記事なんだけど、

(街のB級言葉図鑑)ひらく 飯間浩明

2020042501

ここにも「この図形、どっちが「開」か「閉」か、私も時々分からなくなります。同じようなお客がほかにも多いのでしょう。」とある。記事のテーマじゃないけれど、安全のために、末尾に「左が『開』、右が『閉』」と追記して欲しかった。

私が今勤めてる建物でも、人が降りる際に中に残る人が誤って閉ボタンを押してしまうことが相次いでいた。私が挟まれたことも何度も経験。その結果今では、開ボタンの下にこの記事のような「ひらく」シールが貼られている。

(ちなみにそこのエレベータって、人がドアに近づくとセンサーが検知して自動的に開くんだけど、閉ボタン押すとそっちが優先されるんだよな。変な設計...)

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年4月 9日 (木)

お久しぶりです

会社が過剰なコストダウンをするせいで、この数年どんどん仕事がきつくなっちゃったのに加え、今は新型カローラコロナの影響でさらに忙しくなり、ブログ書く時間が全然取れない状況でした。解雇されたり内定を取消されたりした人に比べると相当ましではあるけれど...。仕事の関係でうちの部署は週の8割以上は公共機関に乗って職場に通勤してるから、緊急事態宣言あっても勤務形態はほとんど変化無し。

とはいえ、ほんの少し自宅勤務が出来るようになったのも事実。その隙間にこれを書いてるわけです。


Webカメラ、なぜ店頭から消えた? メーカーは「前月比200%の販売数量」「増産でニーズに応えたい」 (IT media)

最近こんな記事をあちこちで見ますね。今どき主流なパソコンはノートパソコンですが、それってマイクとカメラ内蔵しているのが普通だよね。なんでみんな買いに走るんだろう......。

 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年2月18日 (火)

結果オーライ (ACL第2節: 対パース・グローリー戦)

20200218

書く時間があまり取れないので手短に。

セットプレー以外では怖い場面はなく、ミスさえなければ負ける可能性はないだろうと見ていた。一方で攻撃はまだまだで、押してる割りには前半の決定機は2回くらい。連動性は改善の余地たっぷりあるな。後半から髙萩が前目に出てきて面白みは増えたけど、一方で安部はもっとアグレッシヴに行って欲しかった感じ。

それでも、リードしてからは余裕を持って時間を使い、最後はオマリを入れて5-2-3だったかな? まずはACL本戦での今季初勝利おめでとう!

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2020年1月28日 (火)

5ヶ月半ぶりホーム勝利! (ACLプレーオフ: 対セレス・ネグロス戦)

去年のシーズン頭にも似たようなこと書いたなあ...(笑)。

20200128

この日スタンドの席に到着できたのがキックオフとほぼ同時の時刻。その時初めてピッチに目をやると、まるで尾瀬の湿原みたいに雨が溜まっていて、ドリブルもショートパスも全然出来ない状況。これにはびっくりした。味スタってここまで水はけ悪かったっけ...。日産スタジアムとはえらく違うな。昔のこの試合を思い出したが、その時と違って、ボールが転がる箇所はピッチの端にも全然残っていなかった。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

シーズン最終戦を前に

20191205

今の東京は優勝にふさわしいチームではない。

勝ち点も得点も去年を上回っているし、順位も過去最高だが、でもまだまだ課題満載だ。一言で言うと「強いチームには見えない」ということだ。川崎や鹿島、あるいはかつての磐田に比べるとその差は歴然。

だからこそ今度の最終節では勝って欲しい。来年に繋げるために。課題を全員で共有するために。

 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

エフマチ

以下は、ドメサカブログの記事を読んでの感想である。

>> ただ、今後「FC町田トウキョウ」、これは「エフマチ」と呼ばせたいと
>> 思ってますのでそう呼んで欲しいですけど、「ゼルビア」というのをサ
>> ポーター間で使っていただくのは構わないです。

この人(藤田オーナー)は、FC東京のファンはクラブのことを「エフトー」って言われると不快に感じてることを知らないのだろうな......。実際、横浜FC、愛媛FC、FC岐阜の事をそれぞれ「ヨコエフ」「エヒエフ」「エフギフ」なんて言うことは絶対にないし。かつてサイバーエージェントは東京ヴェルディに資本参加していたが、その時に「トーベル」とでも言ってたのかね?

» 続きを読む

| | コメント (0)

«静かな試合でした (J1第23節 対広島戦)