2018年9月20日 (木)

熱く弾け (ジョー・ペリー東京公演)

最初に注意事項を一つ。ネット上に一昨日の東京公演セットリストがいくつか出回ってるけど、見た範囲では全部間違ってる。"Mama Kin"はやってないよ!

20180920


開催場所の「ステラボール」に行くのは初めて。品川駅前からの人の流れに添ってたどり着けたのだが、ウィング高輪ビルを通過したあたりからの激坂「いちょう坂」にはびっくりした。

このステラボール、ホールと言うよりはライヴハウスと言った方がふさわしくて、音響はPA経由ではなくアンプから直接聴衆に届く状態。だからミキサーで対応できる範囲は限られてて音のバランスは正直良くなかった。要はジョーのギターの音デカ過ぎ!! 序盤はヴォーカルがほとんど聞こえなかった。そこはゲイリーが気の毒。でもだからといってつまらないギグではなかったよ。うん、行って良かった。

曲目は割とエアロスミスの曲が多かった。もちろん"Let The Music Do The Talking"や"Bright Light Fright"などのジョーの作品はやって当然だけど、"Pandora's Box"や"Seasons Of Wither"といったエアロの日本公演であまりやってない曲は意外だった。これらを耳にすることが出来たのはとても嬉しかったね。特に"Seasons Of Wither"は作詞作曲共にスティーヴン・タイラーなわけで、ジョーはこの曲をとても気に入ってるんだろうな。あと"Walk This Way"でのトーキング・モジュレーター芸はなかなか良かった。

アンコールではジョニー・デップが登場。抱えてたレスポールは膝下くらいのとても低い位置で、「それペイジさんの物真似かよ!」と彼の一芸にも大笑い。あくまでも客演ということで、彼は地味にリズムを刻んでいました。

ジョーは9月10日で68歳になった。でもスリムな体型と激しいリフの刻みを見ると、全然そんな風には見えない。ブラッドの方がずっと年上に見えたよね(実際はブラッドが二つ下)。見てて思ったのは「彼は曲を弾くことよりも、ギターを弾くのが好きなんだろうなあ」ということ。もちろんこれは極端な表現だけど、時にはキーを無視して弾きまくるジョーのソロを聴くとそんな気がちょっとね。ジミヘンやジェフ・ベックが好きなのもよく分かる、そんな弾きっぷりだった。エアロの再来日も含めてまた見に行きたいね。




↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

クイーン重箱の隅アルバムガイド寄り道 "Ghost Of A Smile"

9月5日はフレディの誕生日。その日に11月公開予定の映画「ボヘミアン・ラプソディ」のサウンドトラック盤のリリースが発表された。収録曲の中で一番目を引いたのはこれ。

"Doing All Right... revisited (Performed by Smile)"

公式サイトによると、ブライアンとロジャーがティム・スタッフェルを迎え、アビー・ロード・スタジオにて再録音したと書かれている。それを見てここからの記事を上げる時期が来たような気がしたので、書き進めてみる。

Ghost Of A Smile / Smile  (CDP 1049 DD)

2018091101

tracks   [written by]

  1. Earth   [Staffell]
  2. Step On Me  [Staffell/May]
  3. Doin' Alright   [Staffell/May]
  4. April Lady   [Stanley Lucas]
  5. Blag   [Taylor]
  6. Polar Bear   [May]
  7. The Man From Manhattan   [Howell]
  8. The Man From Manhattan (Back Again)   [Howell]

私はこれを1998年10月18日に、町田の「タハラ」というその地域では有名なCD屋さんで買った。値段は2千円くらいだった。店頭でブツを見つけたとき「このバンドって、クイーンの前身バンドと同じ名前を名乗ってるんだねえ。あはは...」と思いつつパッケージを手に取り裏返したところ、そこに乗っていた曲名は"Earth"、"Step On Me"、"Doin' Alright"...。本当に目を丸くして(多分、声も上げたと思う)、次の瞬間にはレジに向かっていたわ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

東京点取れず。トーレスも取れず。(J1第25節 対鳥栖戦)

2018090401

0-0の割には結構アクティブでおもしろい試合だったけれど、鳥栖の最終ラインを崩すことが出来ずこれで公式戦6試合勝ちなしか。現場で見たのは8/15の柏戦以来で、守備は悪くなかったが、攻撃の方は改善されてない感じだった。攻める意識はよく見えてるのよ。でも具体的な方法に息詰まっているのでは。 

その中でも、東と大森が担う2列目の存在感薄さが一番気になった。攻撃はロングパスをディエゴや永井めがけて出す、足下で細かくつなぐ、オフ・ザ・ボールでスペースを作る/突くという風に色々と組み合わせて欲しいのだが、2列目の役割と言えるスペースに関する動きが特に欠けていて、だから思い切った縦パスも出せてない。選手交代で対応したくても、この日控えに2列目の選手いなかったし...(草民怪我してるらしいしね)。東と大森からは疲労感も伝わってくるので、この代表戦ウィークのうちにしっかりリカバリーして欲しい。あとちょっと気になったのが、ボール保持してる割にサイドバックからのクロスが少なかったところ。特に最後は前田投入したんだし、割り切ってクロス三昧でも良かったと思う。

2018090402

フェルナンド・トーレスはポジショニングを見てて楽しめた。エリア内で何度かフリーになったり、東京のパスミスを想定した動きなど見て「なるほどねえ...」てな風に。しかし彼を使うパスやクロスの精度が低くて東京は助かった。鳥栖は鎌田をレンタルで呼び戻すべきだったんじゃないの? でなきゃ久々にベンチ入りの河野を使ってドリブルで仕掛けさせ、東京DFのバランスを崩すというのもありだったよなあ。そういえば河野君、試合後にシャーやってくれてありがとう。

2018090403

 

 ↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«アレサ・フランクリン逝去