2018年2月21日 (水)

2018年J1順位予想

表題はJ1の順位予想だが、その前に。

徳島サポとしても有名な、俳優の大杉漣さんが亡くなられた。私が昨年唯一行ったJ2の試合、最終節のヴェルディ対徳島戦にもいらっしゃっていたそうだ。あの敗戦に続いて、J2開幕直前のこの時期にこの世から連れ去るなんて、神様いったい何考えてんだよ......。

大杉さんのご冥福をお祈りします。そして徳島ヴォルティス、君達は四国で一番J1に近いチームだ。とにかく頑張れ!

-----------------------------------------------------------------------------

それでは表題に戻る。過去3シーズンの順位を表にしてみた。2015年と2016年はプレーオフではなく年間合計勝ち点の順番だ。

2018022101

色のまとまりの無さ見ると、ほんとJって順位変動が激しいリーグだなと思う。バイエルン、バルサ、レアル、ユーベみたいな超ビッグクラブが無いためだろうけど、そのせいで順位予想はむっちゃ難しく、そして知恵を絞れるところが楽しい。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

プレシーズン・マッチ感想

最初に相手チーム、マリノスから。かなりインパクトあったので。

  1. ひたすらサイド攻撃を仕掛け続ける。
  2. あんなにポゼッション率の高いマリノスなんて初めて見た。
  3. バックラインがやたら高い。
  4. プレシーズン・マッチなのに交代枠を使わない。

4. はともかく(笑)、チームのモデルチェンジには成功しているように見えた。飯倉の足が攣らないかはちょっと心配したけどね。失点場面を含め、昨シーズン序盤の千葉を思い出したのだよ。

20180219

さて、東京の感想。マリノスの執拗なサイド攻撃に手を焼いていたのは確かだが、GKを含め最終ラインの集中力は見事だった。守備の構築はうまくいっているようだ。個人ではヒョンスと、相変わらずビッグセーブ連発の林がすばらしかった。もちろん、ビッグセーブしなくてすむように高い位置で奪い取るのが一番だが、そこはこれからですね。

で、ボールを奪ったあとのカウンター攻撃だがここはまだまだ。ヒョンスとモリゲのフィードの狙いはよかったと思うが、前線はディエゴが個人で行く場面が多かった。もうちょっとフォロアーが欲しいなあと。まあ、それでも後半はチャンスがやや増えてたね。永井の決定力は......。

まあ、ワールドカップ前までは我慢の多い試合になるだろうと想像。そして中断期間にどこまで改善できるか。健太が指揮したチームはシーズン後半に上昇する印象があるので、期待してもいいと思う。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

希望スタメン2018

今週土曜にはマリノスとプレシーズン・マッチが行われる。味スタでプレシーズン・マッチをするのって相当久しぶりじゃない? 記憶にあるのは2007年のヴェルディ戦と、厳密には「プレシーズン」じゃないが、2011年震災での中断期間に横河武蔵野FCとやった試合以来かしら。

で、土曜の試合から数えてJ1第4節までの30日間で、味スタで5試合開催の強行日程。なんじゃこりゃー。去年の8月から味スタで2点以上取った試合を見てないので、そこんとこなんとかしてくれよ健太さん。タイトルは望まないが、どこかで言ってた「シーズン50ゴール」は絶対達成してくれ。

というわけで去年と同じく、希望スタメンを書いてみた。予想スタメンではなく「私の」希望スタメンです。

20180215_fctokyo

控えは永井、前田、草民、平川、小川、丸山、大久保。なんで橋本がサイドハーフかって? だって18番はそこに置くしかないだろ! あとはジャキット、リッピ、岡崎、鈴木といった加入2年目選手がどこまで伸びるかが楽しみだ。

今週エルゴラや朝日新聞に予想スタメンが書いてあったけど、異なっていたのは東を使うか使わないか(笑)。いや、(笑)って書いちゃったけど、君は大分時代のような積極的プレーしてくれればそれでいいんだよ......。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

「柴崎亭」つつじヶ丘

20180212

つつじヶ丘駅のすぐそばにあるラーメン屋。「柴崎岳」もとい「柴崎亭」。味スタからの帰宅途中の電車の窓から見ると、夜遅くてもいつも10人くらいの待ち行列が出来ているお店で、やはり電車から見えるすぐそばの別のラーメン屋さんには全然待ちがいないこともあり、前からちょっと気になっていた。というわけで、今日の午後、散歩のついでに初めて入店。入ったのは16時半ごろで、待ち行列こそ無かったものの、私が入った時点で満席。全10席の小さなお店だ。

食べたのは「塩煮干しそば」650円。名前の通り魚介出汁を強調したラーメンで、去年書いた千歳烏山の「榮じ」と同じ傾向のスープと細麺。シンプルな味と具の構成で、最後まですんなりと食べられた。麺の量は見た目より多くある感じだったね。なるほど、この値段でこの味なら行列が出来る理由は分からなくもないな。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月28日 (日)

平山引退

ナオ、加地さん、羽生さんに続いて平山も引退を発表。これは予想外だったな......。

彼が一番印象的だったのは2013年シーズン。

20180128

(2013年第25節試合後のインタビューの写真です)

若い時の平山は、高身長なのにハイボールの競り合いは下手だった。背の低いディフェンダーが多い高校サッカーでその部分が成長しなかったのはしょうがない。競り合わなくても勝っちゃうからな。それに当時の国見には兵藤や北斗や千真とすごい選手がそろってたから、平山の相対的負担も少なかったし。テレビで見てる分には「高いだけのFW」という印象だった。

そんな平山も2010年の終わりにはストライカーとしてようやく一皮むけたが、不運にも2011年、2012年と連続して大けが。ナオと同じくらい不運な選手人生だが、久々に復帰した2013年シーズンでもう一皮むけた姿を見せてくれた。彼は競り合いが上手になっただけでなく、ボールの収め方も上手くなりスーパーサブとしてよい仕事を続ける。ほんと見てて楽しかったよ。この年の出場時間はたったの288分なのに5ゴール記録している。

一番記憶に残っているのは国立で浦和に勝った試合。宏介が平山の引退に際してツイートしていたあれだ。平山が現役を終える遠因となったのが、翌年のあのホーム浦和戦での怪我だったのは悪い縁だったな......。

仙台との契約を更新したのにこのタイミングで引退を発表したのは、彼の執念をぶち切るような何か、たとえば医師から選手として致命的な宣告があったのではないかと想像する。いま一番辛い気持ちなのは本人だろう。いつか東京に戻って、いや戻るのは長崎か北九州かもだが、自身の正負の経験を還元してほしいと思う。でもとにかく今は休んでください。お疲れ様でした。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«「最後のジェダイ」