« 4/1 J2第6節、J1第6節など | トップページ | Jリーグ・ウィイレ10 »

2006年4月 3日 (月)

4/2 リーガ・エスパニョーラ第30節クラシコ(バルセロナ対レアル・マドリー)(TV)

  何回見ても試合前の人文字に思わず鳥肌。これが現地だったら失禁ですよ、マジで。

  試合は、えーと審判がちょっとアレでしたね。やや高圧的な判定ぶりと出しまくりのカードに、思わずカッシーかと思いましたよ。PKの判定もこれがクラシコでなかったらどうだったんだろう。ただしその後冷静さを欠いたロベルト・カルロスはいかんでしょう。彼の退場で試合の興味がだいぶ薄れた。
  そんな中ロナウドの同点ゴールのシーンは凄かった。確かにモッタは肉離れを起こしたので追いつけなかったのだけれども、肝心なところでのロナウドはやっぱり速い。シュートもあのプレッシャーのかかる場面で余裕綽々のループシュート。これも鳥肌でしたね。 
  引分けで全然OKのバルサはチャンピオンズ・リーグに気持ちが行ってしまったのか、10人のレアルを前にして崩し方にいまひとつ工夫がなくシュートも枠に行かない。というか前回ちんちんにやられたセルヒオ・ラモスと急遽出場のメヒアがゴール前に危険な空間を作らせなかったということなのか。そんな中3回あった決定的チャンスもラーションがことごとくはずす。いやもうかわいそうなくらい"Not his day"でした。終了間際のヘディングではゴールに吸い込まれる軌跡が見えたんだけどなあ。

  バルサはシャビ、エジミウソン、マルケス、メッシに続きモッタまで失いチャンピオンズ・リーグ制覇に黄信号。実のところ私は本命バルサではなく、リヨン対ミランの勝者が優勝すると見ているのだがさて。

  東京の試合ですか。Jスポーツを録画しましたが見る時間がなくて...。うかうかしているとチャンピオンズ・リーグ制覇準々決勝第2レグの録画もたまっていくし、選手同様見る方も日程が詰まっていて大変だ。

|

« 4/1 J2第6節、J1第6節など | トップページ | Jリーグ・ウィイレ10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/9408265

この記事へのトラックバック一覧です: 4/2 リーガ・エスパニョーラ第30節クラシコ(バルセロナ対レアル・マドリー)(TV):

« 4/1 J2第6節、J1第6節など | トップページ | Jリーグ・ウィイレ10 »