« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

手応え(J1第10節 対名古屋戦)

  今年の東京はやはり、調子のでない相手(ここまで大分、京都、磐田)にはきっちりと勝ちますね。地力がついてきたんだと思う。ボールへの寄せが速かったし奪った後の判断も速かった。またルーカスの2列目起用が、名古屋のマークが甘いこともあって今回は大成功。2点とも後ろからフリーでドーン!
 
  名古屋はなんつーか、玉田杉本の快速ツートップの活用法が全然徹底されていない。FWがボールを持つ回数をもっと増やさないと点は取れない。それでも名古屋がボールを持てばその細かいパス回しに東京は振り回され、かなりの回数ピンチを作られたが、土肥の神セーブとポストに助けられた。もし藤田が最初から出ていればやられていたかもしれない。藤田は終了5分前になって出場と、まるで時間稼ぎみたいな使われ方だったから、きっと体調が良くなかったのだろう。あとね、ジャーンがスピードで振り切られる場面が目についた。ちょっと心配。

続きを読む "手応え(J1第10節 対名古屋戦)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

方向は間違ってない <同意

  ビデオでの復習はまだだけど、悪い試合だったとはやっぱり思えない。結果が出なかったのは残念だけど、だからといって試合後の挨拶に行った選手に無言で対応するほどのことか?「いつもいつも同じ展開で...」という声も散見するが、その人たち、ほんとに試合見てるのかな。去年の今頃よりはるかにいい内容だと思うし、前進しているとも思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それほど悪くないけど(ナビスコ第3節 対マリノス)

今日は「審判のせいで勝ち点1落とした」と言っていいと思う。それにね砂川さん、選手と2回もぶつかり、あとパスカット1回ってこれ偶然じゃないですよね。後ろからどつき倒されたのにスルーされたPKの件は言わずもがな。
しかし勝てた試合とまでは思わない。最後の詰めがね、これは毎年言われていることだけど、やっぱりこれが上位チームに比べて落ちる。
あと、ツートップは固定して欲しいな。ルーとササで何がまずいのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

オマイらNHK見ろ、見ろ

  録画しておいた対ガンバ戦を見て書こうかなと思っていたのだが、そんなもの吹っ飛んだ。まさに衝撃の番組「NHKプレミアム10 サイボーグの衝撃」
  仮面ライダーやダース・ベイダーの世界がもうすぐそこまで来ている、ではなくてもう来てしまっているのじゃ、若きパダワンよ。

続きを読む "オマイらNHK見ろ、見ろ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

チャンピオンズ・リーグ準決勝(ミラン対バルセロナ)

  う~ん、実に濃密な90分でした。
  前半はまるで武道の達人同士がキッとにらみ合っているような、べらぼうに緊張感の高い空気が漂っていた。特にミランの小規模攻撃~撤収の繰り返しがさすがイタリアのチームといった感じで、いつか大きな波が来るぞという恐怖感を感じさせる。その恐怖感はジラルディーノとシェフチェンコのシュートで最高潮に達するのだが、ポストやバルデスのセーブで惜しくもゴールならず。ここで先制できなかったのがミランには不運だった。
  ミクロな視点でいうと、実は私、伊野波君のマンマーク以来どうも「マーク」が気になりつつ試合を見ているのだが、この試合ではプジョルがシェフチェンコに、ガットゥーゾがロナウジーニョにマンマーク気味に付いていて、まあここまでは普通。だけどジュリがセルジーニョに付いているのにはびっくり。逆だろ、それ。
  ロナウジーニョはガっちゃんのマークに手を焼き、やや精彩を欠くプレー振り。FK時にアップになった顔には大量の汗が浮かんでいる。熱でもあるのか?。前半は0-0で終了。

  後半、バルサが牙を剥く。

続きを読む "チャンピオンズ・リーグ準決勝(ミラン対バルセロナ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W杯当たっちゃいました...

  コンディショナル・チケット(キャンセルが出た時に回されるチケット)が当たっちゃいました。いま分かってることは

  •   試合はグループリーグ最後のサウジアラビア対スペイン戦
  •   チケットは現地で受け取る
  •   なのに送料として10ユーロ取られる

  ということです。私用の海外旅行なんて12年ぶりだしヨーロッパは初めてだ。何すりゃいいんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

広島小野監督辞任

  広島オフィシャルより

  今年はスケジュールが詰まっているだけに、解任があるとしたらリーグが小休止となる5月12日以降と思っていましたが、そう来ましたか。確かに今週だけは1週間空いているので連休前ならばこの時期しかないよね。

  今から5,6年前、小野さんの講演を聞きに行ったことがあります。そのころは協会で先乗りスカウトみたいなことをしていたはずです。対戦国の試合を見に行ってビデオに収める。そして映像から参考になる部分を抜き出して、選手や監督に見せる作品(というのか?)に仕立て上げる、そんな仕事をしていたそうです。ビデオの編集は帰国してからプロの人と一緒にやるのかと思いきや、帰国の飛行機の中でパソコンを使って自分でやってしまうと言ってたのには少々驚きました。あと、こんな話も。「フランス大会に出ることになって、いろんな会社から試合分析用のパソコンソフトの売り込みがそれこそ山のようにあった。一通り試したが使えるものはなかった。」「アトランタ五輪でのあのゴールは偶然でなく必然。ブラジルGKとCBの連携が悪いのは分かっていたので、あそこにクロスを上げるのが有効と報告していた。」など直接質問に答えてくれて非常に有意義な講演でした。でもえらく場違いなとこ(ビッグサイトでの物産展みたいな催事の一部)でやってたので、参加者が20人もいなかったんだよな。
  小野さんとは同い年でもあり、捲土重来、臥薪嘗胆でがんばってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

J1第8節 対千葉戦

  東京千葉ともに水曜日とほぼ同じ先発だったのだが、中2日だと基礎体力面での差が出てしまうのだろうか。千葉はいつもの通り全員がよく動くサッカーをしているのに比べ東京、特に守備陣がふわふわしていて集中していないように見えた。「なんかみんな軽いなー」と思っていたら巻に2点決められる。規郎はあいかわらずポジション取りが曖昧で(バックスタンド側だから気になって気になって)、1点目はそこの穴を使われた格好。
  後半どうしてくるのか、宮沢投入かなと思っていたらまさかの3枚替え。ここら辺、結構ガーロはギャンブラーだなと思ったが(これはこれでいい)、ササを交替させたのには驚き。ササが他の選手に比べ冷たく扱われているように見えるのは気のせいだろうか。
  3-5-2にして捨て身の攻撃に出たのはいいが、前半と同じようなやられかたで3失点目。千葉の速い動きについていけない(でもビデオで見たら、巻のアシストがすんばらしいよ。膝下のボールを頭でラストパス!)。このあと東京にラッキーな得点が2点はいるが、全体としては負けてしょうがない内容。
 
  東京は基本4-4-2とはいえ、去年と違って各サイド担当は一人だけである。徳永はさすがに本職だからこなせているが、問題は規郎。守備でも攻撃でも貢献できていない。彼はやはり左ウィング的に使って、サイドバックは藤山か、復帰後の金沢というのがチームとしても規郎本人としても一番いいのではないか。

続きを読む "J1第8節 対千葉戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

原博実のG組分析

NHK「実戦ガイド2006 FIFAワールドカップ」

(NHK、博美になっってるゾ)

ヒロミすごいなー。新聞の番組表の見出しにまでなってるよ(朝日)。
Numberの寄稿もよかったね。特に「俺の好きなデポルティーボ(笑)」ってあたりが(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

値上げ?

  普段バックスタンド2階で見てるものだから、今年から東京のチケット料金が値上げされていたことをすっかり忘れてました。みなさん先刻ご承知でしょうが、変更仕様はこの通り。

  ゴール裏1階  値上げ(+300)
  ゴール裏2階  値上げ(+100)
  バック1階    値下げ(-400)
  バック2階    SB指定席新設。U自由席は据え置き
  メイン       据え置き

  だから必ずしも値上げとは言えないんだけど。というか個人的には「値下げじゃん!」という感覚なんですよね。ブログで発信するような熱心な人はゴール裏生息率が高いので「値上げ!」という声がよく聞こえるだけの話。

  実際、ファミリー層が旧G1席エリアから旧A席エリアに移っているので、バック1階はかなり混んでいます。たとえば開幕戦では満席でした(相手が大分なのに!)。余波でバック2階も混むようになっています。同じ時間に到着しても、いい席を確保するのがだんだん難しくなっているからね。
  その代わりゴール裏、特に端の方は明らかに減っていますね。でもこのアイディアは「安いからという理由でゴール裏に来る客層を、G1値上げA値下げでバックスタンドに誘導し、棲み分けを図る」ということだから長い目で評価したいと思いますし、今のところはいい方向に向かっていると思います。たとえ客が減っているとしても、それは一時的なものと楽観しています。

  私がちょっとやばいなと思っているのが、メインSS、SA席の観客が増えているように全然見えないこと。カテゴリー1のSS席6000円は他クラブに比べると高くはないけど、他の娯楽と比べるとねえ。かつ味スタは全体がよくできているが故に、メインの優位性が余りないスタジアムなのでね。SS席にはマッチデイ・プログラムかドリンク券をつけるなどお値打ち感をつけるのも一案かと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

日本代表、アディダスと大型契約

  朝日新聞より。
  若い人は知ってるのかな。つい最近まで日本代表のユニフォームは三つの会社で分担して供給していたのを。
  手元に1997年キリンカップの公式プログラムがあるが、そこの広告にはアディダス、プーマ、アシックスがオフィシャルサプライヤーとして仲良く並んでいる。この頃はフル代表、女子代表、U-23やU-20などの年代別代表のユニフォームを三社で分け合って供給していた。それも一年ごとにローテーションさせてね。たとえばある年のフル代表/女子代表はアディダス、オリンピック代表はプーマ、ユース代表はアシックス、翌年のフル代表はアシックスで...という具合。もちろんデザインは三社共通で、胸のメーカーロゴが異なるのみ。従って、アディダス製ユニフォームでもあの三本線はなし。
  一番わかりやすい例でいうと、1996-1998年当時の代表ユニフォームは有名な「炎のユニフォーム」だったわけだが、フル代表でいうと96年とフランス・ワールドカップ一次予選時はプーマ製、二次予選ではアディダス製。本大会では、若干デザイン変更があったものの、基本は同じデザインでアシックス製である。アシックスの当時の担当者が「我が社でなければ出せない青色だった。アディダスになってからの青にはがっかりした。」と発言していたのを新聞で読んだ記憶がある。私もその通りだと思う。あの深みのある青に帰ってきてほしい。
  アディダスの独占になってからというもの、同社の世界戦略の一つに組み込まれてしまったためか発色、デザインともにいまひとつ。というかデザインなんて他国の色違いにすぎないしね。なんか安っぽい。日本独自のデザインをもっと押し出せないものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

4/10 19:00~ J Sports 1「東京対磐田」

  ハラヒロミの解説で堪能。
  「やっと入れたね、ルーカス」「(ササの3連シュートに)うわー、うわー、うわー」「(ルーカス)復活しちゃったな」「今の点(クリのゴール)は気持ちよかったなー」などなど愛と笑いに溢れる言葉の数々。
  「徳永はここで見送っちゃいけないです。もっとできる」「増嶋は余ろうとするからね」「茂庭は緊張感をもってやるといい仕事をする。楽させると楽しちゃうから」と厳しくも温かい言葉。
  「やられてる方にしたら頭来るようなキープ」「やる気があるんだかないんだか分からないドリブル」「これ(梶山の身のこなし)は教えられない」と変態梶山を形容する珠玉の言葉。
  そして決め言葉「いい時間帯」。
 
  いやーもうお腹一杯っす。でもって、ちょっと涙腺が緩んだりして。この放送、我が家の永久保存版に決定いたしました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

ラモス瑠偉(ドキュメントスポーツ大陸)

  NHKの番組見ました。大学との練習試合の出来がふがいなく辛辣なヤジを飛ばしたファン。そこにのっそりと向かっていくラモス、想像するだにぞぞ毛が立ちますネェ。ただし画面上は背中しか映らず、実際はどんな表情だったのか。選手を守るのも監督の仕事、こういうところはさすがにちゃんとしてる。
  番組としては「7割の選手が新加入というとんでもない状況に立ち向かう、新米監督の苦悩と手応え」という切り口がもう少し強調されてるかと予想していたのだが、そこは割とあっさりしていたね。若い選手に話が通じなかったり、戦術面での多少の衝突はあったと思うのだが。あ、でも「まず俺を信じてくれ」と選手に言ってたので、それは今のところないということかも。柱谷都並の両コーチも、あくまでもラモスのサポートに徹する姿勢であることは明らかだったしね。あとは、いろんな外部の人の発言、つまり経営陣、スポンサー、OBの声は聞いてみたかった気もする。シーズン後に続編を放送してほしいですね。もちろんノブリン編も(番外で、お遍路さんをしてるらしい早野宏編も)。
  突っ込みどころとしては、平本の「自分ってオフには何もしない」発言(おいおい...)や、フェイントを教える都並コーチが現役より技術だけでなくスピードもあるのには相当びっくりしたぞ。菊地新吉コーチ出番なしでカワイソス。
  再放送があるそうなので、興味のある方はリンク先で確認してみてください。
 
  あとね、タイセーと喜名ガンガレー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛田給駅前の時計

  磐田戦の直前に撮影。
20060408_clock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やべっちFCにて

  ルーカスの2点目のあと、味方をにらみつけながらゴールポストに二回も蹴りを入れるキューちゃん能活、コワイヨー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

4/8 J1第7節東京対磐田

20060408_lucas  ルカルカルカルカルカルカルーカスゴール!あのルーちゃんがついにゴールゲットしたんですってよ奥さん!!あらいやだ、しかも2点も!!!


  磐田に往年の切れ味は全くなく、名波の個人技と右サイドの太田を除いては特に脅威となるような場面はほとんどなし。同点にされた場面だけは規郎がマークに付く相手に迷っていて開いた穴をきっちり破られたけど、不思議なことに同じ穴を突いてくることはなかった。
  東京だってそんなに凄くいい出来だったわけじゃないが、普通の相手にはボール支配で十分太刀打ちできるようになったように思える。だから今年は下位のチームに取りこぼす「いい人東京」はなくなっていくのではないか。浦和やガンバなどの強豪にはパスを振り回されてチンチンにやられるかもしれんが、そのときは去年までのサッカーをやればいいんだよ。そんな使い分けができるようになるのが理想。
  あと、栗澤のゴールは昨年第4節磐田戦の決勝点とそっくりでしたね。梶山キープ→左サイドを駆け上がった今野にパス→今野の折り返しを栗澤が決める、と。今日は梶山と今野の間に一人経由したけど。クリはこれで磐田戦3戦連続、というか全試合ゴール。個人的には、後半梶山の取られそうで取られないヌルヌルドリブルがツボでした。

  最後に、

続きを読む "4/8 J1第7節東京対磐田"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

4/6 FC東京ホットラインより

  「東京の練習は静かで、みんな黙々とやっている」by 川口ノブさん

  小平には一度しか行ったことないんだけど、やっぱそーかー。監督が替わって今までと違うこと「も」しなきゃならないのだから、練習中からガンガン行こうよ!

  明日は先発にササが復帰するようで一安心。ササとルーカス組み合わせは清水戦以来だっけ。わたしゃ「普通にササとルーちゃんの2トップでいいじゃん」と思ってるので期待が高まるね。

  ところで赤嶺君、じんだいフェスタで「楽しかったです」という顔が少しぎこちなかったぞ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

なんてことするんだ

ひらもと~!!!(怒
J's Goalより戦評。

しかもアシストはよりによって飯尾かよ。こいつらのせいでミニトト1等が水の泡に...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

4/1 J1第6節横浜Fマリノス対東京(TV)

  ようやく見終わりました。以下箇条書きで。

  • 解説の遠藤雅人氏、ダメ出しの嵐。聞いててちょっとしんどかった。言ってることは間違っちゃいないが、ハラヒロミや幸谷秀巳氏のような話芸にまでなっているかといえば、そうじゃない。
  • 徳永はボール持てばそれなりにいい仕事をするが、前にも言ったけど、ボールのない時の動きはちょっとねえ。この点で加地君とはだいぶ開きがあるよ。
  • 宮沢のミドルが枠に行った時はマジでびっくりした。
  • ルーカスは...ああルーカスは...なぜGK正面にシュートを撃つのか。ルーカス好きのおじさんは毎試合泣きそうになってるよ。
  • 赤嶺君はプロの厚い壁に当たってる感じ。まあ巻だって最初はこんなものだったからへこまないことだ(へこんでないと思うが)。
  • 「なんか客少ないなあ」と思って、過去の観客数を調べようとマリノスのサイトを見たら、去年のデータすらまるっきりないんだよね。Jリーグのサイトも同じようなもので2002年以前のデータはない。その点東京のサイトには1999年以降の公式戦データがすべて保存されていて、この点は大変素晴らしいと思う。

続きを読む "4/1 J1第6節横浜Fマリノス対東京(TV)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

加地君がCM初出演

日刊スポーツより

  なんかなあ、「名実ともにスターの仲間入り」ってなあ。マスメディアのこういう持ち上げ方って何百年経っても変わらないんだろうな。そんでこの記事を読んで「なんかカヂって選手は有名らしいぞ」と覚えちゃう人も多いんだろうね。はぁ。
  まあ、誰でも最初はそうなんだけどさ、でもさ、ぶつぶつ......。

  しかし大黒が「特異なキャラクター」ってどうよ。いつかテレビで見たツネ様んちの内装の方がよっぽど特異だったぞ <八つ当たり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jリーグ・ウィイレ10

Jリーグ・ウィニングイレブン10アジアチャンピオンシップ(7月20日発売予定)

ウイイレなら、一緒に闘える!一緒に作れる!!
10作目の集大成。進化を極めたシリーズ最新作のJリーグ版がついに完成!
シリーズ10作目の今作。ドリブルで相手を抜く、パスを通す、シュートを決める。
サッカーゲームの"爽快感"はそのままに、Jリーグ版ならではの各種機能を追加搭載しました。

  • 2006年シーズン開幕(2006年3月4日)時点でのメンバー登録を完全反映。以降に加入した選手の能力および容姿データはコナミ公式サイトにて順次公開いたします。
  • 2006年シーズンの新ユニフォーム、スポンサーロゴを完全再現。話題の飯田産業ロゴはもちろん、清水エスパルス胸ロゴも忠実に再現。
  • 2006年版レギュレーションに対応(愛媛FC追加。J1モードでは控え人数が7人に。ナビスコカップの一部ホーム&アウェイ組み合わせ)するとともに、マスターリーグでは控え人数を5人から最大12人までの可変設定することが可能になりました。
  • 審判のユニフォームの色が選択可能になるとともに、「ファウルを流す・普通・厳しく取る」が選択可能になりました。
  • Jリーグチーム固有の応援効果音がさらに充実。またチーム編集にて「応援横断幕の編集」「3rdユニフォームの作成」「ゴール裏広告(一部)の編集」が可能になりました。
  • 7つのスタジアムが追加されました。

続きを読む "Jリーグ・ウィイレ10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

4/2 リーガ・エスパニョーラ第30節クラシコ(バルセロナ対レアル・マドリー)(TV)

  何回見ても試合前の人文字に思わず鳥肌。これが現地だったら失禁ですよ、マジで。

  試合は、えーと審判がちょっとアレでしたね。やや高圧的な判定ぶりと出しまくりのカードに、思わずカッシーかと思いましたよ。PKの判定もこれがクラシコでなかったらどうだったんだろう。ただしその後冷静さを欠いたロベルト・カルロスはいかんでしょう。彼の退場で試合の興味がだいぶ薄れた。
  そんな中ロナウドの同点ゴールのシーンは凄かった。確かにモッタは肉離れを起こしたので追いつけなかったのだけれども、肝心なところでのロナウドはやっぱり速い。シュートもあのプレッシャーのかかる場面で余裕綽々のループシュート。これも鳥肌でしたね。 
  引分けで全然OKのバルサはチャンピオンズ・リーグに気持ちが行ってしまったのか、10人のレアルを前にして崩し方にいまひとつ工夫がなくシュートも枠に行かない。というか前回ちんちんにやられたセルヒオ・ラモスと急遽出場のメヒアがゴール前に危険な空間を作らせなかったということなのか。そんな中3回あった決定的チャンスもラーションがことごとくはずす。いやもうかわいそうなくらい"Not his day"でした。終了間際のヘディングではゴールに吸い込まれる軌跡が見えたんだけどなあ。

  バルサはシャビ、エジミウソン、マルケス、メッシに続きモッタまで失いチャンピオンズ・リーグ制覇に黄信号。実のところ私は本命バルサではなく、リヨン対ミランの勝者が優勝すると見ているのだがさて。

  東京の試合ですか。Jスポーツを録画しましたが見る時間がなくて...。うかうかしているとチャンピオンズ・リーグ制覇準々決勝第2レグの録画もたまっていくし、選手同様見る方も日程が詰まっていて大変だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

4/1 J2第6節、J1第6節など

  テレビを含め、一日サッカー観戦三昧。
 
1)J2第6節東京ヴェルディ対柏
  当ブログの題に反して柏ゴール裏メイン寄り一番端にて観戦。日陰でちょっと寒かった。今度来る機会があれば一番バック寄りにしよう。
  マッチデイ・プログラム表紙は大野敏隆。挑戦的。案の定試合前から柏ゴール裏ではハルちゃんいじりが。「キャバクラ大野!」って何のネタだろうか。もちろんヴェルディ側からは大野応援コールで反撃。さながら大野ダービー。
  しかし私の目当ては藤田泰成。左SBで先発なので私からは一番遠い位置。何やってんだか正直分かりませんが、1枚警告もらったようです。後半こっちに来たとおもったらあっという間に退場...(泣)。2枚目の警告はちょっと微妙かなとも思うが、足がやや高く上がってるのが悪印象。運がなかった。

続きを読む "4/1 J2第6節、J1第6節など"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »