« 方向は間違ってない <同意 | トップページ | 撃沈 »

2006年4月30日 (日)

手応え(J1第10節 対名古屋戦)

  今年の東京はやはり、調子のでない相手(ここまで大分、京都、磐田)にはきっちりと勝ちますね。地力がついてきたんだと思う。ボールへの寄せが速かったし奪った後の判断も速かった。またルーカスの2列目起用が、名古屋のマークが甘いこともあって今回は大成功。2点とも後ろからフリーでドーン!
 
  名古屋はなんつーか、玉田杉本の快速ツートップの活用法が全然徹底されていない。FWがボールを持つ回数をもっと増やさないと点は取れない。それでも名古屋がボールを持てばその細かいパス回しに東京は振り回され、かなりの回数ピンチを作られたが、土肥の神セーブとポストに助けられた。もし藤田が最初から出ていればやられていたかもしれない。藤田は終了5分前になって出場と、まるで時間稼ぎみたいな使われ方だったから、きっと体調が良くなかったのだろう。あとね、ジャーンがスピードで振り切られる場面が目についた。ちょっと心配。

  東京で目立ったのは梶山と今野。今の東京は梶山を中心にボールが回っている。ボールキープには絶対の自信を持ったようで、手を上手に使って相手をいなすプレーはもはや頼もしいの領域。運動量も増えたし守備もがんばってる。スライディングタックルでボールを奪った時は思わず声を上げちゃって、これが「萌え」というものかと思いましたよ、おじさんは(ちげーよ)。この調子で1年やってほしいが、まあきっとどこかで不調になることもあるだろう。そこからが本当の勝負だな。
  しかし梶山のトリッキーな動きにはいつも感心する。この手のファンタジスタ系の選手は、たとえばジャウミーニャやデルピエロやアイマールの場合、一瞬の身体のキレで相手をかわすことが多いのだが、梶山はあのヌルヌルした鈍い動きから切り返しやスルーパスが出てくる。まさに奇想天外くん(copyright by 妻)。ただし今日は楢崎に決定的なシュートを2本止められてからはちょっと消極的になったな。ここはもっとシュート打て。
  今野は規郎の曖昧な守備をかなり助けていたし、ボールを追いかけるスピードが誰よりも速い。規郎は...うーん...。アシストは収穫だが、もっと積極的に人に当たってほしいな。

  最後は疲れたんでしょう。やらなくていい点をあげちまったが、前の試合からのいい流れ(マリノスには負けたけど内容はよかった)をちゃんと引き継げていたのであたしゃとても満足。でも次の甲府戦は要注意。今まで清水や千葉のような人がよく動くチームには惨敗しているからね。それでも東京が中3日で甲府が中2日なのは幸運か。

  ※追加ネタ
  試合前飛田給駅からスタジアムに行く途中、全身マリノスで固めて、手にはマリノス旗まで持ってた人がいて、妻共々すご~く気になった。まさか水曜と間違えていたのでは...。当日券売り場(もしくはアウェイ側入り口)のほうに向かって行ったので見届けられなかったが、どんな格好で見てたんだろう。目撃者の方がいれば教えてほしいです。はい。

|

« 方向は間違ってない <同意 | トップページ | 撃沈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/9827677

この記事へのトラックバック一覧です: 手応え(J1第10節 対名古屋戦):

« 方向は間違ってない <同意 | トップページ | 撃沈 »