« 原博実のG組分析 | トップページ | 広島小野監督辞任 »

2006年4月16日 (日)

J1第8節 対千葉戦

  東京千葉ともに水曜日とほぼ同じ先発だったのだが、中2日だと基礎体力面での差が出てしまうのだろうか。千葉はいつもの通り全員がよく動くサッカーをしているのに比べ東京、特に守備陣がふわふわしていて集中していないように見えた。「なんかみんな軽いなー」と思っていたら巻に2点決められる。規郎はあいかわらずポジション取りが曖昧で(バックスタンド側だから気になって気になって)、1点目はそこの穴を使われた格好。
  後半どうしてくるのか、宮沢投入かなと思っていたらまさかの3枚替え。ここら辺、結構ガーロはギャンブラーだなと思ったが(これはこれでいい)、ササを交替させたのには驚き。ササが他の選手に比べ冷たく扱われているように見えるのは気のせいだろうか。
  3-5-2にして捨て身の攻撃に出たのはいいが、前半と同じようなやられかたで3失点目。千葉の速い動きについていけない(でもビデオで見たら、巻のアシストがすんばらしいよ。膝下のボールを頭でラストパス!)。このあと東京にラッキーな得点が2点はいるが、全体としては負けてしょうがない内容。
 
  東京は基本4-4-2とはいえ、去年と違って各サイド担当は一人だけである。徳永はさすがに本職だからこなせているが、問題は規郎。守備でも攻撃でも貢献できていない。彼はやはり左ウィング的に使って、サイドバックは藤山か、復帰後の金沢というのがチームとしても規郎本人としても一番いいのではないか。

  記事をアップしたあとで思い出したので追記。
  判定のせいで負けたとは思わないが、今日の審判ありゃ何よ。赤嶺が肘撃ち食らったのを目の前で見ていたバック側副審は何を考えてるんだか。彼は前半に、足が追いつかず千葉の明らかなオフサイドを見過ごしたりもした。
  主審もな。後半の後半で規郎がファウルをとられたチャージ。妻も言ってたが、あれだと体の強い選手が損するだけだよ。

|

« 原博実のG組分析 | トップページ | 広島小野監督辞任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/9618214

この記事へのトラックバック一覧です: J1第8節 対千葉戦:

« 原博実のG組分析 | トップページ | 広島小野監督辞任 »