« 日本代表、アディダスと大型契約 | トップページ | 原博実のG組分析 »

2006年4月15日 (土)

値上げ?

  普段バックスタンド2階で見てるものだから、今年から東京のチケット料金が値上げされていたことをすっかり忘れてました。みなさん先刻ご承知でしょうが、変更仕様はこの通り。

  ゴール裏1階  値上げ(+300)
  ゴール裏2階  値上げ(+100)
  バック1階    値下げ(-400)
  バック2階    SB指定席新設。U自由席は据え置き
  メイン       据え置き

  だから必ずしも値上げとは言えないんだけど。というか個人的には「値下げじゃん!」という感覚なんですよね。ブログで発信するような熱心な人はゴール裏生息率が高いので「値上げ!」という声がよく聞こえるだけの話。

  実際、ファミリー層が旧G1席エリアから旧A席エリアに移っているので、バック1階はかなり混んでいます。たとえば開幕戦では満席でした(相手が大分なのに!)。余波でバック2階も混むようになっています。同じ時間に到着しても、いい席を確保するのがだんだん難しくなっているからね。
  その代わりゴール裏、特に端の方は明らかに減っていますね。でもこのアイディアは「安いからという理由でゴール裏に来る客層を、G1値上げA値下げでバックスタンドに誘導し、棲み分けを図る」ということだから長い目で評価したいと思いますし、今のところはいい方向に向かっていると思います。たとえ客が減っているとしても、それは一時的なものと楽観しています。

  私がちょっとやばいなと思っているのが、メインSS、SA席の観客が増えているように全然見えないこと。カテゴリー1のSS席6000円は他クラブに比べると高くはないけど、他の娯楽と比べるとねえ。かつ味スタは全体がよくできているが故に、メインの優位性が余りないスタジアムなのでね。SS席にはマッチデイ・プログラムかドリンク券をつけるなどお値打ち感をつけるのも一案かと。

|

« 日本代表、アディダスと大型契約 | トップページ | 原博実のG組分析 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/9595808

この記事へのトラックバック一覧です: 値上げ?:

« 日本代表、アディダスと大型契約 | トップページ | 原博実のG組分析 »