« 飛田給駅前の時計 | トップページ | 4/10 19:00~ J Sports 1「東京対磐田」 »

2006年4月10日 (月)

ラモス瑠偉(ドキュメントスポーツ大陸)

  NHKの番組見ました。大学との練習試合の出来がふがいなく辛辣なヤジを飛ばしたファン。そこにのっそりと向かっていくラモス、想像するだにぞぞ毛が立ちますネェ。ただし画面上は背中しか映らず、実際はどんな表情だったのか。選手を守るのも監督の仕事、こういうところはさすがにちゃんとしてる。
  番組としては「7割の選手が新加入というとんでもない状況に立ち向かう、新米監督の苦悩と手応え」という切り口がもう少し強調されてるかと予想していたのだが、そこは割とあっさりしていたね。若い選手に話が通じなかったり、戦術面での多少の衝突はあったと思うのだが。あ、でも「まず俺を信じてくれ」と選手に言ってたので、それは今のところないということかも。柱谷都並の両コーチも、あくまでもラモスのサポートに徹する姿勢であることは明らかだったしね。あとは、いろんな外部の人の発言、つまり経営陣、スポンサー、OBの声は聞いてみたかった気もする。シーズン後に続編を放送してほしいですね。もちろんノブリン編も(番外で、お遍路さんをしてるらしい早野宏編も)。
  突っ込みどころとしては、平本の「自分ってオフには何もしない」発言(おいおい...)や、フェイントを教える都並コーチが現役より技術だけでなくスピードもあるのには相当びっくりしたぞ。菊地新吉コーチ出番なしでカワイソス。
  再放送があるそうなので、興味のある方はリンク先で確認してみてください。
 
  あとね、タイセーと喜名ガンガレー!!

|

« 飛田給駅前の時計 | トップページ | 4/10 19:00~ J Sports 1「東京対磐田」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラモス瑠偉(ドキュメントスポーツ大陸):

« 飛田給駅前の時計 | トップページ | 4/10 19:00~ J Sports 1「東京対磐田」 »