« 4/10 19:00~ J Sports 1「東京対磐田」 | トップページ | 値上げ? »

2006年4月13日 (木)

日本代表、アディダスと大型契約

  朝日新聞より。
  若い人は知ってるのかな。つい最近まで日本代表のユニフォームは三つの会社で分担して供給していたのを。
  手元に1997年キリンカップの公式プログラムがあるが、そこの広告にはアディダス、プーマ、アシックスがオフィシャルサプライヤーとして仲良く並んでいる。この頃はフル代表、女子代表、U-23やU-20などの年代別代表のユニフォームを三社で分け合って供給していた。それも一年ごとにローテーションさせてね。たとえばある年のフル代表/女子代表はアディダス、オリンピック代表はプーマ、ユース代表はアシックス、翌年のフル代表はアシックスで...という具合。もちろんデザインは三社共通で、胸のメーカーロゴが異なるのみ。従って、アディダス製ユニフォームでもあの三本線はなし。
  一番わかりやすい例でいうと、1996-1998年当時の代表ユニフォームは有名な「炎のユニフォーム」だったわけだが、フル代表でいうと96年とフランス・ワールドカップ一次予選時はプーマ製、二次予選ではアディダス製。本大会では、若干デザイン変更があったものの、基本は同じデザインでアシックス製である。アシックスの当時の担当者が「我が社でなければ出せない青色だった。アディダスになってからの青にはがっかりした。」と発言していたのを新聞で読んだ記憶がある。私もその通りだと思う。あの深みのある青に帰ってきてほしい。
  アディダスの独占になってからというもの、同社の世界戦略の一つに組み込まれてしまったためか発色、デザインともにいまひとつ。というかデザインなんて他国の色違いにすぎないしね。なんか安っぽい。日本独自のデザインをもっと押し出せないものか。

|

« 4/10 19:00~ J Sports 1「東京対磐田」 | トップページ | 値上げ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/9566607

この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表、アディダスと大型契約:

« 4/10 19:00~ J Sports 1「東京対磐田」 | トップページ | 値上げ? »