« 倉貫はん... | トップページ | 憮然...(J1第12節 対大宮戦) »

2006年5月 3日 (水)

連勝!(J1第11節 対甲府戦)

  テレビにて観戦。一時はどうなるかと思ったが、終わってみれば今季初の3ゴールで初の連勝。あー、気持ちいい!

  前半の前半は東京が一方的に攻めてたが、梶山のミドル3本がすべてGKに阻まれるなどいやな感じがしてきたところで失点。あれだけダイレクトで回されると東京じゃなくてもやられるでしょ。その後の時間帯も同じような形で何度も崩されるが、甲府の決定力の低さに救われました。
  後半の入りもちょっと良くなかったが、小澤を入れたあたりから活気が出てきてその後同点~逆転。
  今日は特にノブさんが素晴らしかったですね。画面にやたらと映ってましたよ。ひたすら裏を取ろうとする動き、敵陣でのCKのあとカウンターを喰らわないようにボールを追いかける姿、終了間際の時間で倒れたリチェーリを指してなにげに時間稼ぎ。いやぁ仕事人でした。若い子はノブさんからちゃんと盗むように。教えちゃくれないからね。
  リチェーリはなんつーか、こちらさんの言うところの「フッキ臭」が確かに漂ってましたね。ドリブルでボールを追い越してしまうのが何度かあったし、周りも余り見えていない。アシストはあったけどあれだけかな、今日は。

  ハーフタイムにガーロは相当怒ったのだろうなあ。テレビでも伝えてましたが「前半の結果に怒りをおぼえろ」はすごいですよ。熱いなあ。そして「絶対に負けられない戦いがここにもある」、ちょっと違ったか。

|

« 倉貫はん... | トップページ | 憮然...(J1第12節 対大宮戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/9888034

この記事へのトラックバック一覧です: 連勝!(J1第11節 対甲府戦):

« 倉貫はん... | トップページ | 憮然...(J1第12節 対大宮戦) »