« 巻!! | トップページ | ところで »

2006年5月16日 (火)

やっぱり福岡戦を振り返ってみる

まず、ゴール裏の太鼓は試合の途中で壊れちゃったのかな?いつの間にか音が変わっちゃったし、叩いてる席も屋根のある後ろのほうだったでしょ。ひょっとしてポリバケツ叩いてた?

試合は前半の途中までは悪くなかった。ノリオショットは2発ともいいところに行ったし、福岡が専守防衛・カウンター頼みだったのは明らかだったので「まあ負けはしないだろう」と。ところが前半の後半から雲行きが怪しくなる。カウンターを受けるのは目をつぶるとして(こっちは教習段階のポゼッションサッカーだからね)、その際数的不利になるのが多すぎるって。東京から見て2対3、3対4の場面が頻発。特に目についたのは両SBの帰陣の遅れ。徳永の裏を古賀に突かれること多数。福岡の決定力の低さに助けられて無失点で済んだけど、何かやな感じで前半終了。

前半全く目立っていなかった梶山に替えて後半からは伊野波投入。梶山交替は妥当だが本当ならばここで憂太か栗澤がほしいよねえ。怪我でいないんじゃ愚痴ってもしょうがないか。FW+ルーカスが決定機をはずしたというより、決定機自体が前半途中から少なくなってたからね。とにかく、ちゃんと配球できて流れを変えられる選手が控えに居なかったのが直接的な敗因だったように思えます。

そのあと阿部、ササとガーロ得意の早めの選手交代で流れを変えようとするが効果はなく、とうとう最後にカウンターでやられて0-1の敗戦。今年はいい試合が2試合くらいしか続かないなあ。選手たちもなんか元気がなかったね。1週間空いてたのだから疲労のはずはないし。消化試合でやる気がなかったのか?いや、でも川口は必死でボールを追っていたし、戸田は復帰戦だからやる気がないはずはない。阿部、ササも久々の出場で、戸田と同じ条件だ。梶山は「今日は悪い梶山」と納得できなくもないが、うーんよくわからない。次の浦和戦ではもしかすると金沢、憂太が出てくるかもしれない。というか何とか間に合わせてくれというのが正直な気持ちですね。

最後に。いつもバックスタンドU席後段最前列300番付近にいるオヤジ。おそらくソシオだが非常に醜悪な言動。「金返せ」だの「何やってんだ」など悪口を大声でわめき散らす。ヤジを全く言うなとは思わない。しかしこいつは内容が悪いときに悪態つくだけで、選手を鼓舞する声は全く発しない。一見さんならともかくソシオだったらそれはないだろう。全然フェアじゃないよ。

|

« 巻!! | トップページ | ところで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/10104020

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり福岡戦を振り返ってみる:

« 巻!! | トップページ | ところで »