« ワールドカップ変な名前集 | トップページ | 新宿経由土肥ツ行き一日前 »

2006年6月19日 (月)

日本対クロアチア

日本 0-0 クロアチア

引き分けの瞬間、テレビに映っていた日本人女性が喜んでましたね。
まあ、その人の判断ですからいいですけど、でもね、でもね、でもね、...。八つ当たりしたい気持ちになってました、すみません。

ヤナギはあの瞬間、右アウトサイドで折り返し、加地がワンツーできれいにゴールを決めるイメージを持ってたんじゃないのかな。最初からシュート打つ気がなかったんだよ、としか思えないあの場面。

私が今までサッカーを見てきた中で、存在自体を消したいと思っている場面が二つあります。一つはドーハの悲劇。もう一つは2003年、アマラオの東京ホーム最終戦における、ロスタイムの飯尾ゴール。それに匹敵するものになるかもしれません。

しかし後半の玉田のシュートといい、点を入れるのがFWの仕事だと思うんだけど、肝心のシュートがゴールラインと平行に飛んでしまうようでは...。

|

« ワールドカップ変な名前集 | トップページ | 新宿経由土肥ツ行き一日前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/10591488

この記事へのトラックバック一覧です: 日本対クロアチア:

« ワールドカップ変な名前集 | トップページ | 新宿経由土肥ツ行き一日前 »