« 山本昌邦氏、解説者で登場 | トップページ | 新宿経由土肥ツ行き七日前 »

2006年6月13日 (火)

怒りすら覚える敗戦

坪井には悪いけど、モニ出場で喜んだのもつかの間、ものすごく腹の立つ敗戦。「相手が強かったからしょうがないよ」とはとても思えない、つまり監督がジーコじゃなきゃ絶対勝てた試合。だいたい後半30分くらいの時点でなんで小笠原がウォームアップもしないでベンチにいるんだ?

妻の言葉が一番適切だと思ったので引用します。

「今日はジーコのチーム作りの悪い面、つまり固定、硬直した選手起用の弊害が全部出た試合。つまり、
・ 加地の代わりが駒野しかいない
・ 試合の最初から具合が変だった坪井の先発起用
・ 完全にバテていた中村を残して小野を投入
・ FWの序列にこだわって、終了間際まで大黒や巻を入れない
ということ」

|

« 山本昌邦氏、解説者で登場 | トップページ | 新宿経由土肥ツ行き七日前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/10502286

この記事へのトラックバック一覧です: 怒りすら覚える敗戦:

« 山本昌邦氏、解説者で登場 | トップページ | 新宿経由土肥ツ行き七日前 »