« 土肥ツでのこと(3) | トップページ | 土肥ツでのこと(4) »

2006年7月10日 (月)

終わっちゃいましたね

ココログが重くってなかなか更新できないので、いっぺんに語っちゃいます。

正直言って、今回のワールドカップは面白い試合が少ないなあと感じていました。クローゼ以外に唸らせるようなストライカーが登場しなかったこと、ブラジルとイングランドが(というかランパードとジェラードが)ショボいまま大会を去って行ったこと、チェコの面子(スミチェル、バロシュ、コラー)が揃わなかったこと、オランダ対ポルトガルという屈指の好カードがあんな試合になったこと、フリーキックが直接決まる場面が少なかったこと等理由は多々あります。しかし準決勝以降の試合に見所が多く、最後に帳尻がきっちり合ったなと思います。
自分にとってベストゲームは準決勝のドイツ対イタリア。特にあのイタリアがボールを支配して積極的に攻撃を仕掛けてくるというのに目を見張りました。また終了間際の2点目。従来のイタリアであればキープして試合終了だっつうのに、カンナバロが奪取->トッティ->ジラルディーノ->デル・ピエロのループと機能美の固まりのようなゴール。あれでご飯3杯はいけますね。
3位決定戦も楽しかった。双方にギラギラしたところがなく長所を見せ合ういい試合でした。しかし、フェリッポンはなんでヌーノ・ゴメスを冷遇したのだろうか...。ほんともったいないことしたよ。上川さん、ご苦労様でした。
そして決勝。イタリアが優勝してうれしいのですが、ジダンの退場には唖然。いや、ジダンの頭突きや蹴りや踏みつけは何回か見てるから行為自体に驚きはなく「ああ、またやってもうたのね」という感じだが、なんで自身の引退試合で大技かますかなあ。そこは理解できん。あと、マテラッツィがPKはずしていたら、おいしいところ総取りだったのになー。そこまで芸達者ではなかったようです。

さてこれでハレの日々が終わりケに戻ります。えーと、ササとナオとルーコンのスリートップ希望!

|

« 土肥ツでのこと(3) | トップページ | 土肥ツでのこと(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/10868181

この記事へのトラックバック一覧です: 終わっちゃいましたね:

« 土肥ツでのこと(3) | トップページ | 土肥ツでのこと(4) »