« オシムさんやるな | トップページ | 好スタート(U-21親善試合。対中国戦) »

2006年8月 6日 (日)

メインスタンドからの眺め(A3)

行って来ましたよA3。

A3_001

まずは前座試合の結果をどうぞ。

A3_002

結果しか知らない人には意外でしょうけど、前半は明らかにガンバが優勢でした。ボールを一方的に支配し面白いようにパスがつながるし、蔚山のGKが不安定だったこともあり決定機を山ほど作り出しました。しかしその決定機をガンバの2トップが全く決められない。一方蔚山は家長の上がった裏をうまく使い、極めて効率的に2点を奪う。家長のカバーでガンバ3バックのバランスが崩れたところで左に展開してドン!で2点。さすがに西野さんも堪忍できなかったようで、家長は前半で交代させられてしまった。家長が優れた選手であることは確かだし、いずれはフル代表に入るであろうが、今日のような状態(特に守備意識が低い点)では代表でのアレックス同様チームのアキレス腱になるのは間違いないだろう。

後半開始直後にイ・チョンスにゴールを決められると、蔚山が引いてしまったこともあり、ガンバは相手DFライン前でパスを回すだけ。無理なパス出しをカットされてカウンターを食らう様子は、悪いときの東京と全く同じさまであった。さらに後半のガンバ3バックは高さない、スピードない、闘志ないの3なし状態。カウンターを受けたときに3人とも引いて構えるだけで誰もボールにアタックしないもんだから、かえってスペースを与えてしまい、イ・チョンスやレアンドロのやりたい放題を許してしまった。ガンバはほぼベストメンバーでこの結果なので、西野さんも頭痛いことだろう。ますます薄くなっちゃいますね。

続いて第2試合。

A3_003

ジェフは巻、佐藤、羽生、立石、斉藤を控えに置きある意味実験モードの試合。しかしこのチームの布陣はいつ見ても面白いわ。4バックだか3バックだか2バックだかさっぱり分からない。基本的には右から結城、中島、水本の3人が最終ラインなのだが、結城のマーク相手(大連の10番)が開いて構えるので、結城がまるで右サイドバックみたいなポジションになり、センターバックは二人に見える。阿部もセンターに入ったり左に入ったりもするし、中島も結構自由に動くのでダブルリベロにも見える。
一方攻撃面では迫力不足。相手ゴール前まではスムーズに行くのだが勝負パス・勝負クロスが正確じゃなく決定的チャンスは少なかった。外国籍選手がもうワンランク上なら面白いように点が取れるだろうになあと思ってると、大連が一瞬の隙をつき先制ゴールを上げる。

ジェフは後半頭から巻、羽生を投入し勝負をかける。これが大正解で、相手を崩しきってのフィニッシュが激増。ジェフゴール裏に向かって攻める形であり、席の目の前で試合が進んでることもあってホーム側スタンドは大盛り上がり。私も日頃のストレスを思いっきり発散してしまいました。しっかし巻はストライカーとしてすごい進化を見せてるね。風格さえ漂わせるようになってきたよ。
結果は引き分けに終わったけれど、娯楽として十分楽しめた試合でした。

残念なのはこの日の動員がわずか17000人であったこと。スタッフもやる気なさそうで、プログラムを売ってた人なんか大声で「今日は暇でしょうがないので立ち読みOKでーす」なんて言ってたけど、それは勘弁してくれ。ガンバサポにとっても東京までくるのはつらいだろう。国立で開催するというステータスも重要かもしれないが、ホスト国のリーグ・チャンピオンに敬意を表して関西地区で開くという選択肢はなかっただろうか。

|

« オシムさんやるな | トップページ | 好スタート(U-21親善試合。対中国戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/11316710

この記事へのトラックバック一覧です: メインスタンドからの眺め(A3):

« オシムさんやるな | トップページ | 好スタート(U-21親善試合。対中国戦) »