« アシストランキング ○○○ | トップページ | ふふふふふふふふふじやまっ(J1第19節 対福岡戦) »

2006年8月21日 (月)

復活の日(J1第18節 対千葉戦)

「ひっさびさにサッカーの試合見たわ」by 妻

NHK-BS1にてテレビ観戦。
試合の頭であっという間に2失点。特に1点目は横パスをカットされたところを起点にされ、CKから先制点を許した。この横パスは決して蹴り損ないではなく、出し手の意図した通りの位置、スピードだったと思う。しかし、あんな遅いパスじゃ千葉には通用しない。「ああ、まだガーロの後遺症が残ってるなあ...。」と先を案じた。

ところが、相手は千葉であることが東京にとっては幸運だった。つまり、これが横浜、鹿島、浦和だったら早々に引いて守ってカウンター狙いに徹していただろうが、千葉はそういうことは絶対やってこないチームである。おかげで東京の攻撃方針はぶれることなく縦、縦への攻めを繰り返すことができた。2点リードされても下を向かなかった選手もほめたい。そんな中、前半獅子奮迅の活躍を見せたルーカスがゴールを決め、それ以降は東京が主導権を握り、試合は後半へ続く。

後半のMVP(Most Visible Player...最も目立ってた選手)は梶山。疲れのためかやや消えてしまったルーカスに代わって攻めの起点となり、2点に絡む。左サイドの信じられないくらい狭いところをヌルヌルっと抜けて赤嶺のゴールをお膳立てしたと思えば、今度はハース(?)の股をきれいに抜くパスを通したり、ゴール正面でのボヨヨンシュートと大活躍。あともう一つ、我が家で大爆笑を呼んだパスがあったのだが、これは改めて書きたい。

75分に梶山のパス→ナオのゴールでついに試合をひっくり返した東京だったが、これですんなり勝てるほど世の中甘くない。千葉のワイドな攻めに揺さぶられ続け、84分に羽生のすばらしいシュートで同点にされる。
ふつうこれでドローで終わりですよ。私もそうだが、たいていの東京ファンは引き分けでも十分満足しただろう。攻めにスピード感があったし、選手の足は最後まで止まらなかったし。ところが最高の料理はこのあとロスタイムに待っていた。右サイドをナオと徳永で粘り強く崩し、最後は速いクロスに阿部ちゃんが飛び込んでダイレクトボレーで決勝ゴール!!これにはちょっと感動したよ。東京がこんな風に勝てるなんて...ここ3年ほどの中でもベストゲームだよ...。ちくしょう心配させやがってこの野郎!

ところで阿部ちゃんの怪しいパフォーマンス、あれは何?インド人もびっくり?それともロシアの踊り?

もちろんこれで今後すべてうまく行くという訳じゃないだろう。最終ラインは千葉の早いパス回しに簡単に振り切られる場面(特にジャーン...)が目立ち、あと2、3点取られていてもおかしくはなかった。相手ゴールに迫った時に中央の上がりが遅いところもそのまんまである。小澤にベンチの意思をちゃんと伝えられなかったのは、明らかに監督のミスである。次の試合、また福岡とだが、きっと引いてくる相手なのでどうやって崩すかもだ。

しかし、今日の勝利で選手はきっと自信を得ただろう。同じ課題に取り組むにしても、気持ちの持ちようが全然違うはずだ。彼らはきっとやってくれると思う。私も信じる気持ちが復活したよ。

|

« アシストランキング ○○○ | トップページ | ふふふふふふふふふじやまっ(J1第19節 対福岡戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/11535549

この記事へのトラックバック一覧です: 復活の日(J1第18節 対千葉戦):

« アシストランキング ○○○ | トップページ | ふふふふふふふふふじやまっ(J1第19節 対福岡戦) »