« 夏の大花火どどーん(J1第19節) | トップページ | まずはお祓いをしてください »

2006年8月27日 (日)

そうそう世間は甘くなかった(J1第20節 対清水戦)

J-Sportsの録画にてテレビ観戦。今年はほんとに下に強く上に弱い。

うーん、清水の良さばかりが目立った試合でした。清水の選手の動き出しの早さと、ゴール前でのワンタッチパスの連続に東京は全然ついていけない。そのためにか、最終ラインがかなり引いたようになり、バイタルエリアを自由に使われてしまう。あれだけゴール前でポストやパス回しを自由にされれば負けるのは必然かと。

それでも何とか前半ロスタイムまで0-0で持ちこたえて、「ここをしのげばハーフタイムに修正できるかも」と思ったのだが、徳永がまたPKを与えてしまい(警告2枚で退場)、先制点を許してしまった。徳永、ちょっとスランプね。

後半はちょっと、東京の見せ場らしい見せ場はなかったね。完敗っす。

去年後半の快進撃と違って守備がいまひとつだね。リーグ再開後完封ゲームはまだありません。この試合の2失点めもジャーンと梶山の連携ミスに見えるし、どうしたらいいものか。今野の復帰を待つしかないのかな。

次節は徳永出場停止。茂庭も肉離れっぽいので無理だろう。ここのポジションにはふつうに伊野波、増嶋が入るとして、梶山、川口のところも入れ替えてほしいな。個人的には宮沢と憂太に先発してほしい。ただ、倉又監督はいっぺんに4人も先発を入れ替えるようなことはしないと思うが...。

|

« 夏の大花火どどーん(J1第19節) | トップページ | まずはお祓いをしてください »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/11626446

この記事へのトラックバック一覧です: そうそう世間は甘くなかった(J1第20節 対清水戦):

« 夏の大花火どどーん(J1第19節) | トップページ | まずはお祓いをしてください »