« メインスタンドからの眺め(A3) | トップページ | 味スタの芝について戯れ言 »

2006年8月 8日 (火)

好スタート(U-21親善試合。対中国戦)

前半の日本のシュートはわずか1本。サイドに引き出された日本DFがスピードでぶっちぎられる場面が頻発し、中国に一方的に攻められる展開。西川の好セーブがなければ2,3点はやられていただろう。後半立ち上がりにも決定的ピンチがあり、こりゃ先制されるのは時間の問題と思っていたらその直後、梶山のスルーパスを受けた枝村が右奥からクロスを上げ、これを左から回り込んだ本田が高ーいヘディングで決める非常にビューチフォーな形で日本が先制!うーん、サッカーって怖いね。決めるべき時に決めとかないとこうなるの典型。

この得点でがらっと流れが変わり、日本もチャンスを幾度となく作り出すようになる。17分には増田が落ち着いて決めて追加点。中国は後ろから行くタックルが多く、自ら試合の流れを切っていったみたい。ロスタイム5分には思わず「どこにそんな時間あったんだヨ」(copyright by ラモス瑠偉)だったが、なんとかこらえて2-0の勝利!!やはり勝つとうれしいね。
今の段階で選手の出来や采配をあれこれ評価する必要はないと思う。アウェイ基準の判定に慣れること、個々が力を付けクラブでポジションを奪うこと、連携を高めることを優先してほしい。

中国はまるでオーストラリア。高い、速い、強い。しかし担架隊は改善の余地がかなりあるだろう(をい)。ロスタイムに清水の青山が怪我したとき、日本のドクター二人も担架運びに参加していたのにはかなり笑えました。

ここからはテレビ局に対する要望。
まず民放では毎度毎度のことではあるが、先発メンバーの発表はキックオフ前にしてほしい。特に今回は録画だったんだからその時間はあったはず。しょうもないイメージ映像を試合前に数分も流すくらいなら、その前にちゃんとした情報をくれ。
あと、中国人の名前はもういい加減に現地読みにしてはどうか。たとえば中国U-21監督名は「ジャ・シュクアン」と「カ・シュウゼン」とで、あまりに違いすぎる。いまではインターネット上の情報や国際映像に触れる機会が多くギャップを感じてしまう。

|

« メインスタンドからの眺め(A3) | トップページ | 味スタの芝について戯れ言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/11333664

この記事へのトラックバック一覧です: 好スタート(U-21親善試合。対中国戦):

« メインスタンドからの眺め(A3) | トップページ | 味スタの芝について戯れ言 »