« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月28日 (木)

10月の日本代表FWを妄想する

巻、寿人、達也、ガナピ以外のメンバーを選ぶとして妄想してみますた。

◎播戸竜二
今一番のっているFW。ゴール前での判断力、嗅覚、泥臭さ、そしてなによりこいつには「怖さ」があるのが強み。ゴール前での仕上げの部分に力を発揮するタイプで、チーム戦術には参加せずに、ゲームの流れに乗るのが非常に上手。それは別に悪いことではない(私の大好きなインザーギがこの典型)が、オシムはどう見ているのかな。10月の試合には呼ぶのではないかと思うが。
あと、オフにサッカーを忘れる(本人発言より)のが弱点か。

○前田遼一
1トップ、2トップ、下がり目、いずれもそつなくこなし、足下の技術は高くパス出しも得意。意外に背が高く(182cm)、優男のイメージの割にヘディングも強い。目立った弱点はなくバランスがとれていて、入団直後にトルシエに呼ばれただけのことはある万能FW。戦術FWとしても機能すると思われ、実はオシム・ジャパンには一番フィットするのではないか。
ただしこれがウイイレなら非常に重宝する選手なのだが、実世界では「飛び抜けた長所のないFW」になりかけているような。これでもうちょっと凄味が出るといいのになあ。

△永井雄一郎
いつまでたってもブレイクしない未完の大器ももう27歳。2004年7月の対ヴェルディ戦独走ゴールのように、ドリブルの切れ味と足下の巧さでは日本人で一番だと心底思っているのだが、最大の弱点はボールのないときの動き。ゲームの中心から離れて、ひとりポツンと突っ立っている永井を何度見たことか。だから2トップや3-5-2の右ではなくて、ボールに触れる機会の多い3トップのウィングとして使ってほしいんだけどねえ。今季の浦和って守備的過ぎると思ってるのだが、その犠牲になっているような気が。

△古橋達弥
いかんせんチームがアレなので実際呼ばれたらクラブも本人も困るだろうが、代表で一度見てみたい選手。見た目もプレーも派手さはなく「いぶし銀」という言葉が似合うが、まだ25歳。運動量も多く、見た誰もが「いい選手だなあ」と思わずつぶやいてしまうタイプ。
つい2年前までJFL在籍というストーリーがあるので、選ばれるとマスコミが群がることは必然か。

これが6年後の話であれば赤嶺と小澤と祐介と李忠成(は韓国籍か)で決まりだと思うが。

あ、平山忘れてた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

ササ4点目

本日のエルゴラに載っていました。第2節以来のゴールで、ニューウェルズはあまり強いチームじゃなさそうだから、全8試合ほぼフル出場でこの成績は上々ではないでしょうか。

しかしネットではアルゼンチン・リーグの日本語情報はなかなか見あたらないね。ようやくボカの日本サイトで順位表を見つけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

読書の秋(J1第24節対鹿島戦)

食欲の秋、は文さんのお弁当ということで...えーと、えーと、オチを思いつけません!

20060925_1

BS-iでテレビ観戦。で、後でこのサポティスタの見出しを見たとき、てっきりBS-iで解説していた相馬直樹さんのコメントだと思いましたよ(実はレッズ相馬選手のブログ)。みんなこんな風に思ってるんじゃないの?

私が思うに、東京の選手の間には「こうやって攻めるんだ」「こうやって守るんだ」というイメージの共有が無いのではないか、ということ。ナオの突破も梶山のパスも上手く使えば強力な武器なのに、他の選手とかみ合っていない。例えばナオが右からクロスを入れようとしたときに前線の選手は横一線で待ちかまえていて、ボールがこぼれそうな地域には誰もいない。で、セカンドボールを拾えないので攻撃は単発で終了する、と。みんな自分しか見えてなくて、気がはやるのは分かるけれど、これじゃ得点できないっていい加減わからないのかな。誰か冷静に諭してやれないのかな。そこが歯がゆくて、もう。

あとさ、Numberの最新号のここ読んで、あの爺さんの言ってることを噛みしめてほしい。以下、引用します。

『日本人は戦術も、戦術的なファウルも含めてすべて、みなよく学んでいて、全部分かっている。だが、真の意味でのサッカーを飛び越えてそこへ行ってしまった。まず最初に、サッカーをすることから始めなければならない。ごく当たり前のことを学んで初めて、次に進めるのだ。日本は戦術的にははるか先に行っているのに、サッカーは遅れている。』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

クイーン公認海賊盤

私は原則として海賊盤は買いませんが、それがミュージシャン公認のものであれば話は別です。
クイーンの場合、iTunes Storeなどの配信サイトで公認海賊盤"Great King Hangman"を購入することが出来ますが、もっとたくさんの海賊盤を購入できるところがあります。
それが
ここ。クイーン公式ダウンロードサイトの一部にて"The Top 100 Bootlegs"と題して絶賛売り出し中です。これはクイーン側で海賊盤を買ってきてダウンロード販売に乗せちゃうっていう「海賊盤を海賊する」企画で、お値段は5ポンド均一と西新宿よりもかなりお安く設定されております。試聴もできるので、歴史的価値より音質が気になる方にもおすすめ、って自分のことだろ、それ。

ダウンロード・ファイルはWindows Media形式なのでiPodに直接転送はできませんが、Windows Media Playerで一度CDに焼いてそれをリッピングすればOKです。クイーン側もその方法を推奨しています(笑)。

なおこのダウンロード販売で得られた収益は、マーキュリー・フェニックス基金(日本窓口はこちら)というHIV感染者、エイズ患者救済を目的としたチャリティ団体に寄付されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

新iPod nanoの記事を見て思い出した

新しいiPod nanoでは、nano側でのギャップレス再生がサポートされたそうですね。これでライブ盤や組曲形式のアルバムも気持ちよく再生できるかもしれません。旧nanoもファームウェアの更新で対応できるそうです。ただ記事によると、逆に「曲間ありでの再生が出来なくなった」とも読めますが...。

この記事を読んで、アルバムを聴いたら「曲と曲の間がつながっている!」ってびっくりした31年前のことを思い出しました。1975年、私が洋楽ロックを聴き始めた頃のことで、クイーンの当時の新作「シアー・ハート・アタック」の3曲目から5曲目のところでしたね。「つながっている」というより、完全に一つの曲として演奏されているんですよ。そこからロックを聴きまくって「こういうの全然普通なんだ...」と気づきましたが。

ところで、iPodなどのデジタル・プレーヤーで不満なことは、曲間にギャップがあるにせよ無いにせよ、一律な設定しか出来ないってことですね。曲間が2秒だったり7秒だったり0秒だったり、アルバム内でいろいろ変化があるから面白いのに、プレーヤーに転送した途端に単なるベスト盤になってしまいます。こういう融通はカセットテープの方が勝ってましたね。あ、MDならできるのか?...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

J's Goalのお知らせ

J's Goal 「J1ゲーフラ特集」

9月9日分の写真の数が妙に少なかったのはこういう理由だったのか。

でも機材って何だろう。

1) 一眼レフカメラを忘れたので「写ルンです」で撮った。
2) デジカメの電池が切れたが予備を持っていなかった。
3) カメラも電池も十分に持っていったが、ケースの鍵をなくした。

あ、シャレになってない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重症だなあ(J1第23節 対京都戦)

MXを録画しておいたものでテレビ観戦。
実はBSで放送されていた川崎対磐田戦をリアルタイムで見てから東京の試合を続けて見たのだが、あとから見た東京の試合のつまらないの何のって。

メリハリが全然ないのよ。サッカーが小さい。緩急の変化、パスの長短の使い分け、いずれもなし。サイドチェンジも伊野波以外誰も試みないし、選手自身の左右入れ替わりもなし。

地元局の解説者は「東京はボールを持って少しドリブルしてから、さあどこにパスを出そうか考えてますね」って言ってましたね。普段東京の試合は余り見てないだろうに、簡単に見破られちゃいましたよ。

これは「憂太と栗澤は両立しない」とか「ルーカスのワントップは無理」とかの起用法やシステムの問題じゃないと思う。選手の「サッカー頭」をどうにかしないと。とにかく「気持ちで頑張る」以上のものが見えない。

救いはワシントンだけだったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

そうだ、国立、行こう(J1第23節清水対鹿島戦)

「しみずたいかしません」と入れて漢字変換したら「清水退化しません」になってしまった筆者です。こんにちは。でも退化していなかったのは鹿島の方でした。

ここまで8戦負けなしの好調清水と、前節は京都に勝ったものの内容は悪かったらしい鹿島の対戦。鹿島は中田浩、鈴木、小笠原とここ数年を支えた主力が去り、この日は本山(負傷欠場)と柳沢(後半途中出場)も先発にいない布陣。アレックス・ミネイロも水曜のナビスコを睨んでかベンチスタート。対する清水はチョ・ジェジンが出場停止から戻りベストメンバー。こりゃ清水の優勢と読んでいたのだが...。

続きを読む "そうだ、国立、行こう(J1第23節清水対鹿島戦)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

totoの新商品「BIG」デビュー

公式サイト
スポーツナビの記事

ざっと読んだけど、やっぱりなんかズレてるよな。

このくじは買い手が予想する余地が全くないから、サッカーに興味がない人向け、たまに宝くじを買う人向けの代物だろうと思う。一口300円というのもジャンボ宝くじを意識してのことだと思うけど、もしそうだとしたら「宝くじ並みにどこでもサクッと買えるようにしろ」と私は言いたい。

つーか、totoが苦戦してる理由は当選金が低いことや、当たりにくいことや、ましてやJリーグの人気がないことではないだろう。街角で売ってない&売ってないから買えない、という極めて単純な理由じゃないか、というのが私の意見。

totoの中の偉い人は「コンビニで買えるようにしてあるから」と言うかもしれないが、BIGの場合、通常のtotoが買えるファミリーマートが外れてなぜかローソンだけになっているし、端末機でのタッチパネル操作はカジュアル・ユーザーには好まれないと思うなあ。レジに3000円出して「バラ10枚!」という感覚に限りなく近づける必要があるんじゃないか。

そもそも、なんで最初から宝くじ売り場で売らなかったんだろう。toto初年度のころ「どこで売ってるの?」「なんで宝くじ売り場で売ってないの?」という話しが職場でよく出ていたと記憶しているのだが、totoの運営側からこのような視点で語った記事を見たことがないのがとても不思議な感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

家本SR左遷か?

スポーツナビより

まあ、さすがにこれだけ続くとね。穴澤氏や高山氏のように急に成長する場合もあるから、精進してくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやくササのゴールを見ました。

J Sportsのアルゼンチン・リーグ前期第1節ハイライトで、ようやくササのゴールを見ることが出来ました。

1点目は左コーナーキックを打点の高いヘッドでドカン!味方の24番ともうひとりが相手(ベレス・サルスフィエルド)のDFを引っ張ってくれたこともあり豪快なゴールを決めました。MCの人も思わず「いい時間帯に決めました」なんて言っちゃって。
2点目は中盤でボールを持ったササが右サイドで待つ相棒FWのカルドソにパス。カルドソはGKともつれながらもアクロバチックな姿勢でループシュート。これはベレスのDFがかろうじてクリアしますが、そのリバウンドをササが落ち着いて叩きつけてゴール左隅に決まり2点目。このあともクロスバー直撃の惜しいシュートがあり好調のようでした。背番号は9。期待されてるんですね。

日産スタジアムでの愚挙のことを聞き心がささくれ立っていたので、ササのゴールに救われた気分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

茶飲み話風に押し切ってみる(J1第22節 対甲府戦)

ようこそいらっしゃいました。なんにもありませんが、まあこれでもご鑑賞ください。去年はお姉さま方の姿を拝むことが出来ませんでしたからね。いや眼福でございますよ。
そういえば京王線の電車、なんか飛田給に停まる本数が減ってませんでしたかね。あたしら夫婦なんざ、試合開始まで2時間を切っているのでてっきり飛田給に停まるもんだと思って調布で乗り換えたら、あーた府中まで連れて行かれちまいましたよ。あはは。思わず映画でも見ようかなんて話しも飛び出すくらいでして。

で、折り返しの各駅停車に乗って飛田給駅に着いたら、階段のところに背広を着た京王の社員さんが数人横並びで待ちかまえていて、こりゃどこかのお通夜の案内かと思いましたよ。ありゃ一体全体何だったんざんしょねえ。直通高速バスの廃止となんか関係があるんでしょうね。FC東京の中の人もずいぶんご立腹の様子でしたからねえ。

続きを読む "茶飲み話風に押し切ってみる(J1第22節 対甲府戦)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

よくがんばったWOWOW

今季のリーガ・エスパニョーラの放送が、昨季までと同じくWOWOWで放送されることになりました。ふう、まずはめでたい。

スカパーの魔手から救ってくれてありがとう!って、別にスカパーが食指を動かしていた事実を確認したわけではないですが、かといって無関心だったってこともあるまい。

こんな話もあるということは、交渉はスペインサッカー協会、リーガの協会相手ではなく各クラブごとに行っているということだろう。そりゃ手間も掛かるし価格も上がるわな。

続きを読む "よくがんばったWOWOW"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

フレディ・マーキュリー"Remixes"

ひとりフレディ祭り継続中です。

今回は、未入手だったアルバム"Remixes"をアマゾンのマーケット・プレイスで新品を非常にリーズナブルな値段でゲット。現品限りだったみたいで今はもうない。いやあラッキーでした。

Pict0222

このアルバムは題名の通り、フレディの死後たぁくさん発表された別バージョン on 12インチ・シングルを集めたものです。別ミックスを網羅したというわけではなく全6曲という中途半端な曲数が何ともはやですが、今となってはこのCDでしか聴けないバージョンも入っているので侮れません。
発売は1993年で現在はたぶん廃盤です。日本でもかつて「リヴィング・オン・マイ・オウン」という題名のミニアルバムとして出ていたようですが、こちらも廃盤です。

【収録曲】
1) Living On My Own (No More Brothers extended mix)
2) Time (Nile Rogers 1992 remix)
3) Love Kills (Wolf Euro mix)
4) The Great Pretender (Malouf mix)
5) My Love Is Dangerous (Jeff Lord-Alge mix)
6) Living On My Own (Roger S mix)

このうち、ハードな 3)と 5)、クールな 6)がいい出来。4)はギターのイントロで始まるバージョンで、これはこれでいい味を出している。

なお、新しいベスト盤は輸入盤(英盤)の値段を確認してからってことで未注文。アメリカ盤の発売は10月になるそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

ひどかった代表戦(アジアカップ最終予選イエメン対日本)

いやあ、ひどかったですねえ、代表戦。

代表の出来が? - いえいえ、この悪条件の割に動けたと思うよ。
1点しか取れなかったこと? - いえいえ、2位になればいいんだから勝ち点3は期待以上の成果。
ピッチ状態? - 確かにひどかったけど、相手と条件は同じ。
熊さんがうるさい? - 何を無礼なことをおっしゃる。熊さん最高。


何がひどかったってあなた、カメラワーク。いやあ、これはホントにひどかった。

TBSなんて、途中から「これは国際映像です」って言い訳のテロップ出しっぱなしだもんな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

実況:大熊清

録画しておいたので見ましたよ、サウジ対日本戦。

妻「あーこれはもう、水曜のとうこくりえさんの漫画に熊さん絶対載るよね!」

はらたいらさんに全部ってくらい同意w。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

こ、これで親善試合ですか?

昨日の夜「やべっちFC」で見たデンマーク対ポルトガル戦のハイライト。凄すぎます。特にデンマークの3点目の崩しなんて、あーたもう。

そこまでに紹介されてたスペイン対リヒテンシュタインとかイングランド対アンドラとは明らかに違うハイレベルさに大興奮だったのですが、これってユーロ2008の予選じゃなかったのですね。すっかり真剣勝負だと思って見入ってしまいました。

(うぇーん、ネット上に情報がないよー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »