« totoの新商品「BIG」デビュー | トップページ | 重症だなあ(J1第23節 対京都戦) »

2006年9月17日 (日)

そうだ、国立、行こう(J1第23節清水対鹿島戦)

「しみずたいかしません」と入れて漢字変換したら「清水退化しません」になってしまった筆者です。こんにちは。でも退化していなかったのは鹿島の方でした。

ここまで8戦負けなしの好調清水と、前節は京都に勝ったものの内容は悪かったらしい鹿島の対戦。鹿島は中田浩、鈴木、小笠原とここ数年を支えた主力が去り、この日は本山(負傷欠場)と柳沢(後半途中出場)も先発にいない布陣。アレックス・ミネイロも水曜のナビスコを睨んでかベンチスタート。対する清水はチョ・ジェジンが出場停止から戻りベストメンバー。こりゃ清水の優勢と読んでいたのだが...。

言葉は悪いですが、鹿島は「腐っても鯛」でした。いや今日の試合は腐ってませんでしたね。立ち上がりから鹿島がボールを支配し何度も清水ゴールに迫る。選手の運動量が特別に多いわけでなく、超絶技巧や高速ドリブルがあるわけでもないのだが、何となくボールを常に支配している。
途中で気が付いたのだが、ボール自体がすばやく動いてるのですね。鹿島は相手ゴール直前以外での横パスはなく、必ず角度をつけたパスをワンタッチ、ツータッチで出している。またパスの受け手もスペースを見つけてさぼらずに上がってくるので、常に二つ以上のパスコースが確保されている。それが何というか非常に理詰めな動きで、見ている私が「ああ、ここに出せばいいのに」というところにほぼ必ずパスを出してくる(もしくは選手が飛び出してくる)。だから「おっとそう来ましたか!」と意外性に唸らされる場面はないけれど、急所を繰り返し突いてくるので清水にとっては相当いやだったろうと思う。今年から監督が替わり、メンバーも相当入れ替わってもこのような(点を取るのがFWでなく中盤の選手という点も含めて)「鹿島らしいなあ」というサッカーをやれるというのは日本のクラブの中では今のところ珍しいと思うし、それはそれで評価すべきことだと思う。

でもじゃあこれがサッカーとして面白いかというとそれはまた別の話で、華のある選手がいないせいもあり、鹿島ファンは勝利以外の快感を得ることは難しいんじゃないか。というか、勝利にこだわるとこういうサッカーになるんだろうね。まあ、東京ファンの私が言っても大きなお世話だと思うけど。

最後はおまけ

パルちゃん
Pict0255

子パルちゃん
Pict0251

バックスタンドからのお姉さま方の眺め(手ぶれですまぬ)
Pict0249

俺たちの淳吾は前半途中で負傷退場(これは清水には痛かった)
Pict0248

|

« totoの新商品「BIG」デビュー | トップページ | 重症だなあ(J1第23節 対京都戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/11925230

この記事へのトラックバック一覧です: そうだ、国立、行こう(J1第23節清水対鹿島戦):

« totoの新商品「BIG」デビュー | トップページ | 重症だなあ(J1第23節 対京都戦) »