« 10月の日本代表FWを妄想する | トップページ | これだよ、これっ »

2006年10月 1日 (日)

歯ぎしり(J1第25節 対新潟戦)

試合が終わったあと、挨拶にきた選手たちに対してブーイングすべきなのか、それとも拍手で迎えてあげるべきなのか、どうしていいかわからなかった。

もちろん試合結果は望んでいたものじゃない。個人としてミスを繰り返した選手もいた。でも、やる気や戦意がなくなってしまった訳じゃないのは、見ていてよくわかった。選手それぞれは確かに戦っていた。

ただ、これは確実におかしいと言えるのは、選手たちそれぞれがバラバラに戦っていると言うこと。一人一人は優秀な選手でも、そのベクトルが合わなければただの烏合の衆だ。なぜ去年の連敗時期と同じことを繰り返すのか?みんなのベクトルが一つに合わさったのが、0-2からひっくり返した、あの千葉戦ではなかったのか?なぜ敗戦から、勝利から学ぼうとしない?

|

« 10月の日本代表FWを妄想する | トップページ | これだよ、これっ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/12105948

この記事へのトラックバック一覧です: 歯ぎしり(J1第25節 対新潟戦):

« 10月の日本代表FWを妄想する | トップページ | これだよ、これっ »