« フミさん | トップページ | 「ら」 »

2006年11月27日 (月)

I'm proud of FC Tokyo.(J1第33節対浦和戦)

20061126_00

スコアレス・ドローだったけど、非常に中身の濃い良い試合でした。

みんな良かったけど特にすばらしかったのが中盤の三人(憂太、今ちゃん、梶山)。三人とも運動量が半端じゃなかった。憂太は前線から最終ラインに至るまで常に顔を出し続け攻守に奮闘。今ちゃんはヘディングの競り合いに完璧に勝利。そして梶山は得意の変態ドリブルを再三披露しスタンドは爆笑の渦(をい)。
ルーカスは鬼キープを見せつけ、ジャーンはワシントンにほとんど仕事をさせなかったし(ジャーンはやっとトップフォームに戻ったよう)、伊野波と藤山は丁寧にボールを拾い続けた。塩田は最初はちょっと危なっかしかったけど、途中からは安定していた。ナオと徳永は序盤右サイドを制圧し、アレックスを交替に追い込んだ。戸田は......まあアレがないと戸田じゃなくてインザーギになっちゃうからこれでいいかも(ごめんな戸田)。

試合の白眉は後半40分。憂太のロングパスに反応して前線に飛び出したのは梶山と規郎の二人。うわぁ梶山速い速い。こんなに速く動くカジャーマ見たことないぞ。で、梶山がオサレにヒールで落としたボールを突っ込んできた規郎がハードヒット!角度的にもガンバ戦のタイガーショット再現かと思ったが、残念ながら山岸の守備範囲内。いやホント、あれは惜しかった。もし決まっていればこの場面を肴に中ジョッキ3杯はいけるところだったが...。

勝つことは出来なかったけれどシュートの数もチャンスの数も浦和を上回っていたのではないか。3バックにして平山投入、ツートップで勝負という手もあったような気がするが、替えにくかったのも事実。私はこの内容であれば十分満足である。妻も「どうしようか迷ってたけれど、来年もソシオを続ける」と言ってくれたので家庭も円満(笑)。ここ2年で東京と浦和の間にずいぶんとチーム力の差がついてしまったことは認めるしかないが、その相手に対して真っ向勝負を挑んだ東京を私は誇りに思う。

でさマスコミのみなさん、トップ3に対して終盤で勝ち点1しか許さなかった東京のことをもっと取り上げてくれてもいいんじゃないの?

最後に運営について。席割りについてネット上であれやこれや不満が飛び交っていたようだが(変なトラックバックも来たw)、当日の運営は見事だったと思う。席種によって感想は変わると思うけど、うちらのいるU自由席あたりに関しては完璧。バック側通路を中央で完全に遮断しホーム側に赤い人が紛れ込むのを防ぐとともに、U席とホーム自由席の入り口にはいつもより念入りな「アウェイチームグッズを身につけての入場は出来ません」を追記した張り紙を掲示(普段は「アウェイチームの応援は出来ません」だけだと思う)し、いざこざの種を排除。去年の同カードではバック側通路で両チームファンが混じっていて、且つ赤い人がハーフタイムに通路ですぱすぱタバコを喫っていてちょっとヤバそうな雰囲気だったことを考えると、今回東京ファンが安心して観戦できる環境を作ったことを評価したい。売り切れと言う割にホーム側の席が埋まっていなかったのは残念だったけど、これは我々の問題だ。

あとは写真です。

20061126_01
文さん感謝ダンマク

20061126_02
文さんあいさつ

20061126_03
バックスタンド前でのあいさつ

|

« フミさん | トップページ | 「ら」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/12846692

この記事へのトラックバック一覧です: I'm proud of FC Tokyo.(J1第33節対浦和戦):

« フミさん | トップページ | 「ら」 »