« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

ジェフおじさん@飛田給(対浦和戦番外編)

対浦和戦に行くため飛田給駅の階段を下りたところで、提灯つるした自転車でおなじみのジェフおじさん発見!でも、なんでここに。あれ?提灯が浦和の選手ばかりだよ。

20061126_04

20061126_05a

続きを読む "ジェフおじさん@飛田給(対浦和戦番外編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月28日 (火)

「ら」

今年も来ましたよ、正真正銘の「ら」が。なんか切ない季節だねえ。

20061128
日刊スポーツより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

I'm proud of FC Tokyo.(J1第33節対浦和戦)

20061126_00

スコアレス・ドローだったけど、非常に中身の濃い良い試合でした。

みんな良かったけど特にすばらしかったのが中盤の三人(憂太、今ちゃん、梶山)。三人とも運動量が半端じゃなかった。憂太は前線から最終ラインに至るまで常に顔を出し続け攻守に奮闘。今ちゃんはヘディングの競り合いに完璧に勝利。そして梶山は得意の変態ドリブルを再三披露しスタンドは爆笑の渦(をい)。
ルーカスは鬼キープを見せつけ、ジャーンはワシントンにほとんど仕事をさせなかったし(ジャーンはやっとトップフォームに戻ったよう)、伊野波と藤山は丁寧にボールを拾い続けた。塩田は最初はちょっと危なっかしかったけど、途中からは安定していた。ナオと徳永は序盤右サイドを制圧し、アレックスを交替に追い込んだ。戸田は......まあアレがないと戸田じゃなくてインザーギになっちゃうからこれでいいかも(ごめんな戸田)。

続きを読む "I'm proud of FC Tokyo.(J1第33節対浦和戦)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

フミさん

三浦文丈選手 現役引退のお知らせ

トーチューのこの記事を見たときから覚悟はしていましたが、やはり...ですか。14シーズンお疲れさまでした。

2年前小平に行ったときのこと。ファンサでの若い選手は何か固い感じの子(梶山の座らない目とか...w)もいたりするんですけど、文さんは女の子をだっこしてあげたりして余裕綽々で、さすがサーファーショップの旦那(違う)だなあと。

これでなおさら日曜は負けられません!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

三浦アツ対本田、無回転ブレ球FK対決は

5000コマ対2000コマでアツの圧勝。さすが天下のNHK。

モーション・マルチモーフィング・カメラで撮った三浦淳宏の無回転シュートは半端じゃなく凄かったですね。ボールの軌道が放物線じゃなくて上下左右に波打ちながら落ちるって、なにそれあんた反則だよ。9月の神戸対鳥栖戦で、35メートルも距離があったのにキーパーが動けず、「2回曲がった」との伝説が生まれたFKもきっとこれだったんですね。11月25日(BS 2)と11月26日(BS hi)にも再放送があるので、未見の人は絶対見るべし。防衛庁のカルマン渦萌え~な研究者にも注目(笑)。

それにしてもブラジル戦の映像が何度も出てきて、能活超カワイソス。

NHK「スーパーカメラドキュメント」番組ホームページ
同番組紹介PDF
ヴィッセル神戸公式内おしらせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

ブッフバルト後任に原博実?

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2006/11/17/01.html

うぎゃー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

Hello Goodbye

♪紅茶の美味しい喫茶店~♪(違う)

11月も中旬になり来期の契約が気になる時期、いわゆる「ら」の季節になりました。

千葉DFストヤノフが新たに2年契約
元日本代表MF増田が今季限りで引退 (いずれも日刊スポーツ)

ストヤノフ残留はうれしいですが、記事をよく読むとハースは退団ですか...。怪我がちだったから仕方ないとはいえ、非常に残念です。千葉で唯一色気のあるプレーが出来る選手なんでね。増田は、去年のあの柏の惨状の中で一人気を吐いていたのに、まさかの戦力外通知。「嘘だろ?」と思ったものです。選手としてのピーク時に大怪我してしまって、あれさえなければ北澤級の選手にはなっていたと思うんだけど。東京にも1シーズン在籍してましたね。

続きを読む "Hello Goodbye"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

U19代表お疲れさま(アジアユース決勝)

アジアユース決勝  日本 1-1 北朝鮮(PK 日本 3-5 北朝鮮)
北朝鮮が30年ぶりの優勝。

BS朝日にてテレビ観戦。夜も更けて参りましたので手短に。
北朝鮮の方がスピード、技術、スタミナ、戦術の徹底とすべてにおいて日本より上。だから優勝できなかったのは妥当な結果。解説の松木さんも言ってたけど、日本の子らは今のうちにたくさん悔しい思いをして、今後の試合に活かしてくれればそれでいい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月11日 (土)

主役は奥谷主審(J1第30節対川崎戦)

20061111a

また今ちゃんかよw ホント上位をいじめるのが好きだねぇ。

「あそこで打つ自分が結構凄い。」このコメントも結構凄い、というかおかしすぎだよ今ちゃん。インタビュワーの質問聞いてないしw

一時は1-4となった劣勢からの逆転勝ち。千葉戦といいこの間のガンバ戦といい、このチームはリードされてからじゃないと本気出ないのか?と小一時間問いつめたいところだけど、勝ったからまあよしとするか。しかし増嶋と伊野波のCBはやっぱりアレだったり、徳永は相変わらずひとりでプレーしているし、どうも今年はこのまま行きそうだね。平山は割とよかった。梶山はなんか消極的でしたね。

それにしても主審の奥谷氏。ありゃなんとかならんのか。試合を荒らしたのは選手じゃなくて審判だろう。前半は東京が(特にルーカスが)、後半は川崎の選手達が判定にカリカリ来てるのが見ててよく分かったよ。川崎なんか腹立てて、試合終了時のあいさつせずに帰っちゃったもんな。マルコンへの2枚目なんて「あ~、悪いとこみっけ!」みたいに嬉々としてカード出したもんな。

ところで妻が抽選で初めてなんか当たりました。私はいまだにハズレ街道ばく進中です。

20061111b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

はらたいらさんに全部

肝不全ってやっぱ酒のせいなのかな。
こちらの写真を見ると、往年の面影がないほど痩せてしまっていますね。

同郷の先輩のご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

アマラオ監督初勝利

JFL後期第12節
横河武蔵野  1-2 アルテ高崎 (武蔵野陸上競技場)

今日は東京をほったからしてJFL行って来ましたよ。
高崎は夏に大量解雇があったので一体どうなるやらと思ってましたが、前半は選手の出足が速くシンプルに前に運ぶサッカーで武蔵野を圧倒する出来。8分には横河GKが蹴ったフリーキックを、高崎25番今井がダイレクトボレーで蹴り返すとボールはそのままゴールの中へ。ラッキーな先制点が生まれた。このあと20分くらいまでに4回決定的な場面があったが決めきれず, その4回目のチャンスの直後武蔵野11番小林に同点ゴールを許してしまう。この辺でもう高崎選手の足が止まってしまい、試合の流れは武蔵野へ。再三危ないシーンがあったが何とかしのぎきり1-1で前半終了。

後半も武蔵野が優勢で進むものの、55分にセットプレーの流れから粘り強くつなぎ、最後は高崎15番松本がヘディングで押し込み高崎がリードを奪う。このあとは一方的な武蔵野ペース。ゴールライン上から掻き出す場面が3回くらいあったような。それでも何とか逃げ切って、アマラオ監督初勝利となりました。

ここからは写真です。

続きを読む "アマラオ監督初勝利"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

アジアユースの実況(日本対タジキスタン)

BS朝日でテレビ観戦。タジキスタンのミドルが結構枠に飛ぶのは迫力でしたね。ツボにはまれば大勝ちしそうなチームでした。

それはそうと、実況がミニ角澤みたいでなんだかなあでしたね。「ある意味~」「ここは何々したいニッポン」といった言葉遣い、森島と梅崎を間違える(身長データが頭に入ってなく、背番号だけで判断していると思われる)、枠を大きくはずしたシュートをあたかも際どいものであったかのように大げさに言う、「最終戦でイランに引き分ける可能性を考えると、大量得点が必要なニッポン」(引き分けなら文句なしの単独一抜けです)、等々。

おそらく民放的には注目度の低い大会なので若手アナに機会を与えているのだろうけど、それ自体は分かるけれど、何も角澤の悪いところを真似ることないだろ。角澤に良いところがあるかと言われると黙っちゃうけど...。つまり何だ、テレ朝では「若手は角澤を見習え」という指導方針があると理解して良いということだな?

あ、現地で実況していることを前提で書きましたが、ひょっとして東京でテレビ実況なのかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »