« 選手を単なる駒として扱って欲しくない | トップページ | 原監督、大型補強宣言!! »

2006年12月 7日 (木)

エリック・クラプトン東京公演(12/6)

追加公演が発表されるまでは千秋楽だったはずの日なので、武道館はスタンド一番上の席までぎっちり満員。これだけ埋まった武道館は珍しい。にもかかわらず今回の席は、ステージに向かってほんの少し右、アリーナの前から3列目という、チープ・トリック@厚生年金に続いてとんでもなく良い席。サウンドメイト枠恐るべし。

今回は選曲をかなり変えてきたよ、クラプトンおじ。なにせTears In HeavenもChange The Worldもやらない。BadgeもWhite RoomもI Shot The Sheriffもやりません。クラプトン名義の最新作"Back Home"から1曲もなし!

1曲目がTell The Truth、次にKey To The Highwayをぶっといアレンジでやって今回のツアーのテーマを提示。そのテーマは「ぶいぶいとトリプル・ギターで押しまくる演奏を聴かせる」ということ。そいでもってついに来ましたよ4曲目、うわぁLittle Wingだぁー!!!Well she's walking through the clouds♪~ くぅー、もうこれだけでチケット代の元は取ったかと。

で、この選曲を見ておわかりの方もいるでしょうが、この日の隠れテーマは「デレク&ザ・ドミノス」、って全然隠れてないか。ステージ中央でボトルネックをフィンガー・ピッキングで引きまくってるお肌すべすべなブロンドの若手変態ギタリストが、デュエイン・オールマン(私らの世代では「デュアン」だけど(笑))に見えてしょうがない。そういえばもう一人の左利きギタリストが、ポンテとフランサを足したみたいな風貌で妙にハマッたぞ。

コンサート自体が今までに比べるとちょっと短い(約90分)のが不満といえば不満ですが、まあそれくらい。12/8と12/9の券はまだあるそうなので、近年のソフト路線に不満だったファンも行ってみるのがよろしいのではと。

|

« 選手を単なる駒として扱って欲しくない | トップページ | 原監督、大型補強宣言!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/12958838

この記事へのトラックバック一覧です: エリック・クラプトン東京公演(12/6):

« 選手を単なる駒として扱って欲しくない | トップページ | 原監督、大型補強宣言!! »