« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月25日 (月)

パスモ悩む

私はバス通勤なので、バス共通カードの使用頻度が非常に高い。だもんで、来年からオートチャージ付きパスモを申し込もうと考えてたんだけど、ここの記述を見てちょっと迷ってしまった。

ただし、バスポイントの累積は1ヶ月間(毎月1日~末日)のみであり、翌月にはポイントがリセットされる。このため、現行のバス共通カードと比べて、割引率が低下することが多くなるものと思われる。

公式リリースの3頁目にも確かにそう書いてある。なんだかちょっとガックリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

ポール・スチュアート

もうオープンにしてもいいと思うので書きます。

先週末、妻と某デパートで買い物していたときのこと。紳士服、ポール・スチュアートのコーナーでFC東京のオフィシャル・スーツとサインボールをしげしげと見ていたら、店員が「サポーターの方ですか?」と声をかけてきた。

店員「来週の月曜(12月18日のこと)、原新監督が採寸にお見えになる予定です。」

ヒロミ・オーダーメイドスーツ、

キターーーー(・∀・)ーーーー!

その場で、「きっと自転車で来るので駐車券は要らないと思いますよ」というギャグをかまそうと思ったが、言えなかった。残念。

妻は
「倉又さんはスーツ作ったんですか?」と聞きそびれてしまったのを、たいそう悔しがっていました。あと、ジャーン残留直訴も。

選手も時々来るそうです。地元民なら、どのデパートか大体察しがつくよね?

ポール・スチュアート内ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

アンチョビ

じゃない、ワンチョペ

あー、やっぱりササは帰ってこないのね。

ところで前田、ジャーン、中澤、松尾の抜けた守備陣の補強は?来年、伊野波はオリンピック予選でしょっちゅう抜かれるのよー。


あ、大化けするはずの増嶋を忘れてたこのブログ、まっすうに妙に冷たいのは内緒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

Jリーグ・アウォーズ感想

Jリーグ・アウォーズが発表されましたね。

★ベストイレブン
GK 川口能活    (磐田)
DF 田中マルクス闘莉王    (浦和)
DF 山口智    (G大阪)
DF 加地亮    (G大阪)

MF 鈴木啓太    (浦和)
MF 阿部勇樹    (千葉)
MF 中村憲剛    (川崎F)
MF 谷口博之    (川崎F)
MF 遠藤保仁     (G大阪)

FW ワシントン    (浦和)
FW マグノ・アウベス(G大阪)

ボランチばっかじゃねーか。さては選考委員長はオシムたんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

2006シーズン東京10大ニュース

あっさり天皇杯が終わっちゃったので、今年のまとめでもいかが。

続きを読む "2006シーズン東京10大ニュース"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

原監督、大型補強宣言!!

復帰記者会見より抜粋(from トーチュー)

「残念だけど、Jリーグはある程度日本人が守って、強力な外国人ストライカーが決めれば優勝する。そういう選手を取ってくるのか、育てるのか。オレが戻るわけにはいかないんでね」。笑顔でジョークを交えながらも、新シーズン開幕までに大型補強を突き進める考えを明かした。

というわけで、

原監督 小笠原獲りへ






みなさん想像通りのオチですみません......。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

エリック・クラプトン東京公演(12/6)

追加公演が発表されるまでは千秋楽だったはずの日なので、武道館はスタンド一番上の席までぎっちり満員。これだけ埋まった武道館は珍しい。にもかかわらず今回の席は、ステージに向かってほんの少し右、アリーナの前から3列目という、チープ・トリック@厚生年金に続いてとんでもなく良い席。サウンドメイト枠恐るべし。

今回は選曲をかなり変えてきたよ、クラプトンおじ。なにせTears In HeavenもChange The Worldもやらない。BadgeもWhite RoomもI Shot The Sheriffもやりません。クラプトン名義の最新作"Back Home"から1曲もなし!

続きを読む "エリック・クラプトン東京公演(12/6)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

選手を単なる駒として扱って欲しくない

来季契約非継続選手について

ジャーン退団 東京で5年間鉄壁を誇ったブラジリアン今季限り

大分戦後ルーカス談話
「日本人と同じ気持ちで、いつでも精いっぱいに、チームのために頑張ってきた。日本を、FC東京を愛している選手だし、ケガの時だって無理をしてでも戦ってきた。僕たちを象徴してきた選手だと思う」。


ジャーンを表すのにこれ以上何を付け足す必要があるだろうか。
プロである以上、しかも助っ人外国人選手という立場上、高いレベルでの結果が求められるのは当然のこと。だからクラブがジャーンの契約を継続しないという選択はあり得ると思う。
でも、ジャーンを「東京」というチームの象徴として考えると、その選択は果たしてどうなんだろうか。私の気持ちは、今日のエントリーの題名通りだ。東京はチェルシーや読売ジャイアンツになってはいけないのだ。

続きを読む "選手を単なる駒として扱って欲しくない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

アジア大会なでしこジャパン対ヨルダン

ヨルダンDFの23番の選手。

テレビで見てたけど、きれいよ~(はあと)。まだ18歳だよ~。だけどサッカー選手は筋肉質だから体重が68kgもあるのよ~。

大会公式ページの写真では美しさが伝わらんす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »