« とんかつダービー | トップページ | まっすう...orz »

2007年3月 4日 (日)

既視感(J1第1節 対広島戦)

20070303

岡林信康のライブが予想以上にノリのいいものだったので気分良くして試合に入ったら、そのあと思いっきり冷や水をぶっかけられたような試合。佐藤寿人の2点は、去年の味スタでの広島戦のデジャブのような、裏をきれいに取られてサクッとワンタッチで決められたもの。4点目のきっかけとなったシュートも含めて、うーん、寿人には「東京のここを狙えばいい!」という何かを会得されてるって感じ。

気になったのはナオ。去年復帰してからは中に顔を出す回数が増え、サイドべったりではなくなったので「うんうん、プレーの幅が増したな」と感心していたのだが、前半12分にクロスバーを叩く惜しいシュートがあった後は、特に後半はサイドに開きっ放しでクロス一辺倒の攻撃。これも2005年の悪かったころを思い出すようなプレー。あれはルーカスと平山に合わせろという監督の指示だったのだろうか?それとも憂太とかぶらないように気を使ったのだろうか。

全体的にも、点差が開いたので放り込み中心の攻撃になったのだと思うけど、もっとパスで相手を振り回しても良かったんじゃない?ルーカスの2点目の時点でまだ30分あったし、広島ディフェンスも結構崩れそうな雰囲気もあったのだが。

あと今ちゃんと福西の連係も今ひとつだったような...。二人とも上がっちゃって4バックの前がぽっかりの場面を何度か見たような。

救いは藤山。相変わらずのインターセプトや、体を相手に寄せてバランスを崩し味方にボールを奪わせるプレーなど職人芸(妻に言わせると
「あれは芸術」)のオンパレード。後半は2点返したことよりも、この藤山を見られたので結構満足している。これを倉敷さんがどんな風に実況してくれるか、これから録画で見るJ Sportsがとても楽しみである。

|

« とんかつダービー | トップページ | まっすう...orz »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 既視感(J1第1節 対広島戦):

« とんかつダービー | トップページ | まっすう...orz »