« U-22マレーシア対日本(確かに良くはないが...) | トップページ | PASMOはじめました »

2007年3月19日 (月)

既視感2(J1第3節 対磐田戦)

決定的シュートを4回止めた能活を褒めるべきなんでしょうけど、だったら引き分けで勝ち点1は取れるわけで、負けたのはどうも東京の自滅感が強い。

前半は東京がキープできないと言うよりは、磐田にボールを持たせていた展開。その磐田、やはり藤田も名波も前田も成岡も菊地も福西も(!)いないのは相当ダメージなようで、球は回すけど全然脅威に感じない。縦のパスが全くない。こりゃひどいなあと思ってたらファブリシオが立て続けに2枚警告を喰らい退場。西村主審は、前節の鹿島ガンバ戦でもそうだったけど、選手と「この次ファウルしたらイエロー出すよ」みたいな会話を一切しない人なので、やれやれ今日もかよと思ったけど、やべっちでみたらありゃファブリシオのラフプレーだったのね。まあしかたないか。相手が10人になってから東京のチャンスが明らかに増えるが、能活にスイッチが入ってしまったようで(特に前半41分の連続シュートを止めたあれ)0-0のまま前半終了。ホント能活は逆境に強い。

ところが後半の東京は前半の磐田を真似たかのような試合運び。ボールは一方的にキープするんだけど、足下で必ず1回止めるパス回し、開きっぱなしのウィング、前線に貼りつくフォワードといういつもの悪癖が出て、本当に磐田を崩したシーンは皆無。今にして思えば、中央からドリブルとミドルシュートで仕掛けられる梶山の不在が痛かった。

そして82分、セットプレーから鈴木秀人に決勝点を奪われる。まるで予め決まっていたかのような展開。あのFKの時、連れに「やな予感がする」とぽつりと言ったら本当にその通りになっちゃって、つくづく言霊の恐ろしさを感じたのですが、似たような予感はスタジアムにいた多くの人が持っていたんじゃないかな。守備に集中しなきゃいけないのに、選手の心の中は「なんで点がとれないんだろう」と攻めのことを考えてる。そんな感じ。

前線へのフォワード貼りつきと、その結果バイタルエリアに人がいなくなる癖は以前からの問題で、今年も改善の兆しがないね。ここをどうにかしない限り優勝争いなんて100年早いと思う。試合後のブーイングは結果を出せなかったこともあるけど、むしろ中身に対してなんじゃないか。少なくとも私が見ていてわくわくするようなサッカーではなかった。

ワンチョペは言われるほど悪くない(練習をまじめにせず不興を買っているのかもしれんが)。もっと簡単に使えばいいんじゃないの?イメージとしてはロナウド。前線での守備は期待せずにとりあえずボールを預けてしまってみればいいのでは。それで結果が出なかったらしょうがない、本人のせい。あと、皆やたら芝に滑ってるのが開幕戦の時から目につくんですけど、あれはどういうことかね。

-------------------------------------------
いやあ一夜明けて読み返す↑と、笑いのかけらもないな。機嫌悪いの見え見え。3/21は味スタでヴェルディ-セレッソ戦を見る予定。お口直しとなるか?

|

« U-22マレーシア対日本(確かに良くはないが...) | トップページ | PASMOはじめました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/14313007

この記事へのトラックバック一覧です: 既視感2(J1第3節 対磐田戦):

« U-22マレーシア対日本(確かに良くはないが...) | トップページ | PASMOはじめました »