« はりまや橋 | トップページ | もっと無駄に音楽を聴こう »

2007年4月 5日 (木)

良かったんじゃないの(ナビスコ第3節 対大分戦)

録画しておいたMXTVでテレビ観戦。箇条書きで簡単に。

  • 久々に見ていて面白い試合。東京の選手の動きが軽快で、例えば中に切れ込む規郎。空いたサイドのスペースを使う栗澤や金沢。
  • 久々先発の梶山は粘度復活。やはり2列目より第2ボランチのほうが慣れてる分やりやすそう。でもフル出場しちゃったから、土曜日はダメかも。
  • アシストを決めただけでなく、ゴール前に2回3回と現れる金沢。こういう動きが出る時の東京は良い。
  • やはり温泉でリラックスした効果か。
  • ワンチョペの、あのワンタッチスルーパスは凄かった。
  • 梶山とチョペの超絶キープ合戦なんてあるとすごいだろうなあと妄想。
  • 憂太とプラティニとの肘打ち合戦にw。
  • 片山主審はファウルを流しているんじゃなくて、実は見えていないということを発見。チョペを突き倒した大分の7番は、少なくともイエローだろ。

大分はあれで出来が悪かったんですか?(監督選手)まあ松橋は2回の超決定機のうち一つは決めておかないといけないとは思うが、根本、高松(前半ベンチ)、アウグスト、藤田といったレギュラーを外してあれだけできるし、味方がボールを持ったときに5-6人が前に向いて攻め上がって来るのはかなり迫力あったぞ。後半は大分のCB陣もどんどん攻め上がってきて、あの連動は大した物だよ。

|

« はりまや橋 | トップページ | もっと無駄に音楽を聴こう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/14563785

この記事へのトラックバック一覧です: 良かったんじゃないの(ナビスコ第3節 対大分戦):

« はりまや橋 | トップページ | もっと無駄に音楽を聴こう »