« もっと無駄に音楽を聴こう | トップページ | 肉 »

2007年4月 9日 (月)

....... (J1第5節 対新潟戦)

後半何分だったか、ナオが爆走し一気に相手ゴール近くに切れ込む。前にはルーカスとワンチョペが前を向ける状態で待っているのにナオは自分でシュートを打った。ボールはキーパーを脅かすことなく大きく枠を外れ、フォワード二人は頭を抱えた。

ナオ、ここで言ってることとやってることが違うよ...。熱血のあまり視野が狭くなって味方が見えなくなってるよ。

しかし、ここで一番まずいなあと思うのは、ナオを怒鳴りつける人間が東京のフィールドプレイヤーにはいないということである。

例えば浦和だったら闘莉王が形相を変えて怒るだろう。彼は年上の山田や小野、ポンテに対しても言いたいときは言ってる。ガンバだったらマグノ・アウベスがあのガイコツのような顔でにらみつけるだろう。川崎だったら選手が言わなくても、関塚監督が持ち前のピッチへの果敢な飛び出しで(笑)、真っ赤な顔して怒鳴りつけるだろう。強かったころの磐田だったら中山や名波やドゥンガらに、それこそ袋叩きのように怒られただろう。

ナオのシュートはありとしても、他に選択肢があったこと、味方を信じてプレーしていないことはその場で言われないと身に染みないよな。たとえば今野は、現在以上のハイレベルな選手になるには、それを指摘して自己修正できるように持っていかないといけないはずなんだが(余談だけど、こないだの代表戦でオシムが今野を呼ばなかったのは、あの爺さん、この苦境での今野のキャプテンシーを見極めようとしているのではないか?)。それともそれができるのは川口なのか、藤山なのか、茂庭なのか。原さんは福西にその役割を期待しているようだけど、果たして彼はそういうタイプなのか。自分も過去にこういうことを書いていますが、東京の選手のおとなしい気質を変革できないと上には行けないでしょうね。

*******************************

かなり落ち込む試合ではあったが、収穫もあった。それは、塩田はPKに強い!ということを発見したこと。これで今季3回目のPKだったが、飛ぶ方向はすべて当たっているのだ。PK3回目ってのは多すぎですが。

|

« もっと無駄に音楽を聴こう | トップページ | 肉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/14619478

この記事へのトラックバック一覧です: ....... (J1第5節 対新潟戦):

« もっと無駄に音楽を聴こう | トップページ | 肉 »