« 結果だけ(U-22シリア対日本戦) | トップページ | アマラオ氏 »

2007年4月23日 (月)

味わい深い試合(J1第7節 対横浜FC戦)

題名は妻の発案です。なんというか、複雑な味わいでしたね。

意外なことに、試合頭は横浜FCが結構前掛かりに来た。カズがさすがのプレーで決定機を2回作りこっちは肝を冷やす。特に10分過ぎくらいかな、塩田がカズに完全にかわされた時は1点を覚悟しましたよ。

そのあとは何となく膠着状態になり、何となくセットプレーで東京が先制し、何となく逃げ切ってホーム初勝利。試合後駅に向かいながら、「横浜FCって、助っ人外国人や久保や奥がまともに出場できないようじゃ、かなりしんどいよね」なんて妻と話していたのだが、考えてみれば、東京もよそを心配している場合ではない内容。

選手が一生懸命やってるのは分かる。藤山と浅利と栗澤はいつか過労死するのではないだろうかっていうくらい。でもね、この試合で東京のパスワークに客が沸いた場面がありましたか?オーレオーレの声があがったのは、最終ラインでボールを回しているときだけでしたよね(つーか、あんなんでオーレ言うな)。シュートが枠を襲って緊迫感が盛り上がったのは、確かルーカスのシュートでの1回でしたか。一番盛り上がったのは、ひょっとしてキッズ・チアリーディングの時ではなかったですか?やっぱ梶山と憂太がフル稼働しないとつらいよなあ。と、ネガティブな発想ばかり湧いてくるのをどうしよう。

でもなあ、2005年にずーっと勝てなくって、アウェイで清水に1-0でやっとこさ勝って、でも相手は当時内容どん底の清水だしなあと思ってたら、次の試合でマリノスにバカ勝ち(規郎大爆発のあの試合ね)したこともあったなあ。あのときも発端は加地、藤山、金沢、モニ、規郎、ルーカスと、怪我人だらけになったことだしなあ。モニとエバウドが戻ってくれば、とりあえず負けは少なくなるかもなあなんても思っています。

そういえば、東京の選手だけでなく、横浜FCの選手も(菅野もカズも)滑っていたのはなぜ?相変わらず解けない、味スタ芝の謎であった。

|

« 結果だけ(U-22シリア対日本戦) | トップページ | アマラオ氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/14820036

この記事へのトラックバック一覧です: 味わい深い試合(J1第7節 対横浜FC戦):

« 結果だけ(U-22シリア対日本戦) | トップページ | アマラオ氏 »