« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

ピッポ風味を満喫(UCL決勝)

録画しておいてなかなか見る機会のなかった、UEFAチャンピオンズリーグ決勝をようやく見ました。決勝だけは16:9のハイビジョン放送なのね。ミランの試合巧者ぶり(特に後半)が目立ち、イタリア好きの私にはウハウハな展開。リバプールは押していた前半に点を取れなかったのがすべて。

しかし、相変わらずピッポいい味出してるなあ。先制点なんか明らかにハンド。あれをファン・ニステルローイがやると「ったくせこい真似しやがって」と思うが、同じことをピッポがやると「ま、しょうがないか」と許せてしまうというか。

2点目も見事。守備ラインのギャップを突いて裏へ抜け出した動き、キーパーの脇の下を狙って枠に流し込んだシュート。しびれましたっす。

ピッポは背が高いわけではなく、足が早いわけでもなく、ボールさばきが上手いわけでもない。ひたすら裏を狙い続けて十年余。人に使われてナンボのストライカー。ピッポのどこが好きかって、そういう自分のことを完全に把握しているところですよ。

見るからに性格悪そうだし、金貸したら踏み倒されそうだし、女たらしなのは有名な話だし、シミュレーションだって上手にやってのけるし、守備はあんまりしないし、個人的にはあまりつきあいたくはない人だが(笑)、プレースタイルには全くブレも妥協もない。芸風を超え芸術の域(ちょっと褒めすぎ)。日本には絶対生まれないタイプの選手だと思うんですけどどうでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

千葉やばい(J1第12節)

先週末はテレビ観戦まみれ。因みにマリノス対東京の試合はJ Sports頼みのため木曜まで見られましぇん。で、見たのはこの4つ。

  • 名古屋対浦和
  • 甲府対清水
  • シュツットガルト対コットブス(時々シャルケ対ビーレフェルトも)
  • 千葉対広島

で、この中では千葉がかなりやばいと思う。阿部、坂本、ハースが抜けた穴が埋まらないだけでなく、けが人多すぎ。こないだから順にストヤノフ、山岸、水本、佐藤、羽生とレギュラーばかり。特に山岸、佐藤、羽生は試合中のけがで気の毒な限り。山岸、水本はすぐ戻って来れたけど、佐藤、羽生は長期離脱濃厚。2005年前半のうちみたいだ。

続きを読む "千葉やばい(J1第12節)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

カズをなめるな

横浜FC公式

三浦知良選手のコメント:
「自民党より
オファーを頂きましたが、お断りいたしました。
土曜日の試合に向けて、しっかりと調整をして全力で頑張ります。」

オファーということは、移籍金と年俸の提示はあったということだろうか...。

しかし去年の日産スタジアムでの事件といい、自民党ふざけんな。



カズ擁立で最終調整 自民、参院比例区で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近職場でtotoの話題が多い

昼休み。
なんか今後ろの方で若手社員がtotoの話をしています。

「14試合も予想するのうざいじゃん」
  自分で予想する方式のは13試合です。

「前のくじは勝ち負けと点差を予想するんじゃなかったっけ」
  そんなくじはありません。それに「前のくじ」ってなに。

「昔は2点差以上つくか予想するなんてくじもあったけどな」
  そんなくじも、聞いたことありません。
 
「試合が土曜だから、木曜までに買えばいいんじゃねえの」
  この状況では間違いと言えませんが、土曜まで売ってることは知らない様子。

で、いつの間にか会話はロト6の話に移っていきました。最近の売り上げを支えているのはこういう人たちなんですね。

それにしても予想するのうざいですか。そうですか。まあ私もBIG買ったし、年末ジャンボも買うけどね。


...でtotoのサイト見てみようと思ったら、
今日もダメじゃん!!

20070516_toto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

後半43分から「眠らない街」(J1第11節 対千葉戦)

ってのはちょっと早過ぎますってばw

試合前のバックスタンド2階の雰囲気は、明らかにいつもと違っていた。メンバー紹介時の声出しも、ユルネバから選手入場につながる手拍子も、最近経験したことのないハイテンション。選手入場時には立ち上がって「オイオイ!」を叫んでる人もちらほら。やはりそれは「イギリス人になめられてたまるか」という思いからだったのだろうか。それとも「今日大敗すれば順位はもちろん、ヒロミの首もかなり危うい」という危機感からだったのだろうか。

とにかく、横浜FC戦から中2日だったのにも関わらず選手が元気だったことが大きかった。なにあの鬼プレス。なにあの攻撃的守備。2点目から4点目までは千葉がプレゼントしてくれた点だったけど、これもプレスが効いていたからこそ生まれた得点。

もちろん今ちゃんの言う「浮かれすぎるな」はよく分かる。千葉を連携で崩して得たゴールは一つもない。先取点後の10分くらいと後半35分過ぎの、東京が主導権を握っていた時間帯に得点できていれば最高だったのに。相手がロングボールや引きこもりで中盤を捨ててきたらどうするのだろう、とも。

で、次節はカジャーマ、イノピー、ヒランヤマが香港遠足遠征帰りで迎えるわけだが、果たしていい内容を2試合続けられるか...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

ウイイレ新作の噂

とあるウイイレ系有名掲示板によると、8月にPS2用ウイイレの新作が出るそうだ。それもJ版+欧州のやつ。どうやらPS3版の開発が遅れており、つなぎのためのマイナーチェンジらしい。この3年続けて、シーズン終了間際になってやっとこさJリーグ版が発売されていたことを考えると、たとえつなぎとしてもうれしい噂だ。

しかしそうすると、今年の今までのデータが基になってるだろうから、東京はすっごく弱い設定ジャマイカという悪寒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

悲しい気持ち(ナビスコ第5節 対横浜FC戦)

以下、全然観戦記になってません。それでもよろしければお読みください。

続きを読む "悲しい気持ち(ナビスコ第5節 対横浜FC戦)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

なんだこのアイコンはぁぁぁぁ!

アドビ史上最大の製品発表――「Creative Suite 3」日本語版

記事の一番下参照。
FwだのAiだの...このセンスの無さには涙が出そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月 8日 (火)

ソガ隊員死去

アクターズプロモーション社長の阿知波信介さん死去

きのうMXのウルトラセブンで、ソガ隊員とダン隊員が主役のシュールな傑作「第四惑星の悪夢」を見たばかりなのですが。

  • 割と気が短いソガ隊員
  • マドロス姿のコスプレが似合う(?)ソガ隊員
  • 女子大生の婚約者がいるソガ隊員
  • 射撃の名手のソガ隊員(キングジョーを倒したのも、セブンをガッツ星人から救ったのもソガ隊員です)
  • 相手に撃たれる回数も多いソガ隊員
  • 変身するのに邪魔になるのでダンに殴り倒されたのもソガ隊員


ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

無惨なクラシコ(J1第10節 対川崎戦)

本日は現地参戦でした。まだ映像を見ていないので個々のデータに間違いはあるかと思いますが、そこはご容赦願います。見たら適宜修正します。

長文です。

続きを読む "無惨なクラシコ(J1第10節 対川崎戦)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

マスター、いつもの。(J1第9節 対鹿島戦)

妻曰く、「鹿島はゴールに近くなるとパスが速くなるのに、東京は遅くなる」。なんかもうこれですべてって感じで書くことがない。

試合終了後のあいさつの時、バックスタンドからのブーイングはなく、結構拍手が出ていた。でもこれは、客が内容に満足してたというわけではなく、不満な客はとっとと帰ってしまっていたというのが実態。2点目を取られてからの落ち着きと工夫の無さはどうよ。

ここからリーグ戦は、川崎→千葉→マリノス→名古屋→清水→浦和→甲府→ガンバ→また鹿島と実力のあるチームとの対戦が続く。一個も勝てない事態もありうるだろう。とにかく次節の川崎戦、相手は我那覇、マギヌン、ひょっとすると中村も欠場であるから、なんとしてでも勝ち点3をもぎ取って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

トーチューのキッチン猿江の記事

トーチューの「FC東京365日」がリニューアルして1ヶ月経ちましたが、今日こんな記事があるのを見つけました。改装前からあったのかな?

食堂「キッチン猿江」 保坂秋男・由美子さん【前編】 今では、別の世界に行ってしまったけれど…
食堂「キッチン猿江」 保坂秋男・由美子さん【後編】 お店をやめるまでに、J1優勝を

食堂夫婦の立ち位置というか、選手や下部組織の子供達との絶妙な距離感がいいですね。メンバー落ちした子へ接し方なんか、凄く勉強になりました。

それにしてもアマラオに関するエピソードは、何を読んでも泣ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »