« マスター、いつもの。(J1第9節 対鹿島戦) | トップページ | ソガ隊員死去 »

2007年5月 6日 (日)

無惨なクラシコ(J1第10節 対川崎戦)

本日は現地参戦でした。まだ映像を見ていないので個々のデータに間違いはあるかと思いますが、そこはご容赦願います。見たら適宜修正します。

長文です。

川崎のトップ下は大橋正博。「そうか、この選手がいたか!」いうくらいお久しぶりだが、私の中では「大橋=トップ下しか出来ない選手」なので、今まで出場機会がなかったのだろうと納得。しかし彼にここまでやられるとは想像できなかった。

前半2分、その大橋がするするっとドリブルで上がり、「おい!誰が止めるんだよ!!」と思った瞬間、ボールがネットを揺らしていた。現在の川崎相手にいきなり1点のハンデはきついと思ったら、10分にも今野がミスで(?)黒津に抜かれ、2点目。前節の鹿島と同じで、川崎の攻撃は相手ゴールに近づくと加速する。東京の守備は人数はいるのにラインが低すぎるので、相手の思うままに振り回されてしまう。他方東京は、相手ゴールに近づく前にドリブルしながら出し先を探すので、その間に相手の守備陣形が整ってしまう。自分の席(バックスタンド1階、アウェイ側コーナーあたり)から遠いこともあって、東京の攻撃らしい攻撃を見ないまま前半が過ぎていく。

前半40分過ぎ、私がちょっと目を離した間に浅利がファウルしたらしく、ペナルティエリアギリギリでのFKを許す。中村が蹴るのかと思ったら大橋が高速FKをファー側のネットに突き刺す。これは確かにすごいゴールだったが、塩田をはじめ東京の選手の気持ちが一旦切れてしまったように見えたことが気になった。リスタートに向かう足どりがみんな重い。「こりゃまずいな...」と思ったら直後に4点目。だめだこりゃ。

後半開始から、前半の終わり頃に足を負傷したらしい憂太と、イエローカードを1枚食らっていた浅利を下げてワンチョペと梶山を投入。個人的にはチョペでなく赤嶺を使って欲しいが、キープに優れるチョペを使って、全体の押し上げを図るのかと納得できなくもない。そして後半の最初は東京が素晴らしい攻撃を展開した。

後半5分、前半途中から左SBに回っていた今野が、きれいな3人目の動きでシュートを放つ。これはGKの正面だったが、このあとナオやルーカスが惜しい場面を再三作り期待が膨らむ。とにかく、やけくそになったのか(?)、福西をはじめとする中盤が面白いようにボールを拾いまくり分厚い攻撃がずっと続く。この時点で私は「いける。少なくとも1点は取れそうだ。もし25分までに2点目が入れば、勝負は分からない」と本気で思っっていた。

ところが後半15分、私に言わせれば、「致命的な交替ミス」を原さんは犯した。栗澤アウト、規郎イン。
この交替策、絶対あり得ない、絶対おかしい。

後半開始からここまで東京が主導権を握っていた原因は、川崎がカウンターねらいの省エネモードに転じたこともあるが、それよりも東京の中盤の運動量が30%増し(当社比)になったことの方が大きいと私は見ていた。その中でも栗澤は、確かに彼から決定的なシュートやパスは生まれなかったが、縦に横に動き回って相手を十分に攪乱していた。とにかく鬼のようなカラ走りでしたよ。

ところが交替で入った規郎は、最初の10分くらいは左サイドで静止して待ち、足下でボールを受けてからドリブルで仕掛けるという動きをしたため、東京の中盤の人数が事実上一人減ってしまった。このため川崎の中盤が息を吹き返し、挙げ句の果てに22分、ジュニーニョのだめ押しのゴールを許してしまうことになった。このゴールはたまたまこの時間にカウンターが決まったのではなく、その前の東京の交替策による必然だったと思う。

東京はPKとセットプレーから2点を返すが大勢に影響なし。川崎は若手を試したり、中村を休ませる余裕の采配で、コンチクショウと思うほど悔しい。悔しいが、現時点での両チームの力の差がそのまま現れているとも言える。そんな相手にあっさり勝っちゃうのが東京の芸風だと思っていたのだが、今年はだめそうだ。

今まで勝ち点を取れた相手は大宮、大分、横浜FC、神戸(本当は負けていた)。15位以上が現実的な目標だろう。これは皮肉でも悲観でもなんでもない。2005年に勝てなかったときはけが人が多かったせいだが、今年は違う。今日だって赤嶺、伊野波、川口、平山、小澤、エバウド、リチェーリと使える人材が余っているのだ。

救いは、0-5となってもうつむかずに攻撃の手を緩めなかった選手達の気持ち。気持ちは確かに伝わった。試合後あいさつで、結果だけ見ると大ブーイングになっても仕方ないが、それほどでもなかったのは現地にいた人は分かるでしょ。

でも気持ちだけじゃ勝てないのだ。「次は絶対勝つぞ」とか「気持ちを切り替えて」ではなくて、具体的な作戦を考えられる人がこのチームにはいないのだろうか?「シンプルに素早くサイドに」というのは聞き飽きたよ。

★おまけ
試合前から「川崎○ンコターレ」コールはないだろう。川崎が汚いプレーをしたときにこそとっとくべき。粋でもいなせでもないやね。

|

« マスター、いつもの。(J1第9節 対鹿島戦) | トップページ | ソガ隊員死去 »

コメント

おまけの「川崎○ンコターレ」について、私もないと思います。

 バックスタンドのAWAYの雰囲気でタオルをもって応援しているから、あのコールが起きた時は恥ずかしい思いでしたね。

 汚いコールは品が無いような気がする。しかもこちらのサッカーが弱いのに・・・。

投稿: ラッキー | 2007年5月11日 (金) 08時11分

>ラッキーさん
コメントありがとうございます。
私は、時と場合によっては下品なコールもありだと思ってますが、5月6日のあれは完全に外してましたね。負けが込んでるせいか、ゴール裏も余裕を失っているように見えました。

投稿: backstand | 2007年5月11日 (金) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/14979348

この記事へのトラックバック一覧です: 無惨なクラシコ(J1第10節 対川崎戦):

« マスター、いつもの。(J1第9節 対鹿島戦) | トップページ | ソガ隊員死去 »