« トーチューのキッチン猿江の記事 | トップページ | 無惨なクラシコ(J1第10節 対川崎戦) »

2007年5月 4日 (金)

マスター、いつもの。(J1第9節 対鹿島戦)

妻曰く、「鹿島はゴールに近くなるとパスが速くなるのに、東京は遅くなる」。なんかもうこれですべてって感じで書くことがない。

試合終了後のあいさつの時、バックスタンドからのブーイングはなく、結構拍手が出ていた。でもこれは、客が内容に満足してたというわけではなく、不満な客はとっとと帰ってしまっていたというのが実態。2点目を取られてからの落ち着きと工夫の無さはどうよ。

ここからリーグ戦は、川崎→千葉→マリノス→名古屋→清水→浦和→甲府→ガンバ→また鹿島と実力のあるチームとの対戦が続く。一個も勝てない事態もありうるだろう。とにかく次節の川崎戦、相手は我那覇、マギヌン、ひょっとすると中村も欠場であるから、なんとしてでも勝ち点3をもぎ取って欲しい。

|

« トーチューのキッチン猿江の記事 | トップページ | 無惨なクラシコ(J1第10節 対川崎戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/14950278

この記事へのトラックバック一覧です: マスター、いつもの。(J1第9節 対鹿島戦):

« トーチューのキッチン猿江の記事 | トップページ | 無惨なクラシコ(J1第10節 対川崎戦) »