« カペッロ解任 | トップページ | U-20ワールドカップ 日本対スコットランド »

2007年6月29日 (金)

メヒコ2-0ブラジル(コパアメリカ2007)

G+を録画してテレビ観戦。
序盤はややブラジルが優勢。前半3分だったか、ジエゴ(?)のシュートがメヒコのゴールネットを揺らすが、これはノーゴールの判定。私も「明らかにオフサイドじゃん」と思ったがスローで見ると、ボールに関係ないところでメヒコ左サイドの選手が思いっきり残っていた。ブラジルにとって不運な判定だったが、これで流れが変わった。

20分を過ぎてからメヒコが、見事なフェイントとフリーキックで立て続けに得点。得意のショートパスでボールを支配して、客席からは早くも「オーレ!」の歓声が上がる。ブラジルは体が重そうで運動量皆無。ブラジルのほとんどの選手は1ヶ月ほど真剣勝負から離れているはず。一方メヒコはついこないだまでゴールドカップに参戦していたので、コンディションの差がもろ出たか。

そういえば、オシム監督が「日本はアジアカップに向けて準備期間が他国に比べて短すぎる」とぼやいていたが、この試合を見ると杞憂じゃないかと思う。むしろ試合勘で日本の方が有利なのでは。まあ、あの方が常に本音を言っているとは思いませんが。

閑話休題。

後半は4人フォワードにしたブラジルがシュートを打ちまくる(確か16本)が、
メヒコキーパーに松代様が降臨。もう笑っちゃうくらい決まらない。「だめだこりゃ」と思ったか知らんが、残り10分以上残してブラジルは戦意喪失。一方メヒコはカウンターでの超決定的チャンスが3回あったが、フォワードがこねすぎて無得点。あれがボルヘッティやブランコだったら普通に決めていたと思うので、実質5-0でメヒコの勝利。いやぁドゥンガいきなり正念場だわ。そんで、いやぁメヒコ強いわ。2005コンフェデに続いて公式戦でブラジル連破ですよ。

以下雑記。
メヒコのユニフォームが、いつの間にかアディダスになっていた。日本と単純に色違いのモデル。妻の「確か日本で発表したときに『日本刀をイメージしたデザイン』って言ってたけど、あれって何だったの...」との見事な突っ込みに7.0。

|

« カペッロ解任 | トップページ | U-20ワールドカップ 日本対スコットランド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/15592651

この記事へのトラックバック一覧です: メヒコ2-0ブラジル(コパアメリカ2007):

« カペッロ解任 | トップページ | U-20ワールドカップ 日本対スコットランド »