« いとしのビリー | トップページ | 長友君偵察(U22日本対マレーシア) »

2007年6月 6日 (水)

キリンカップ感想(日本対コロンビア)

テレ朝の録画で観戦。

試合終了時にオシム監督がニカッと笑ったように、とても面白い試合でした。

コロンビアがモンテネグロより明らかに強いことは日曜の試合をテレビで見て知っていたのですが、その彼らが結構本気で来た(高原へのあからさまな削りが象徴)のが結果的に良かったです。コロンビアに触発されて日本代表の人もボールもよく動き、フィジカルコンタクトも激しい、緊張感のある試合だったと思います。ジーコの代表とそんなに面子が変わらないのにあれだけパスが回るのですから、やはり監督の力量の差でしょう。この試合を見ても、まだ夕刊フジの某氏は「オシムのやりたいサッカーが分からない」(Number最新号より)と言うのでしょうかね。

選手個人でいうと、高原と羽生が出色でしたね。高原は相手の挑発にも乗らず、一流リーグで2桁ゴールのFWらしい風格がありました。これが1年早ければ...と思わず、ね。羽生は運動量だけでない、なかなかどうして体の強さもあるのが発見でした。審判が接触を割と流していたこともあり、コロンビア選手相手に体をぶつけてのプレーは迫力でした。

稲本のトップ下はやはり無理があったか。アイントラハト・フランクフルトの首脳陣は稲本を司令塔に期待しているらしい(そういえばフルアムでもそんな扱いで稲本は苦労した)のですが、多分それをオシムは知っての起用だったと思います。フランクフルトもちょっと考え直すでしょう。

あえて注文をつけるとしたら、最後勝ちに行くためにドリブラー(水野か家長)の投入はなかったかと。実際には、「引き分けでタイトルを獲る」ための交替を行いました。これはアジアカップ一次リーグのシミュレーションだと思います。まあ、これはこれで理解できる交替でした。

とにかく、この出来が続けばアジアカップ3連覇は可能性が高いのでは、と明るい希望が持てた試合でした。

|

« いとしのビリー | トップページ | 長友君偵察(U22日本対マレーシア) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/15332518

この記事へのトラックバック一覧です: キリンカップ感想(日本対コロンビア):

« いとしのビリー | トップページ | 長友君偵察(U22日本対マレーシア) »