« ブラジル辛うじて決勝進出(コパアメリカ2007) | トップページ | 作戦負けかな(ナビスコ準々決勝 対マリノス戦) »

2007年7月13日 (金)

アルゼンチン怖ぇーよー(コパアメリカ2007)

準決勝第2試合:メキシコ 0-3 アルゼンチン

G+で録画して観戦。ブラジルを2-0、パラグアイに至っては6-0でやっつけるなど、無敵かと思わせる強さで勝ち上がってきたメキシコ。そんなメキシコをアルゼンチンが鼻先であしらった、そんな試合でした。

前半はどちらかといえばメキシコのペース。ボール支配を高めてアルゼンチン陣内に攻め込む場面が目立つ。カチョさんやグアルダードがゴールを狙うが、シュートにやや精度を欠き得点は奪えない。特に後者のは最近の規郎なら決めてたんじゃないかな。いいシュートだったけど、その前にもっと楽に打てる瞬間があったように見えました。グアルダード君、可愛い顔しています。20歳。

ゴールが生まれたのは前半44分、リケルメの浮き球FKをエインセがライダーキックでねじこんで、アルゼンチンが先制。そして圧巻だったのが後半15分、右サイドでテベスのパスを受けたメッシの、飛距離20m強のループシュート。これでメキシコの士気が落ちたのが見て取れました。21分にはリケルメがチップキックでPKを決め3-0。この2本のふわーっとしたシュートで試合の大勢は決しました。

ところがアルゼンチンの本当の凄さを感じたのはここからの25分でした。いや、凄さじゃないですね。
私は恐ろしいものを見ました。


メキシコは前掛かりに行くしかないのだが、行けない。


行きたいのだが、行けない。


もう全然行けない。


ボールがまったく取れない。


アルゼンチンがヌルヌル系本家のリケルメを中心にボールを回し続け、メキシコはそれを追っかけることしか出来ない。


手も足も出ない。


これが延々25分。


これはもう拷問ですよ、拷問。サルラックに喰われたようなもんですよ。妻は「もうコールド勝ちでいいじゃん」と言ったが、まさにそんな風景でした。

これで決勝はブラジル対アルゼンチンになったわけですが、ブラジルに勝ち目あるのかな。やっぱ、どう見てもアルゼンチンだと思うけど。

|

« ブラジル辛うじて決勝進出(コパアメリカ2007) | トップページ | 作戦負けかな(ナビスコ準々決勝 対マリノス戦) »

コメント

アルゼンチンは世界最強メンバー!ベロンいるわリケルメいるわ・・・。かっこいいーーー!!!!

投稿: 闘将アジャラ | 2007年7月14日 (土) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/15742841

この記事へのトラックバック一覧です: アルゼンチン怖ぇーよー(コパアメリカ2007):

« ブラジル辛うじて決勝進出(コパアメリカ2007) | トップページ | 作戦負けかな(ナビスコ準々決勝 対マリノス戦) »