« PSE法その後(2) | トップページ | 負けるときはこんなもん(アジアカップ準決勝) »

2007年7月23日 (月)

替えてよ、あのGK(アジアカップ準々決勝二日目)

韓国 0-0(PK 4-2) イラン

延長終了間際に、イランはGKを替えるという異例の采配。「PK戦専用要員かよ!若島津君みたいに凄い奴なのか?」かと思ったら、これがもう
全く使えないGKだったので大爆笑、いや失笑。動くのがあまりにも早い。どう見ても単純な山勘で動いてるし、蹴るより前に前方に出てくるので明らかにファウル、と全然だめ。韓国のキッカーはGKが体を傾けるのを見届けて余裕で蹴っていた(それでも一人失敗したけど)。

こういうの見ちゃうと、能活のPKストップは本当にハイレベルなものだったと感心する。1本目2本目では蹴る前に横に動いていたが、キッカーが蹴る直前の動きを見て瞬時に、しかも確信を持って判断している。もちろん事前の情報収集はあっただろうが、それを疲労の溜まった状態で活かせるのは、視力と集中力と瞬発力が並はずれて凄いからなんだろうな。しかもそれを10年以上継続している。96年頃「向こう10年、代表GKは川口と楢崎で安心」と思っていたがその通りになっている。楢崎の存在も大きいのだろう。

そういえば、10年前の予選からずっと代表のマハダビキアとシャツキフも凄いよな...。

|

« PSE法その後(2) | トップページ | 負けるときはこんなもん(アジアカップ準決勝) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/15853338

この記事へのトラックバック一覧です: 替えてよ、あのGK(アジアカップ準々決勝二日目):

« PSE法その後(2) | トップページ | 負けるときはこんなもん(アジアカップ準決勝) »