« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

規郎 in Jウイイレ2007

ゴールはフリーキックから?

で、いくらなんでも緑はないだろうと思ったら、

ファンタジスタモードは最初はユニフォームの色は選べません。FC東京本来の「青赤」ユニフォームを着るためにも、成長してアピールしよう!

なんだそうです。ナオの18番が欲しいのかな?

(うちのノリオFKは、枠には行くんだけど点にならないんだよね、これが。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月30日 (月)

アジアカップ決勝と3位決定戦

イラクの優勝は見事。特に守備の2番3番「シジクレイ兄弟」が素晴らしい出来で、危険な地域にボールが入る前にことごとくはじき返していた。縦への推進力や運動量も見応えありで、優勝にふさわしいチームだった。イラクの町には再びお祝いの人が溢れるんだろうな。頼むから自爆テロだけはやめてくれ。

ところで、イラク選手の体格はサウジより明らかに一回り大きい。地続きの隣国なのに何であんなに違うのか。妻は「イラク選手の顔はペルシャ系で、サウジはアフリカ系が入ってる。何であんなに違うか」と指摘していたが、確かにこれもまた不思議。世界は広い。

日本は相手国に「とりあえず引いて守っておけばOK」という共通認識を与えてしまったことが残念。ただ、アジアカップの予選免除にならなかったことは、むしろ良かったと思っている。アジアでのアウェイ経験なしに、いきなり本戦やワールドカップ予選で勝てるとは思えないもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

U-22の試合に行こうっと

少々先の話ですが、8月22日(水)のU-22北京五輪最終予選の試合に行く予定です。平日国立での開催ですが、キックオフが20時半とのこと。職場から余裕で直行ですからね。

この最終予選、同じ組にはカタール、ベトナム、サウジアラビア。

......。

あれ?最近どこかで見たような相手ばっかり......。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

負けるときはこんなもん(アジアカップ準決勝)

日本 2-3 サウジアラビア

サウジのGKが矢野貴章と掠ったくらいで倒れて痛がっていたが、あれって「審判を欺く行為」としてイエローの対象にならないのかな。ダイブだけイエロー取られるのは不公平な感じがするんだけど。

いずれにしても、3点も取られたのだから負けは負け。で、
・またもセットプレーから失点
・点を取られて目を覚ます。
・ミドルシュートを打たない。
の点で、良くないときの東京と似たような負け方だと思った。
他サポもそれぞれ、「うちのチームの悪いときと一緒」と思ったんじゃないの?

97年のワールドカップ予選、ジョホールバルでのNHK山本さんの実況を思い出す。

「このピッチの上、円陣を組んで、今、散っていった日本代表は、私たちにとって『彼ら』ではありません。これは、私たちそのものです」

当時は単に視聴者を盛り上げる言葉と受け取っていたが、今考えると実に深いこと言ってるなあ。そう、良いところも悪いところも、強いところも弱いところも「私たちそのもの」日本人の投影なのだ。


続きを読む "負けるときはこんなもん(アジアカップ準決勝)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

替えてよ、あのGK(アジアカップ準々決勝二日目)

韓国 0-0(PK 4-2) イラン

延長終了間際に、イランはGKを替えるという異例の采配。「PK戦専用要員かよ!若島津君みたいに凄い奴なのか?」かと思ったら、これがもう
全く使えないGKだったので大爆笑、いや失笑。動くのがあまりにも早い。どう見ても単純な山勘で動いてるし、蹴るより前に前方に出てくるので明らかにファウル、と全然だめ。韓国のキッカーはGKが体を傾けるのを見届けて余裕で蹴っていた(それでも一人失敗したけど)。

こういうの見ちゃうと、能活のPKストップは本当にハイレベルなものだったと感心する。1本目2本目では蹴る前に横に動いていたが、キッカーが蹴る直前の動きを見て瞬時に、しかも確信を持って判断している。もちろん事前の情報収集はあっただろうが、それを疲労の溜まった状態で活かせるのは、視力と集中力と瞬発力が並はずれて凄いからなんだろうな。しかもそれを10年以上継続している。96年頃「向こう10年、代表GKは川口と楢崎で安心」と思っていたがその通りになっている。楢崎の存在も大きいのだろう。

そういえば、10年前の予選からずっと代表のマハダビキアとシャツキフも凄いよな...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

PSE法その後(2)

まあとにかく、この記事を読んでください。お願いします。

「PSEで失ったもの、戻らない」――国のミスに振り回された中古店 (IT Media)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

補強のナス、緊張のナス

ナビスコ、コパアメリカ、アジアカップに気を取られている隙に移籍情報が続々と。

東京が横浜那須を獲得へ今週中にも決定(日刊)


鈴木慎吾選手 期限付き移籍にて獲得のお知らせ(大分公式)


神戸が新潟からMFディビッドソン獲得(日刊)


羽地 登志晃選手 ヴァンフォーレ甲府へ移籍のお知らせ(徳島公式)


愛媛がジョジマールを獲得 ブラジル人FW(スポーツナビ)


鳥栖がFW金信泳を獲得 C大阪から(スポーツナビ)


神戸MF三浦が福岡移籍へ(ヤフー)



やっとDFラインの補強をしてくれましたよ、東京フロント。非常にナイスな補強と思います。今野をボランチに上げて、那須はセンターバックとしての起用を希望です。アテネで一緒だった選手が5人もいるチームだから、人間関係面で馴染むのはきっと早いだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

PSE法その後

(1) 「PSEマーク」なし中古家電の販売検討
(2) PSE問題で経産省がミス認め謝罪 「立法時、中古品想定せず」
・いずれもIT Mediaより

ちょっと前に朝日新聞にも同様な記事が出ていたな。PSEマークなし中古品の取り扱いが出来るようになるのは、それはそれで好ましいが、役人のやり口に無茶苦茶腹が立つ。

続きを読む "PSE法その後"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

ブラジル完勝(コパアメリカ2007)

決勝 ブラジル 3-0 アルゼンチン

G+を録画して観戦。
解説の武田が言っていたように、「イタリアのような試合運び」で、今までとまったく別チームのようだったブラジルが連覇達成。ドゥンガさん、本当にすみませんでした。

試合はのっけから動く。3分にエラーノの右からのロングパスを上手くさばいたジュリオ・バチスタが、DFを上手くかわして蹴りこみブラジルが先制。アルゼンチンはまだ試合に入り切れていないようで、DFの当たりが甘かった。8分、アルゼンチンが逆襲。左サイドを突破したメッシのクロスをベロンが頭で折り返し、これをリケルメが左足でシュート。完璧に崩した攻撃だったが、シュートは左ポストを叩きゴールならず。34分にはゴール前の混戦からリケルメがシュートを打つが、これはブラジルGKドニがはじき出した。直後の39分、負傷のエラーノに替わって出場していたダニエウ・アウベスのクロスをアジャラが痛恨のオウンゴール。GKに任せておけば取れたボールだったが、あれをクリアするなと言う方が難しい。クロスが良かった。

続きを読む "ブラジル完勝(コパアメリカ2007)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

作戦負けかな(ナビスコ準々決勝 対マリノス戦)

なんかバックスタンドでは偉そうな顔した人たちがブーイングの嵐でしたけど、それほど悪い内容でしたかね?ってブーイングしてた人たちは「ホームで勝てよ!」のようなことを言ってたので、内容じゃなくて勝ちを見たいんでしょうけど。

この天気だしボールも走らないだろうから、中盤省略の蹴り合いになると思っていたら、前半は両チームともその予想通り蹴り合いの展開になった。ところが実際にはボールは十分走っていた。水が浮いていたのはバックスタンド・ホーム側のタッチライン際のみ。結果論だけど、いつも通りシンプルにサイドを使って、丁寧にパスをつないでいけば崩せる相手に、裏狙いのロング一発放り込みを選択したのが失敗。後半はかなりつないでいたけどね、ちょっと遅かった。

失点の1点目2点目はクロスの処理が混乱して奪われたもの。高さでは明らかにマリノスに分があるのに、そういう展開に持ち込んでしまった東京の作戦ミス。藤山がいくらインターセプトが得意でも、空中のボールは奪えない。3点目4点目はおまけなのでそれほど気にする必要なし。

あと、福西は運動量じゃなくて技術勝負の人なのに、彼があんなにミスしていれば勝てないのは道理。まあ、こういう日もあるさ。個人的には「ナビスコなんか狙わないで早く残留を決めてほしい」と思っているので、敗退にはむしろほっとした。

あと気になったのが徳永。彼のボールに対する執着心のなさは非常に気になる。ロスタイム近く、タッチに出たボールを徳永が追っかけないので、土肥が相当怒っていたなあ(ボールパースンに任せるよりそのほうが早くプレーが再開できるから)。

ナオと赤嶺はすごくよかったよ。あと、金沢のドッカンね。一瞬規郎かと思ったよ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

アルゼンチン怖ぇーよー(コパアメリカ2007)

準決勝第2試合:メキシコ 0-3 アルゼンチン

G+で録画して観戦。ブラジルを2-0、パラグアイに至っては6-0でやっつけるなど、無敵かと思わせる強さで勝ち上がってきたメキシコ。そんなメキシコをアルゼンチンが鼻先であしらった、そんな試合でした。

続きを読む "アルゼンチン怖ぇーよー(コパアメリカ2007)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

ブラジル辛うじて決勝進出(コパアメリカ2007)

準決勝第1試合:ウルグアイ 2-2(PK 4-5) ブラジル

G+で録画して観戦。
立ち上がりはブラジルがいい感じで試合を進める。12分、ジョスエのシュートのこぼれ球をマイコンがしっかり決めて早くもリード。前線に4人も詰めていて厚みのある攻め。メヒコ戦とはえらい違いだ。

ところがここでアクシデント。照明灯の一基が消えてしまう。しばらく待ったが直りそうもないので、およそ13分の中断の後、照明が点かないまま試合再開。点かなくていいのかよ!うーん、南米は深い。

再開後はウルグアイがリズムをつかみ、レコバがCKから直接ゴールを狙うシュートを連発。ブラジルGKドニは好セーブ連発。解説のきーちゃんは「うわー」を連発。ついに48分に、CKのこぼれ球をフォルランが決め、スコアは1-1。ところがこの数分後にセットプレーからジュリオ・バチスタがゴールに押し込み、ブラジルが再びリードを奪う。

実況の日テレアナは、現地映像の時計が止まっていなかったこともあり「ロスタイム13分と表示されると思います」とおっしゃる。まあ、そうだわなと自分も同調。しかし47分過ぎてもロスタイム表示がないんですけど。アナも困ってしまい「表示の時計で60分くらいまでやるはずです」と言い出す始末。でようやく57分過ぎてから「+1」と表示。ロスタイム1分かよ!うーん、南米は深い。

続きを読む "ブラジル辛うじて決勝進出(コパアメリカ2007)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

東京もん@ワールドユース

U-20ワールドカップたけなわ。今回の代表に東京の選手は参加していないわけだが(小澤君、権田君は残念だった)、過去の大会に東京に関係する人がどれだけ出場しているか調べてみた。

2005年
  梶山陽平、増嶋竜也、平山相太、伊野波雅彦、呉章銀、大熊監督
2003年
  鈴木規郎、今野泰幸、徳永悠平、大熊監督
2001年
  石川直宏、中澤聡太、サンチアゴ・サルセード
1999年
  加地亮
1997年
  福田健二

うわ、ササが2001年大会に出ているんだ。準々決勝では決勝ゴールを決めている。そのあとの準決勝で、パラグアイはアルゼンチンに0-5とボコボコにやられているわけだが。

2009年大会はエジプトで開催されるそうだが、そろそろ日本で2回目の開催してくれないかねえ。チケットは本家ワールドカップより獲りやすいだろうし、「今バルサで活躍してるxxx選手、小僧のときに味スタで(駒沢で、なんてのも渋いかも)生で見たんだよぉ」なんて言ってみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

追いつくのが大変です(J1第18節 対鹿島戦)

J Sportsの録画でやっとこさ観戦終了。まだU-20もコパアメリカも見終わってないのに、もうナビスコとアジアカップがやって来る。ひえー。

さて鹿島対東京の試合ですが、夫婦共々試合中に某スポンサーの看板の在りかをずーっとチェックしているという、力の入れどころが違う観戦モードだったので戦況の詳細は不明です(爆)。あとは青木は相変わらずモン○ー顔だとか、曽ケ端は口の周りに詰め物をしてるに違いないとか、岩政の顔が怖いだとか、増田だけは可愛いとかいったい何見てんだよ私たち。リアルタイム観戦だったら75分以降は心臓バクバクだったに違いないが。

しかし鹿島の面子はすっかり変わったけど、いくら人が変わろうが見るたびに「(良かれ悪しかれ)ああ、鹿島のサッカーだなあ」と思わせるところはさすが。ただし、もうちょっと外部の血を入れて刺激を与えないと、10冠めのタイトルや動員増は難しい状況にも見える。中田コを復帰させる金があるくらいなら、他のJクラブから引き抜きをした方が(あり得ないけどストヤノフや三浦淳獲るとか)よっぽどチームの活性化につながると思うね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

ブラジル、2位抜け(コパアメリカ2007)

ブラジル 1-0 エクアドル

*上の方の、目立たない字でenglishと書いてあるところをクリックして、戻ってくると英語表記になります。ブラウザによっては更にリロードが必要かも。

"Robinho struck after a 1-2 with Julio Baptista, but missed the target."

ワンツーパスって和製英語だと思ってましたが、本当にある表現なんですね。

さて、ブラジルはロビーニョのPKでなんとか勝った模様。この勝利によりB組2位で一次リーグ突破。エクアドル相手にPKの1点だけ...アルゼンチンとは決勝まで行かないと当たらないようになりましたが、こんなんで決勝まで行けるのでしょうか。って次がまたもチリとで、そのあとがベネズエラ対ウルグアイの勝者とやるのか。結局決勝まで行けるようになってるのね。う~む、南米は深い。

ブラジルと同じB組のチリも、メキシコと引き分けて勝ち点4まで積み上げたので決勝トーナメント進出決定。これでC組のアメリカ、コロンビアは明朝(日本時間)行われる第3戦の結果に関係なく一次リーグ敗退決定です。共に突破を決めているアルゼンチン対パラグアイは、どの程度本気の試合になるのか注目です。次にメキシコと当たるのは避けたいだろうから、結構ガチかも。

詳しいデータはここを見てちょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

困ったときの7番、8番

AFCアジアカップ2007 日本代表 メンバーに 伊野波雅彦選手追加招集のお知らせ

今ちゃんが抜けるのは想定内だったけど、イノーハ君まで持って行かれるとは。鬼のようにボランチだらけの代表なので出番はおそらくないと思うが、それでも代表で得られるものはあるはずだ。ちゃんと俊輔や高原、中澤とお話してきなさい。

でナビスコカップ準々決勝だが...ここは浅利の出番ですよ奥さん!しっかしうちのチームは結局、藤山と浅利で保ってるというのが、2004年以来ずっとだね。次のホームは7番のシャツ着て行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 3日 (火)

U-20ワールドカップ 日本対スコットランド

おまえら全員大バカ者じゃ(笑)。

フジテレビ739を録画して観戦。試合序盤の内田→柏木→内田の縦のワンツーからシュートの流れに「これは只者ではない」と思ったのだが、その期待にたがわず完勝。特に梅崎の切れ具合は素晴らしかった。あれでどうしてフランスで成功しなかったか不思議なくらい。青山の30mミドルもすごかったね。ゴールを決められた後、相手GKの目が泳いでたもんな。まさか東洋人にぶち抜かれるとは想像していなかったろう。

確かに彼らには、1999年以来の可能性を感じるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »