« 今野泰幸を操作して | トップページ | Jウイイレ2007の感想 »

2007年8月 2日 (木)

さて欧州サッカー開幕だが

今週末にフランス・リーグ1、次週末にドイツ・ブンデスリーガ、イングランド・プレミアシップが開幕するというのに、どこで放送するのかまだ決まっていない。オランダ・エールディビジは今季の放送がないことが決定している。

というわけで放送権絡みのネタを探してみた。

(1)セリエA
イタリア・セリエAは一昨日発表があったが、よく読むと20チーム中10チームの主催試合を放送できるに過ぎない。ミラン、ユーベなど主要なチームを押さえてはいるが、UEFAカップに出場するパレルモやエンポリ、補強上手のウディネーゼ、古豪サンプドリアなどは含まれていない。

ただし、こんな記事もある。

伊サッカー・セリエA,B放送権,包括契約制へ戻る

 6月20日,サッカー放送権関連の新法案がイタリア国会で可決され,プロリーグセリエA,Bの放送権が7月1日から個別契約制から包括契約制へ戻ることが決まった。イタリアでは1993年以降,衛星有料放送の発展に伴い,各クラブと放送事業者が直接交渉する個別契約制が人気クラブの放送権の高騰と大小クラブ間の極端な財政格差を招いてきたが,新規則のもとでは,放送権収入の半分が全クラブへ均等配分,残り半分が各クラブの視聴者数や成績に応じて分配されることになる。


包括契約ならば、なんで10チームだけ放送になるのか?海外は違うってこと?

(2)イングランド
同じくNHKの放送文化研究所より、

英BSkyBのプレミアシップ生放送独占に終止符(これは2006年7月の記事)

 イングランドのサッカー・プレミアシップのテレビ生放送権は,衛星放送のBSkyB とスポーツTV専門チャンネルを運営するSetanta の2社に販売されることが5月5日に明らかになった。欧州委員会は競争規制の観点から,プレミアリーグに対し1社によるライブ放送権の独占禁止を求めていた。このため,2007年夏からの3 シーズンの生放送権は6 つのパッケージに分割され,BSkyB は4 つ(92試合)を13億ポンド(約2,600億円)で,Setanta は2 つ(46試合)を約3億9,200万ポンド(約784億円)で獲得した。Setanta は,衛星放送のSky Digitalで試合を提供する他,地上デジタルの有料サービスのTop Up TV で放送することも検討している。

英FA,2008年からの独占放送権をITVとSetantaに販売(こちらは2007年5月の記事)

 イギリスのイングランド・サッカー協会(以下 FA)は3月30 日,2008年8月から2012年7月までの4シーズンの独占テレビ放送権を無料商業テレビの老舗ITV とスポーツ有料放送のSetantaの2社に販売することを公表した。放送権料は42%アップの総額4億2,500万ポンド(約977億円)。なお,これによって14年に及ぶ衛星放送BSkyBによるFA 放送権の所有に終止符が打たれた。

「プレミアシップ放送権」と「FA放送権」と、表記が異なるのが微妙だが、いまだにスカパーでプレミアの放送予定が決まらないのは、放送権高騰よりも、BスカイB(スカパーと同じ、ルパート・マードック配下の放送局)が権利を失ったことが影響してのことだと思う。

(修正:スカパーに関するすべての株式を既に売却済みのため)

|

« 今野泰幸を操作して | トップページ | Jウイイレ2007の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/15982355

この記事へのトラックバック一覧です: さて欧州サッカー開幕だが:

« 今野泰幸を操作して | トップページ | Jウイイレ2007の感想 »