« もうすぐACL決勝のキックオフですが | トップページ | 寒風 »

2007年11月15日 (木)

ディスカバー・エイジア(ACL決勝 浦和対セパハン)

NHK BS1の録画中継にてテレビ観戦。

こんなことはインドネシア、韓国、イランとアジア中飛び回った浦和と川崎のファンの人達はとっくに気づいていたんだろうけれども。

中東のチームというと、ワールドカップ予選やアジアカップ本大会での記憶のせいで、「3バックで引きこもり、攻撃はロングボール主体で『前の人よろしく』なサッカー」「露骨な時間稼ぎ」「ラフプレー」という印象しかなかった。

ところがセパハンのサッカーは全然違った。とにかく足下が上手いのに感心。ボールが足に吸い付くようなトラップ。人口密度の高いバイタルエリアでの正確なパス。こぼれ球への対応。とにかく繋いで崩そうとする攻撃姿勢などなど。シュート以外の技術は浦和をしのいでいたと思う。あれでシュート精度が高ければ2点くらいは軽く取れていただろう。そしてセパハンがリードする局面がなかったためだろうけど、審判を欺くようなアピールや意図的なラフプレーも一切なし。これは「いいもん見たなあ」と発見でした。

そして浦和。

ついこないだまで幼稚園サッカー (by 長谷川健太)をしていたチームとは思えない勝負強さ。確かに娯楽性に溢れるサッカーではないが、ボールへの執念という点ではJクラブ随一だと思う。そして鈴木、闘莉王、都築、ワシントンらが怒ったような顔で互いに声を掛け合い、試合中に自分たちを修正していく姿。

一方フロント。代表監督時と同じように、浦和に「基本中の基本」の種を蒔いたオフト、「エメルソンありきのカウンターサッカー」から「ポンテ中心のポゼッション指向」へと、シーズン中にモデルチェンジをやってのけたブッフバルト、とにかくチーム完成度と勝ちに拘ったオジェク、と監督のチョイスをすべて成功させた。近年の外国人選手補強もすべて成功(......あ、アリソン思い出した。こいつはちょっと......)。

うん、これは確かに「ビッグクラブ」の顔をしている。真のビッグクラブになるには、優秀な選手をもっとかき集めて、タイトルを連続して獲って、完璧な悪役になってもらう必要があるが。とにかく、優勝おめでとうございます。

[おまけ]
これでセパハンはJリーグ枠の横滑りでクラブワールドカップに出るわけだが、そうするとまたこの対戦が ある確率が高いわけで(さすがにオセアニア代表には勝つだろう)、興行としてはマイナスだよな。どうしてもJリーグ枠を作りたいなら「Jリーグクラブが アジアチャンピオンになった場合は、Jリーグ枠での出場チームはなし」くらいの歯止めが必要なんじゃないの?

|

« もうすぐACL決勝のキックオフですが | トップページ | 寒風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/17079639

この記事へのトラックバック一覧です: ディスカバー・エイジア(ACL決勝 浦和対セパハン):

« もうすぐACL決勝のキックオフですが | トップページ | 寒風 »