« さて来年だ(J1第33節 対大宮戦) | トップページ | J1最終節 »

2007年11月28日 (水)

岡ちゃん

日本サッカー協会、岡田元監督との交渉開始を公表

まあ、「三次予選は代行監督でしのぐ」をやらないのなら、この人しかいないだろう。加茂さん更迭のあと、みーんなワンポイントリリーフと思ってた監督就任から10年余。今度はオシムさんの後任ということで、突然話がやって来るという妙なパワーを持ってる人である。

さて、もし私が岡ちゃんだったら、就任の条件に「『オシム路線の継承』という言葉は、今後一切使わないこと」という一文を協会に入れさせるだろう。そういう観点で比較評価されるんだったら、オファーは断る。ただし「日本人の特性を活かしたサッカーの構築」というコンセプトは受け入れるだろう。それぐらいのことは考えてると思う、岡ちゃんなら。

岡田さんが、フランス大会での代表や札幌、2003年2004年のマリノスで見せたサッカーは確かに手堅いサッカーだったが、「岡田ジャパン=守備的」「相手の良さを消すサッカー」「オシムとは正反対」と決めつけるのは早計であるように思う(いや、それはそれで帰納的で、十分根拠あると思うんだけど)。

あの2002年の日本対トルコ戦後のコメントや、今WOWOWでやってる解説を聞くと只のリアリストとは思えないんだよな。あと、こちらさんで読んだ「勝つだけなら今でも出来る」という発言の裏。それに2005年シーズンのマリノスで掲げた「帆を広げてサッカーをレベルアップする」というスローガン(結果は出なかったけど)を思い出すと...。

と思ってたら、このような意見。そうですよね。ほんとスポーツ紙って単純だよね。

|

« さて来年だ(J1第33節 対大宮戦) | トップページ | J1最終節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/17213046

この記事へのトラックバック一覧です: 岡ちゃん:

« さて来年だ(J1第33節 対大宮戦) | トップページ | J1最終節 »