« もっとお勉強しましょう | トップページ | 恐るべき引き抜き戦略 »

2007年11月 4日 (日)

西野先輩が一枚上手でした(ナビスコ杯決勝 川崎対ガ大阪)

そんなことより、NHKがプレミアの中継を始めるそうだ。これにはビックリだぜ。

さて。

今年のお菓子は1種類だけでしたが、その代わりフルサイズ。チップスター・サルサソース付き。

20071103_01

20071103_04

20071103_05

試合はガンバ大阪が意外なほど老獪な試合運びを見せ1-0で勝利、ナビスコカップ初優勝を果たしました。前の試合で東京を粉砕した川崎でしたが、今日はセットプレー以外での決定的なチャンスは、ジュニーニョの2発だけで、何となく力を出し切れないまま敗退。今日は川崎寄りのバックスタンドにいたのですが、客が沸くことは少なく、試合後のスタンドは不完全燃焼感が漂っていました。

試合を分けたのは後半の森の動きだったでしょう。前半から森と安田はバチバチやりあっていました。私が見るにやや森が優勢でしたが、後半、安田が非常に高い位置取りをするようになってから森はすっかり押し込まれ、試合から消えていきました。特に先制点を奪われてからは全く上がらなくなってしまい、この結果川崎の攻め方が中村からジュニーニョへのパス一本に偏ってしまうことなりました。こうなるとガンバが守りきるのも容易です。ジュニーニョを3人4人で取り囲みシュートを打たせません。ロスタイムの最後のチャンスでも、右サイドでフリーだった森は前方の広大なスペースを使わず、中央の密集地帯に突進してしまい万事休すでした。

20071103_06

20071103_07

ところで、最後に提案。天皇杯決勝では外国人選手が帰国しちゃってることもあるけど、ナビスコはそういうことはなく、シーズン中でコンディションが良いせいで試合も面白いことが多い。11月3日という晴れの特異日に開かれることもあり、休日の午後晴天のもと、両チームのファンで埋まった良い雰囲気の国立で試合を見られるというのは、大変な幸せだ。私はこの幸せを全国のファンに味わってもらいたいと思うのだ。どうだろう。チャンピオンズ・リーグみたいに会場を持ち回り制には出来ないものだろうか。幸いなことに日本には、4万人クラスのスタジアムがごろごろあることだし。

|

« もっとお勉強しましょう | トップページ | 恐るべき引き抜き戦略 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/16977555

この記事へのトラックバック一覧です: 西野先輩が一枚上手でした(ナビスコ杯決勝 川崎対ガ大阪):

« もっとお勉強しましょう | トップページ | 恐るべき引き抜き戦略 »