« 行く人行く人 | トップページ | ポン道キタコレ »

2007年12月31日 (月)

三鷹高応援団は「眠らない街」を歌った(高校選手権 三鷹対高知中央)

スポーツナビ高校選手権特集ページ

毎日の通勤で学校の前を通るので一方的に親近感を抱いている三鷹高校と、OBじゃないけれど出身県の代表校(高知中央高校)が開幕戦で戦うというので、国立に行ってきましたYO!

午前中の晴天が正午頃から怪しくなり、キックオフのころにはぽつりぽつりと雨が。前半10分過ぎから雨足が強くなり、スタンド下通路に避難する人が多数発生。20分過ぎにはついに霰(あられ)混じりの雨に。選手には気の毒なコンディションでしたが、内容は面白く、見に行った甲斐のある試合でした。


三鷹のフォーメーションはエルゴラに載ってた通り、左に偏った変形4-4-2。一方の高知中央はヴァンフォーレ甲府風の4-3-3。CK時の攻め方も甲府風で、選手が密集してマークを寄せ付けないようにして、キックの瞬間に散開するやり方を踏襲。

最初のシュートを放ったのは高知中央だったが、10分くらいから三鷹が一方的に試合を支配するようになった。三鷹から見て左サイドで11番、7番、14番が細かいパスを回し面白いようにチャンスの山を作る。とにかく左を徹底的に突きまくり、右からの攻撃はほとんどなし。高知中央と比べると個人の技術レベルは明らかに上で、フィニッシュがちょっと甘かったのでゴールはならなかったが、それは時間の問題に思えた。

一方高知中央はFWの10番、9番が時折いいドリブルを見せるが、いかんせんそこまでボールが渡らない。前半の決定的チャンスは1回きりだったと思う。しかし先制したのは高知中央。後半4分、CKのこぼれたところを9番が押し込み先制。これだからサッカーは分からない。

三鷹の得点は左からではなく右サイドから。後半16分、高知中央のバックパス崩れを10番がかっさらい同点にすると、続く2点目3点目も右から生まれた。確か3点目は、三鷹スローインのボールを高知中央が前でカットできたのに後ろの選手に任せてしまい、それを奪われてダメを押されたもので、同点ゴールを含め2点分はやらなくていい点だった。技術、戦術以上に集中力の差がスコアに現れたと思う。

高知中央は交替させた3枚がすべて中盤の選手だったことに象徴されているが、前線には良さそうな選手がいるのに(特に10番は試合終了近くに、祐介を彷彿とさせるようなドリブル突破を披露した)、その長所を活かすことが出来なかった。高知中央は自分が高知で高校生やってたころは、正直存在感のない高校だったけど、最近はスポーツに力を入れているそうだ。高知は(というか四国全体がそうなのだけど)サッカー後進県で強豪校がないので、また出てくるチャンスはあるだろう。

三鷹のサッカーはとても面白かった。全国的にどのレベルにあるのかは分からないが、前線のパス回しはかなりセクシー。やっぱり近くにJクラブがあるからああいう感じになるのだろうか。応援もLa Edogawaとかレッツゴー柏とかJリーグ風であった。後半38分過ぎからは「眠らない街」が。高知中央側に座っていた私だったが、この歌には思わず反応して一緒に口ずさんでしまったのことよ(東京の歌詞でね)。

|

« 行く人行く人 | トップページ | ポン道キタコレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/17534627

この記事へのトラックバック一覧です: 三鷹高応援団は「眠らない街」を歌った(高校選手権 三鷹対高知中央):

» 姫路パラダイス [パラダイスのホームページ,三鷹高応援団は「眠らない街]
パラダイスのホームページ [続きを読む]

受信: 2007年12月31日 (月) 19時07分

« 行く人行く人 | トップページ | ポン道キタコレ »