« Windowsパソコンの組立とトラブル事例(その1) | トップページ | 小さ目フォントで大森 »

2008年1月11日 (金)

アジアの渡り鳥

昨日の朝日新聞夕刊(東京武蔵野版)に載っていた記事がネットでも読めるようになっていた。興味深い話です。まずは読んで見てください。

アジアの渡り鳥 9カ国・地域へ、元Jリーガー伊藤壇

私は、この伊藤選手は決して例外的な存在ではないのでは?と思っている。というのも、超々ご近所に住むSさんの息子さんが、まさに同じような環境で、アジアを転々としながらプレーを続けているからなのだ。元Jリーガーではないんだけど、原さんの後輩で徳永の先輩にあたる人である。聞いた範囲だと、プレーしたことがあるのはシンガポール、モルディブ、アフリカのどこか。香港もあったかな。今はオーストラリアでプレーしているはずである。

伊藤選手は将来代理人になることも視野に入っているそうだが、S選手もいずれそうなるかもしれない。もしそうなら、噂のアジア枠が解禁されると心強い存在になるのは間違いないだろう。

|

« Windowsパソコンの組立とトラブル事例(その1) | トップページ | 小さ目フォントで大森 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/17655489

この記事へのトラックバック一覧です: アジアの渡り鳥:

« Windowsパソコンの組立とトラブル事例(その1) | トップページ | 小さ目フォントで大森 »