« 背番号 | トップページ | 今季日程来ました »

2008年1月23日 (水)

Windowsパソコンの組立とトラブル事例(その2)

パソコンや音楽に関するのエントリーを上げた途端にヒット数がガクンと下がる弊ブログへようこそ。その2は無いと一部(どこ?)で思われていたが、めげずに投稿するのだ。

トラブル2:謎のPCI Device

VGAカード付属CDのドライバーには問題があると、これもKakaku.comで調べて分かっていたので、ATIのサイトから最新のディスプレイドライバーとCatalyst Control Center(CCC)を入れて再起動する。と、画面表示はまったく問題ないのだが、デバイス・マネージャで見ると「不明なデバイス」に「?PCI Device」と表示されている。

スロット番号を調べるとビデオカードのスロットと同じだ。「ドライバーもCCCも入れてるし何が足りないのだ...。」とひとしきり悩む。

PCI Deviceでググったところ、2chで見つけたQAがこれ。

質問「?つきのPCI Deviceがあって、どうやっても消えない。PCIスロットには何も取り付けていないのですが、どうしたらよいでしょう...」

回答 「除霊しろ」


wwwwwこれにはワロタ。

笑ってばかりもいられないので更に調べたところ、ビデオカード用のHDMIオーディオ・ドライバを入れてないせいと判明。ビデオカードにオーディオ・ドライバを入れなきゃなんないなんて、そんなのアリかYO!

解決はこの作業手順。

  1. いったん入れたディスプレイドライバーとCCCをアンインストール (★)。
  2. 再起動後、VGAカード付属CDを使って、「こんなの絶対いらねえ」というゲーム類を除いてすべてインストール。
  3. 再起動後、ドライバーとCCCのみアンインストール。
  4. 再起動後、(★)ではずしたドライバーとCCCを再インストール。
  5. 再起動後、デバイスマネージャーで「?」の無いことを確認。

何回再起動してんだよ、俺。

VGAカードにオーディオドライバが必要なのは、凄く大雑把に言うとこういう理由らしい。

  • 今回買ったRadeon 2600XTのような最新のビデオカードでは、ブルーレイやHD DVDコンテンツのハイビジョン再生が可能。
  • ただし、コンテンツ保護のため外部出力はHDMI端子に限られ、そこを通すための専用ドライバーが必要(ディスプレイドライバーとは論理的に別と思われる)。
  • 保護の対象は映像だけでなく、音声もその対象(ここ大事)。
  • よって、ビデオ以外にオーディオのドライバーも必要というわけ。


あたしゃHDMI端子は「ハイビジョン映像用の端子」と信じ込んでいたのだが、実は音声も転送できる。つうか、保護された音声はHDMIを通すしかないみたいね。ま、当面ブルーレイやHD DVDを買う予定はないので、ドライバーを入れる必要はなかったんだけど、気持ちの問題ね。

上で「除霊しろ」と言われた人の場合は、オンボード・サウンドデバイスのHDMIドライバーを入れてなかったものと思われます。この状態でもDVD再生やメディアプレーヤーは普通に使えますから気づかなかったのでしょう。

|

« 背番号 | トップページ | 今季日程来ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/17798709

この記事へのトラックバック一覧です: Windowsパソコンの組立とトラブル事例(その2):

« 背番号 | トップページ | 今季日程来ました »