« レアル・マドリーでさえ、こういうことがある | トップページ | スーパーカップ(テレビ観戦) »

2008年2月28日 (木)

私はATOKerですが

最近ツッコミの鈍さが気になっていた(それは、ツッコミ先のマイクロソフトに元気がないせいなんだろうけど)「がんばれ!!ゲイツ君」だが、今回は久々に美味しいネタを拾ってきてくれた。

前マイクロソフト日本法人会長の古川亨氏が、マイクロソフトの製品やサービスにたいそうご立腹なことを、ご自身のブログ(当然マイクロソフトの提供するブログ)で書いてらっしゃるのだそうだ。

(カテゴリを「マイクロソフトのネタ」で絞るとわかりやすいです)

特にMS IME 2007についてはかなりお怒りな様子で、「℃トウの」エントリーが。

2008/2/19 MS IME野甲斐、さらに十章に....(の怪、さらに重症に....だってば)
2008/2/14 MS IMEさらに...お馬鹿になっていく
2007/11/1 IME 2007の甲斐減少は、買い減少に修正されました。ありゃっ
2007/10/26 IME 2007の甲斐減少
2007/8/17 ℃トウのご変換、館無料

これは凄い。特に2/14付エントリーのこの部分には私も絶句。

某MS社員に、「MS IME最近どうなっているのよ?」と先週聞いた答えが...「IME開発の主体が、中国にシフトしまっていて我々も手を出せない......個人的にはATOKに切り替えようと思っている」と言う現役開発系社員の発言に絶句!!!

これってオフショア開発だとかグローバリゼーションのダークサイドだよなあ。"Globalization"の理想は、各国在住の開発者が時差や場所の壁を超えてGive and Take出来ることなんじゃないのかなあ。これでは単なるコスト削減の手法でしょ。しかも中国の「デキる」技術者のコストは、実は日本とあまり変わらないという話を小耳に挟んだこともあるし、本当に削減できるのやら。

IMEとは関係ないが、ここだけ字が大きい1/16付エントリーも凄い。というか怖いね。

|

« レアル・マドリーでさえ、こういうことがある | トップページ | スーパーカップ(テレビ観戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/40295741

この記事へのトラックバック一覧です: 私はATOKerですが:

« レアル・マドリーでさえ、こういうことがある | トップページ | スーパーカップ(テレビ観戦) »