« 2位抜けでもいいけどさ(バーレーン対日本) | トップページ | BS-iの録画予約忘れました。Jリーグタイムも(泣) »

2008年4月 1日 (火)

勝点1は平井からのプレゼント(J1第3節 対京都戦)

20080330

わたしのほぼ目の前だった徳永の例のクロスには、「あ~ゴールキックぅぅぅ」と一瞬あきらめたんだよね。実際ビデオで見ても、そのまま見送ってたらゴールラインを割っていたと思うし。でも、この選手はあきらめていなかった。アラー・フバイル今野泰幸!

「こういう所にいるのはいつも今ちゃん」by 妻。確かにその通り。最初は平山だと思ったんだよなあ。

梶山、石川、エメルソン抜きの東京はさすがにパスが回らなかった。大竹は決定的なパスを出すことは出来ず、カボレともまだまだ息が合っていないようだったが、その代わりプレースキックの精度が無茶苦茶高く、「これだけでご飯三杯は行ける」って代物でしたね。いやぁ凄い選手が出てきたよ。私の中では既に憂太を超えました。それにチーム全体として出来が悪い(あるいは面子が揃わない)時でも、セットプレーという武器が出来たのは大きい。

守備は...良くも悪くも吉本君。後方からのつなぎを意識するあまりか、普通に蹴っておくところで危なっかしいグラウンダーパスが何本か。彼の起用については、ここが我慢のしどころなんでしょうね。この5年間、ジャーン、茂庭、藤山に任せっきりで後進を育てるのに失敗したわけですから。よく言われることですが、モニも最初はあんなものでしたからね。もっとひどかったっけ(笑)。吉本君は浄にゴール祝いの焼き肉を奢ってもらいなさい。

この試合のハイライトはロスタイム、コーナーキックに向かうときの羽生君の煽りね。わたしゃ胸が熱くなりました。ホントいい選手が来てくれたよ。

|

« 2位抜けでもいいけどさ(バーレーン対日本) | トップページ | BS-iの録画予約忘れました。Jリーグタイムも(泣) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/40712476

この記事へのトラックバック一覧です: 勝点1は平井からのプレゼント(J1第3節 対京都戦):

« 2位抜けでもいいけどさ(バーレーン対日本) | トップページ | BS-iの録画予約忘れました。Jリーグタイムも(泣) »