« ヴェルディだけには負けられない | トップページ | もったいないお化けが出た(ナビスコ第3節 対磐田戦) »

2008年4月13日 (日)

だって土肥がピンクじゃないし(J1第6節 対ヴェルディ戦)

当日一番ワケワカンネだったゲーフラ。

2008041202


あっちは「ただいま」なんて殊勝なことを言ってましたが......、

2008041203

こっちは「あっかんべえ」だ。しかも下では金槌で殴ってるし。

2008041204


東京は白で来るのかと思いましたが青赤。

2008041296

なんと土肥はピンクでなくオレンジ。

2008041297


勝った後の塩田の喜びようが印象的でしたね。城福さんもとても嬉しそう。

2008041299

前半の東京は、もう全然ダメ。ヴェルディの相変わらず足元でのパス回しに対応するのが精一杯で、クリアするばかり。下手に繋がず裏を狙うような指示が合ったのかもしれないが、パスが不正確だし、おまけにカボレが絶不調で、たまにきたボールが全然収まらない。身長が高いからポストプレーもこなしてくれるのかと思ったが、ひょっとしてそういうタイプではないのかもしれない。競り合いでも土屋にほとんど負けていた。「このまま0-0でしのいで後半勝負かな...」と思っていたところであのフッキのゴール。その前の不用意なファウルの時点で悪寒がしたんだよな。

後半の序盤も形勢は変わらなかったが、大竹が入って一変。急に「人もボールも動くサッカー」になった。特に同点ゴール時のパス回しは見事。後から妻に指摘されて分かったのだが、大竹がカボレにパスを出した後、ゴール前まで走りきってDFを引っ張ったので、羽生の前にぽっかりとスペースが生まれあのシュートを打つことができた。うーん、この動きが新鮮、これが大切。

同点以後はスタンドの後押しもあって東京が試合を掌握。コーナーをとる回数が増え、大竹の左足に期待が高まる。スタンドからは猛烈な歌声と手拍子。今野が「引き分けではサポーターが満足してくれないっていう雰囲気が伝わってきた」と語っているが、まさにその通り。スタンドでは「勝つのは俺たちだ」という雰囲気100%でしたね。

後半44分、セットプレーのごちゃごちゃから長友が押し込んで勝ち越し。長友と土肥と交錯したのでファウルを採られるかもと思ったが、実はオウンゴールだった。あそこに突っ込んでいった長友をほめるべきでしょ。っていうかなぜあの位置に長友?

そして最後は、佐原が予定通りに(?)フッキを退場に追いやりジ・エンド。佐原君、フィードは駄目でしたが、最後にきっちり結果を残したな。

長友と羽生のぎこちないシャーとでんぐり返しに和んだ後、スタンドを去る東京ファンのにこにこ顔。ああ、ダービーってこうだよなあと感じた瞬間でした。

|

« ヴェルディだけには負けられない | トップページ | もったいないお化けが出た(ナビスコ第3節 対磐田戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/40866357

この記事へのトラックバック一覧です: だって土肥がピンクじゃないし(J1第6節 対ヴェルディ戦):

» 第6節 [安田章大 関ジャニ 誕生日 画像 ブログ]
コンサ・柴田V弾、今季ホーム初勝利…J1第6節スポーツ報知◆J1第6節 札幌2―1磐田(12日・札幌ドーム) コンサドーレ札幌がルーキーDF柴田慎吾(22)の攻守にわたる活躍でリーグ戦での今季ホーム初勝利を飾った。12日の磐田戦(札幌ドーム)で前半43分に....... [続きを読む]

受信: 2008年4月13日 (日) 14時02分

« ヴェルディだけには負けられない | トップページ | もったいないお化けが出た(ナビスコ第3節 対磐田戦) »