« 逮捕 | トップページ | 審判の暴言問題を少し考える »

2008年4月30日 (水)

そろそろ目標変更しましょうか(J1第9節 対大分戦)

東京は全体的に見るとそれほど良い出来ではなかった。パスの出しどころが無く後ろで回さざるを得ない場面もしばしば。そんな状態でも無理な縦パスをカットされカウンターを喰らうこともなく(去年大分にやられたときはまさにそれ)、悪いなりに試合を運べるようになってきたのは進歩だ。

選手個人の感想でいくと、まず、今日の梶山は良い梶山。中盤の底に陣取ってパスを散らす姿はまるでピルロ。私の記憶だと、明らかなパスミスは、前半に鈴木慎吾にカットされた右サイドへのロングパス一本だけだったと思う。いったんボールを持てば奪われることは全くないし、守備もよくやってた。ただし彼の場合は突然出来の悪い日が発生するからなあ...。この当てになるようでならないところが、梶山らしいと言えばらしいのだが。

栗澤赤嶺カボレの前線も体のキレがよく、得点こそセットプレーの1点だけだったけど、満足な出来。モニはようやく復調の兆し。そういえばタイツをはいてませんでしたね。あのまま続けていれば「タイツ王子」と呼ばれていただろうに。

高松。ウエズレイの大駒二枚が不在の大分は、さすがに迫力がなかった。持ち前のハードワークとワンタッチパスはさすがだったけど、フォワードがA契約になったばかりの松橋と、本来ボランチの金崎では最後の局面がちょっと無理というもの。

ところで、後半の大分はリードされているのに、シャムスカ監督を始め抗議でずいぶんと時間を消費していたので変だなあと思っていたのだが、あれはこういうことだったのか?

今季の東京は、開幕前はJ1残留が個人的目標だったけど、ここから25試合で勝点20以下しか取れないなんてことは、さすがに考えにくい。よって私の中では目標変更します。賞金圏内の7位を狙いましょうか。

|

« 逮捕 | トップページ | 審判の暴言問題を少し考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/41042456

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ目標変更しましょうか(J1第9節 対大分戦):

« 逮捕 | トップページ | 審判の暴言問題を少し考える »