« メールをiMacに移行する(祐介の帰還) | トップページ | 松本「萬来」の山賊焼き »

2008年5月30日 (金)

CAS裁定の訳

この江藤さんの解釈も、これはこれでちょっと微妙に違うと思う。

Whilst the Panel might be minded to accept...

要するにJ側は「mind」を「ためらう・用心する」という用法としてとらえており、一方弁護団は肯定的な意味としてとらえているのである。


Jリーグが be minded を「ためらう・用心する」という意味で解釈しているなら、それは大馬鹿者、問題外、一から勉強やり直せ、だ。でもそうじゃなくて、 might にこだわっているのだと思うよ。

つまり、丁寧さを増すために may を might にするというのは、確かにあり得る。しかし、

You may be right about it.   (それについては、君が多分正しいよ)
You might be right about it. (それについては、君が正しいんじゃないかなあ)

という風に、心証の強さが may > might となる用法もあり得るからね。

もちろん、「プレスリリース第1版では has found となっていた」という事からも裏付けられるように、CASは静脈注射を(そもそもJが具体的基準を定めていなかったので)正当な医療行為と認めているという点は間違いないと思います。

|

« メールをiMacに移行する(祐介の帰還) | トップページ | 松本「萬来」の山賊焼き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/41371972

この記事へのトラックバック一覧です: CAS裁定の訳:

« メールをiMacに移行する(祐介の帰還) | トップページ | 松本「萬来」の山賊焼き »